低資金で開業できるフランチャイズ業種比較

低資金・低リスクで開業できる
フランチャイズをリサーチ

開業費用別おすすめフランチャイズ厳選集

低資金で開業できるフランチャイズを、費用ごろにまとめました。
100万円以下の低資金で開業できるFCから、 1500万円以下の資金で万全の準備が整うところまで、厳選して紹介しています。

  • ~100万円
  • ~300万円
  • ~600万円
  • ~1000万円
  • ~1500万円

低資金・低リスクで開業できる
フランチャイズ業種ベスト5

フランチャイズで独立・開業・起業したい人向けに、特に「低資金・低リスク」で多くのオーナーたちから選ばれているフランチャイズ業種を比較検討してみました。

比較したポイントは「開業費用」「ロイヤリティの低さ」「はじめやすさ(開業のハードルの低さ)」「サポート」「将来性(不況に強いかどうか)」の5点。

それぞれの基準をもとに審査して、「低資金・低リスク」で開業できるフランチャイズを選出しています。

低資金・低リスクなフランチャイズ業種 第1位

ペットシッター業

低資金で開業でき、オープン後も安定した利益が見込めるFC業界ナンバーワンはズバリ、ペット業界です。動物に携わる仕事の場合、専門的な資格を取るのに時間がかかるのでは…と思われがち。しかし、中には短期間かつ低資金で技術を取得し開業できるFCもあります。

ペット業界のフランチャイズは、ペットシッター、ペットフード販売、ペットホテル、ペットショップなど、多岐にわたります。業態を選ぶ際に重視すべきは、消費者のニーズと競合店の数。ニーズが高いのに、対応できるお店が枯渇している業界を狙えば、多くの集客が見込めるでしょう。

ペット業界で私がおすすめするFC店は、トータル50万円前後という低資金で自宅開業できる「日本ペットシッターサービス」です。

おすすめのフランチャイズ

日本ペットシッターサービス

開業資金 43.2万円~

日本ペットシッターサービス 開業費用 ◎
43万2,000円~56万7,000円(税込)
(加盟金・研修費・備品費等を含む)
月額費用 ◎
月1万6,200円(税込)
始めやすさ ◎
無店舗でも営業でき、自宅で始められる。設備投資や固定費の負担が少なく、低額な初期投資費用とあいまって、開業しやすい業種といえる。
サポート ◎ 将来性 ◎
・経営が軌道にのるまで、フランチャイズ本部による顧客紹介制度を利用したり、ペットシッター事業のノウハウ教育を受けることができる。
・本部が大手企業と提携していて、顧客を紹介してもらえる。技術習得や資格取得もフランチャイズ本部が徹底サポート。
ペット業界は不況に関係なく、売上規模をみても増加傾向にある。なかでもペットシッター業は、比較的新しい業種であり、ペットの面倒を代わりに見てほしいという利用者のニーズ・利便性を考えても、将来性は高い。
また、ペットシッターだけでなくペットショップやトリマーなどの事業を横展開できる可能性を秘めている。

日本ペットシッターサービスの収益モデルを公式サイトでチェック

日本ペットシッターサービスのフランチャイズとは
日本ペットシッターサービスの
フランチャイズとは

家を空ける飼い主の代わりに犬や猫のお世話をするサービス。ご飯をあげる、トイレの掃除をする等がメイン業務で、店舗を構える必要がない。

低資金・短期間で開業できる上に、軌道に乗ってきたら、ペットホテルやトリミングサロンなど、ビジネスを横展開できる点も魅力。

低資金・低リスクなフランチャイズ業種 第2位

高齢者向け宅配弁当業

外に買い物にでかけなくとも、電話やインターネットで注文すれば家まで届けてくれるデリバリーサービス。その中でも特にお勧めしたいのは、高齢者向けの宅配弁当業です。

急速に高齢化が進むなかで、宅配やデリバリーなどの高齢者によるニーズが高まるのは必至。店舗を設ける必要がなく低資金で開業できるため、フランチャイズビジネスとして、多くの人が関心を寄せる分野です。

