FC比較ドットコム 低資金で開業できるフランチャイズ業種比較 » 業態別・低資金で開業できるフランチャイズリスト

メニューを閉じる

業態別・低資金で開業できるフランチャイズリスト

このカテゴリーでは、低資金で開業できるフランチャイズを業種別にリサーチしました。FCで主流な業界から、今注目の業態まで幅広く調査し、まとめています。

あなたが惹かれるのは、どの業種?

フランチャイズ

フランチャイズで経営をしたいと考えているけど「何を基準に業種を選んでいいかわからない」と迷っている方も少なくないのでは?業種選びで開業後の運命の大半が決まりますし、いったん契約をしてしまえば後戻りは困難です。 そこで、「皆さんの大切な業種選びに少しでもお役に立てたら」ということで、フランチャイズの低資金での開業をめざす人に人気の高い業種の情報を集めてみました。

調査した業種は、「コンビニ」「飲食店」「学習塾」「デリバリー(宅配)」「買取店」「コインランドリー」「エステ・理容室」「ハウスクリーニング」「修理店」といったメジャーな業界から、「ペット業界」「家事代行」、「運送業」、「造園業」、「仲人業」、その他「パソコン教室」や「ローンアドバイザー」など、様々です。

それぞれの現状や今後の展望、フランチャイズとして参入するにあたって知っておくべきメリット・デメリットを解説しています。さらに、各業種について、知名度、評判、将来性といった面で、おすすめのFCを2つ選んで、詳しい情報をまとめています。

フランチャイズ契約に伴って必要な開業資金の明細や契約期間、フランチャイズ契約の要となるロイヤリティ、さらに開業後の収支モデルまでを掲載していますので、業態やFC本部の絞り込みにあたって、ぜひ参考にしてください。

コンビニ

低資金で開業できるコンビニフランチャイズの情報をご紹介します。

コンビニのフランチャイズは、知名度が高いところを選べば集客が比較的容易であること、また広告費用の削減ができることなどさまざまなメリットがあります。

また、本部からの支援や業務のノウハウについての支援も手厚いのも特徴です。

コンビニ業界フランチャイズをみる

飲食店

飲食業界で開業できるフランチャイズです。不況に強く幅広い業態があるのも魅力です。飲食店のフランチャイズは、好みや予算に合わせて幅広い業態の中から選べるのが特徴です。

居抜き物件があれば低資金で開業することができ、早期回収が見込める業種でもあります。

飲食業界フランチャイズをみる

学習塾

初期投資低く、利益率が高い学習塾のフランチャイズです。投資効率の良さが魅力です。

学習塾のフランチャイズは、初期投資費用を少なく抑え、高い利益率を期待できるのがポイントです。

リスクを少なく、早い段階で黒字に持っていける可能性があります。 教育熱心な親が増えていることから需要が高い点もポイントです。

学習塾のフランチャイズをみる

デリバリー(宅配)

店舗を設ける必要がなく低資金で開業できるデリバリー業界のフランチャイズ。高齢者に向けた業界です。

これまでは、デリバリーというとピザやお弁当のチェーンが主流でしたが、最近では高齢者や健康食など幅広いサービスが生まれていることから、デリバリーの需要は今後も高まっていくと予想されます。

デリバリー(宅配)のフランチャイズをみる

買取店

設備投資の必要がほとんどなく、鑑定スペースがあれば、どこでも開業可能な買取業。在庫リスクも少なめです。買取ビジネスは不景気に強いといわれており、また広い店舗を用意する必要がないので、初期費用を少なく開業することができる業種です。 仕入れの必要がないので、安定した運営が可能なビジネスでもあります。