現在成長しているデリバリー業界でおすすめしたいFC店は、高齢者向けの弁当宅配を行っている「ライフデリ」です。

おすすめのフランチャイズ

ライフデリ

開業資金 57.95万円

ライフデリ 開業費用 ◎
57万9500円+税
(会費、車両レンタル、システム利用料含む)
月額費用 ○
月3万円+税
始めやすさ ◎
お弁当は工場から送られてくる材料を盛り付けるだけなので簡単。調理の技術は不要で厨房設備も最低限でOK。配送するクルマもレンタルなので、初期費用がかからず始めやすいと言える
サポート ◎ 将来性 ○
・本部による市場調査やエリア選定、研修、開業後のサポートの充実度が事業成功の決め手になる。 競合店がちらほらあるものの、高齢者向けの配食事業は市場性が高い業界。
糖尿病や腎臓病患者、及びその予備軍の増加で食事療法を必要とする人々が増えていくという予測も後押ししているため、市場拡大が見込まれた右肩上がりのビジネスである。

ライフデリの収益モデルを公式サイトでチェック

ライフデリのフランチャイズとは

高齢者向けの弁当だけでなく、糖尿病や腎臓病、透析治療中の方向けのお弁当を宅配しているFC店。

高齢者社会にマッチしている点はもちろん、成人病患者の集客も見込める点で、今後成長が期待できるフランチャイズと言える。

低資金・低リスクなフランチャイズ業種 第3位

自動車リペア業

修理やリペアを行なうフランチャイズは、比較的小さい店舗・事務所で開業できるのがメリット。低資金・低リスクで開業でき、一定の需要があるサービスなので、経営的にも魅力的な分野です。

しかし、職人的な技術を求められ、腕が集客を左右する点も自動車修理業界の特徴。開業前に技術を身につける必要があるので、フランチャイズ本部がしっかりとした技術や将来的に通用するノウハウを持っているかどうかを見極めるのが、選択のポイントとなります。

自動車リペア業でおすすめしたいFC店は、「トータルリペア」です。

おすすめのフランチャイズ

トータルリペア

開業資金 150万円~

トータルリペア 開業費用 ○
150~450万円+税
月額費用 ○
月3万円+税
始めやすさ ◎
修理のための技術をイチから学ぶ必要があるが、店舗が必要なく、開業初期段階では従業員も雇わず自分一人でできるためリスクが少ない。
サポート ◎ 将来性 ○
・クルマいじりが好きで、得意ならば、比較的早く技術が身につけられる。研修自体も楽しく、趣味を仕事にできるチャンスがある。
・わかるまで何度でも受けられる無料講習がある。本部の強力なバックアップ体制が強み。
修理業は不況下でも一定の需要があり、景気に左右されにくい。

トータルリペアの収益モデルを公式サイトでチェック

トータルリペアのフランチャイズとは

自動車の修理全般を行うフランチャイズ店。故障による修理だけでなく、インテリアリペアやウッド&サッシリペア、クルマのコーティング、フロントガラスの修復など、リペアメニューの種類も豊富。

技術を覚えるのが大変そうだが、その分顧客の希望に柔軟に対応できるようになるので、将来性も見込める。

低資金・低リスクなフランチャイズ業種 第4位

訪問医療マッサージ業

訪問医療マッサージ業は、訪問医療マッサージとは、寝たきりの方や、身体の不自由な方に向けた施術サービス。医師の同意を得て、利用者宅に訪問しマッサージを行います。

利用者が実際に支払う金額は、施術料金の約1割。1回あたりの平均利用額が300円~450円と負担額が小さいことから、今後さらに増加する高齢者のニーズにマッチしていると言えます。

この業界は競合が少なく、未経験者でも低資金開業できるFCが多いことが魅力。ただ、オーナーが施術を行うFCもあれば、施術者を雇い自分は顧客獲得の営業をメインに行うところもあるので、業務内容や研修内容を確認したうえで、検討する必要があります。

訪問医療マッサージ業で特にお勧めしたいFC店は、未経験者でもFC本部が開業・経営をがっちりサポートしてくれる「KEiROW(ケイロウ)」です。

おすすめのフランチャイズ

KEiROW

開業資金 170万円

KEiROW 開業費用 △
170万円(加盟金100万円、システム導入費20万円、研修費30万円、実地研修費20万円)
月額費用 △
売り上げの5%+8%+2万円
始めやすさ ◎
フランチャイズオーナーになるためには資格もなし。本部が販促ツールなどを用意しているため、営業活動でも力強いバックアップが期待できる。
サポート ◎ 将来性 ◎
・介護ビジネスの経営は未経験者にとってハードルが高いが、介護ビジネスに精通したKEiROWなら、営業の同行・代行や療養費支給申請書の作成・申請代行、保険料入金立替払い等、手厚い本部サポートが受けられる。 本格的な高齢化社会を迎え、介護ビジネスは右肩上がりで需要がある。事業自体の将来性と開業のしやすさを考えた場合、介護ビジネスの中でも訪問医療マッサージ業は有望であるといえる。

KEiROWの収益モデルを公式サイトでチェック

KEiROWのフランチャイズとは

訪問医療マッサージ・訪問リハビリマッサージを行うFCで、この業界のパイオニアのような存在。

施術を行うのではなく、顧客獲得のための営業や従業員の雇用・管理指導等がメインの業務なので、有資格者はもちろん、未経験者も加盟できます。

質屋やリサイクルショップが続々と閉店する中、店舗数が増えているのが買取専門店です。金価格の高騰から、買取ビジネスは好調産業として注目されています。

買取り専門店が儲けられる理由は、3つあります。ひとつは、買い取った品物を提携先の業者が買い取って現金化するというビジネスモデルなので、在庫リスクが少ないということ。

次に、販売スペースも倉庫も要らないので、5坪程度のスペースでも開業することができ、初期費用が安く済むことです。3つ目は、1人でも運営できるので、人件費がかからないという点が挙げられます。

メリットばかりのようですが、鑑定にかんする様々な知識を身につけなければならず、参入障壁が高いことが唯一のデメリット。

以下では、買取店のおすすめFCとして、ジャンルを問わず幅広く買取を行っている「銀座パリス」を紹介します。

おすすめのフランチャイズ

銀座パリス

開業資金 141万円

銀座パリス 開業費用 ○
141万円(店舗物件所得費80万円、内外装工事40万円、機器・備品15万円、鑑定ツール1万円)
※買取のみの場合。エリア・規模によって異なる
月額費用 ○
5万円(買取のみの場合)
始めやすさ ◎
店舗運営は1名からOK。小スペースの店舗でも開業できる。仕入代金不要、在庫リスクゼロなので、低資金で運用できる。本部商品の共有や商品入替も可能なので、自由度も高い。
サポート ◎ 将来性 ○
・オンラインショップや買取・販売システムを駆使して商品から情報まで加盟店側に共有し、運営を全面サポート。
・買取るほどに、オーナーと本部の収益につながるWin-Win体制を確立している。
買取りビジネス自体が10兆円を超える市場規模を持ち、不景気になるほど不要なものを現金化したいというニーズが高まり有望。
貴金属自体の相場も高く、リサイクル需要もあり、ビジネスとして成長が見込める。

銀座パリスの収益モデルを公式サイトでチェック

銀座パリスのフランチャイズとは

買取のみの店舗と、買取+販売を行う店舗のどちらかを選べるビジネスモデル。

買い取った商品は店舗販売だけでなく、オンラインショップでも販売するので、多くの買取品目を扱う事ができ、集客しやすいのが魅力。

低資金・低リスクで開業したい人に
ペットシッター業をおすすめする理由

低資金・低リスクで開業したい人にペットシッター業をおすすめする理由

低資金・低リスクで開業したい方にぜひおすすめしたい業態は「ペットシッター業」。空前のペットブームにより、事業としての将来性に期待が持てます。

開業する上で専門的な知識や技術がいらず、フランチャイズ本部の指導の元で比較的容易に開業できる点は何よりの魅力。大掛かりな店舗も必要なく固定費が圧縮できるので、低資金・低リスクで経営できる点はなによりのメリットになります。

ペットシッター業のおすすめフランチャイズは
「日本ペットシッターサービス」

ペットシッター業のおすすめフランチャイズは「日本ペットシッターサービス」

現在ペットシッター業で店舗展開しているフランチャイズは、「日本ペットシッターサービス」のみ。ペット業界未経験でも研修を受けることで業務に必要な資格を取得でき、比較的短期間で開業することができます。

このFCの魅力を、以下で詳しく紹介します。

その1

初期費用が低額で、リスクが少ない

初期費用が低額で、リスクが少ない

日本ペットシッターサービスが提供しているペットシッターのフランチャイズは、初期費用が43万2,000円~56万7,000円以内。他のフランチャイズ業態・業種と比べてみても、圧倒的に低額です。

その理由は、ペットシッターサービスは店舗も必要なく、固定費の大部分を占める物件取得費や内外装工事費がかからないため。自宅でも気軽にビジネスをスタートできます。

また、売上に対して発生するロイヤリティがないのも魅力。広告協賛金・商標使用料といった固定費用として、月1万6,200円だけをフランチャイズ本部に支払う仕組みは、加盟店サイドの利益を考えているからこそと言えます。

その2

不況に強く、将来性が見込めるビジネス

不況に強く、将来性が見込めるビジネス

ペットシッターをはじめ、ペット関連ビジネスは不況等にも関係なく成長を遂げています。飼い主のペットにかけるお金の出費は、皆一様に惜しみないようです。

ペットシッターサービスの利用者の多くは、一人暮らしの方や共働きなどで不在がちな方等。住み慣れた場所で快適に過ごしてもらいたいという理由から、ペットシッターサービスを利用する人が増えているようです。

ペットホテルに預けるという選択肢もありますが、環境の変化になれないペットの場合、体調を崩してしまう、ご飯を食べない…といったトラブルが起こる可能性があるそう。また、ペットシッターというサービスが定着していないことから競合店もなく、集客しやすい傾向にあります。

開業予定地のペット所有人口がポイントになりますが、ニーズがあれば大都市圏でなくても開業は十分可能。自分が住んでいる地域で事業が行なえるところも、ペットシッター業のよいところでしょう。

その3

ペットシッターだけでなくペットビジネスの多角経営もOK

ペットシッターだけでなくペットビジネスの多角経営もOK

ペットシッター業が軌道に乗ったら、ペットに携わる関連業務も始められる点も、ペットシッター業の魅力です。

飼い主の旅行や外出の予定などに応じてニーズが発生するため、ペットシッターサービスは夏休みや正月などのシーズンや、休日祝日に利用が集中する業界。

平日は稼働率が落ち込む傾向があるようですが、ペット美容院、ペットショップなど併設施設を多角経営して、ビジネスを安定させることも可能です。フランチャイズ本部の縛りが少なく、加盟店サイドの自由裁量で経営できます。

ペットシッター業は、低資金で開業できるFCを探している方はもちろん、オープン後も安定した収益を得たい方、将来複数店舗を経営したいと考えている方におすすめしたいフランチャイズです。

このサイトについて

このサイトは管理人が個人的に収集した情報から成り立っています。
最新・詳細情報は各社HPからご確認ください。

低資金・低リスクで開業できるフランチャイズ 業種ベスト5

低資金開業・低リスク経営できるおすすめFC Best3

第1位

開業費用
43万2,000円
~56万7,000円(税込)
月額費用
月1万6,200円(税込)

もっと詳しく

第2位

開業費用
57万9500円+税
月額費用
月3万円+税

もっと詳しく

第3位

開業費用
150~450万円+税
月額費用
月3万円+税

もっと詳しく