買取業界のフランチャイズをみる

コインランドリー

土地を持っている人なら低資金で開業が可能。将来性の高いコインランドリー業界のフランチャイズです。

買取ビジネスは不景気に強いといわれており、また広い店舗を用意する必要がないので、初期費用を少なく開業することができる業種です。

仕入れの必要がないので、安定した運営が可能なビジネスでもあります。

コインランドリー業界のフランチャイズをみる

エステ・理容室

ターゲット層の広いエステ・理容業界のフランチャイズです。

美容や健康は不況でも多くの人が関心を持つ分野なので、ターゲットをしっかり絞れば利益を上げやすい業種です。

エステからマッサージ、ヘアカットなど幅広い分野から選ぶことができるのもポイントです。

エステ・理容室のフランチャイズをみる

ハウスクリーニング

みんなができる仕事だから、みんなが注目するハウスクリーニング業界のフランチャイズです。

共働き世帯が増えたことや、自分で掃除できない部分をきれいにしてもらえることから需要が高まっている「ハウスクリーニング」。

比較的誰でも簡単に開業でき、低資金で独立することが可能なので、フランチャイズの中でも注目されている業種です。

ハウスクリーニング業界のフランチャイズをみる

修理店

比較的小型の店舗や事務所でも開業が可能な修理業界のフランチャイズです。

修理店には靴や自動車、パソコンなどいくつかの分野がありますが、どれも比較的低資金で開業することが可能です。

定年退職後に開業する人もいるなど、幅広い年齢層の人がチャレンジできる業種である点もポイントです。

修理業界のフランチャイズをみる

ペット関連

ペットシッターサービスやトリマー、などペット関連のフランチャイズはノウハウが大事な業界です。

ペット関連のフランチャイズは、ペットシッターやトリマー、ペットフードやケア用品の販売などいろいろなものがあります。

低資金で開業できる業種が多く、顧客をつかむことができれば利益を上げやすい分野です。

ペット関連のフランチャイズをみる

家事代行

女性の社会進出や高齢化、単身世帯が増加したことから、家事代行サービスは最も成長性のある事業です。

家事代行サービスは、働く女性が増えてきたことや社会の高齢化が進んできたことから、需要が上がっているといわれています。

特に許可申請の必要がなく、手軽に開業できる点から人気のある業種です。

家事代行のフランチャイズをみる

運送業

定年後でも働ける、低資金で始められる軽運送業のフランチャイズです。

運送業にもフランチャイズビジネスを展開している企業があります。

すべての運送業が樹労働というわけではなく、軽自動車でも運営できるフランチャイズもありますので、比較的低いハードルを超えて開業できる業種です。

運送業のフランチャイズをみる

造園業

新しい局面を迎えている造園・グリーンレンタル業界のフランチャイズをご紹介します。

グリーンレンタル業界は、植木などの手入れを自分でできなくなった高齢者の人や、共働き夫婦などの需要が高いといわれています。

最近は企業での利用も増えているため、今後もニーズが高くなっていることが期待できます。

造園業のフランチャイズをみる

仲人業

人との縁をつなぐ仲人業のフランチャイズの情報をご紹介します。

市場規模は1兆円ともされ、将来性の高いビジネスです。

少子化問題にも貢献でいる仲人業は、事業所を構えなくても自宅で運営できることから初期投資を抑えることができる業種です。

副業でも行うことができるほか、セカンドライフビジネスとしてのチャレンジも可能です。

仲人業のフランチャイズをみる

その他

時代のニーズにこたえ、様々なサービスを展開しているフランチャイズ業界の情報をご紹介します。

パソコン教室のフランチャイズは、ライバルが多いというネックはあるものの需要が高く、自宅での開業や在庫を抱える必要がないことから人気のある業種です。

顧客をつかむことができれば、安定した利益を得ることができます。

その他のフランチャイズをみる

参入業界の選び方

さて、このようにいくつかの業種をご紹介してきましたが、興味を惹かれる業種はありましたか?

もちろん皆さんのこれまでの経験によっても違うでしょうし、地域・環境によっても向き不向きがあると思います。では、ここからはフランチャイズの原則ともいえる参入業界の選び方の大きなポイントを2つご紹介したいと思います。

ポイント1.業界・業種として利益率が高いこと

コインランドリーのイメージ

フランチャイズとは、言うまでもなくのれんを持っている本部に加盟し、一定のロイヤリティーを支払うことによってビジネスを行う手法です。

そのため、自己でゼロからビジネスを立ち上げるのと比べると一定の準備がなされた状態でスタートできる、というメリットがあります。

しかし加盟時のイニシャルコスト、また継続中のランニングコストなどは掛かってきてしまうため、ビジネスとして続けていくためにはある程度の利益を出し続けていかなければなりません。

ですので、業界・業種として利益率が高いことをまず重視しなければならないのです。

フランチャイズを始めて最初のころは大きく人を雇用する余裕がないかもしれません。そういったときは経営者であるあなた自身がしっかりと現場で仕事をする必要があるでしょう。

そんな状況で利幅の薄いビジネスしかできなければ、維持をしていくことに精一杯で成長をさせることなどできず、いつまでたってもビジネスを大きくさせることはできません。

ある程度利幅が見込める業種であれば、仕事を進めていくうえで企業体力をつけ、将来的には従業員の雇用、そして組織化へと進めていくことができるのです。

そのためにも、その業界・業種がこれからもしっかりと利益を出していくことができるのがどうかを見極めることが重要です。

今後高齢化が進んでいく日本においては、高齢者向けのビジネスなどはまさに成長産業としてとらえられるでしょう。

ポイント2.競合他社が少ないこと

確かにコンビニやレストランなどはフランチャイズの王道であり、市場規模でいえば莫大なものがあります。

そこで大きな成功を収めることができれば高額の収入を得ることもできるでしょう。しかし、大企業が参入している市場で、今からあなたが立ち向かって勝てるでしょうか?

高度にマニュアル化されたビジネス、組織で動いてくる競合他社、相手方は広告宣伝もバンバンやって市場を支配しようとしている…こんな市場に裸の状態で挑むことは無謀としか言いようがありません。

経済用語ではこのように飽和した市場のことを「レッドオーシャン」といいます。大企業による熾烈な競争がなされている市場に飛び込んでも得るものは多くありません。

むしろその逆で、これから成長が見込める分野だけれども現在はまだ競争が激しくない市場を見つけるようにしましょう。

これは「ブルーオーシャン」といわれ、まるで青く広い海を縦横無尽に泳ぐように、たとえ小さな企業であったとしても十分に戦える力をつけることができます。では、どんな条件を満たしている市場がブルーオーシャンとなりえるのでしょうか?

ブルーオーシャンとなりうる市場の条件として次のようなものがあります。

  • 1.まだ大企業が寡占していない市場であること。
  • 2.これから成長が見込める市場であること。
  • 3.地域密着の性格が強い市場であること。

1については明確でしょう。

市場を支配するような大企業が存在している市場では、その価格は大企業の意向によって左右されてしまい、スケールメリットに劣る小規模事業者では太刀打ちできません。

ですから、まだ小規模な事業者が多く、市場を一手に支配しているような企業が存在していない市場を狙うことが必要です。

2については、将来性とも言い換えられます。

たとえ今参入している企業が少ないから余裕があるとしても、今後市場自体が衰退してしまっては結局パイの奪い合いになってしまいます。

「今後将来性がないから多くの企業が手を引いている」なのか、「今後将来性があるのにまだ多くの企業が気づいていない」穴場なのか、見極めなければなりません。

3については、小規模事業者が生き残るための必須の条件でもあります。

書籍、音楽などのコンテンツ産業は今やネットで世界中に販売される時代ですし、小売業などもスーパーマーケットなどは大資本による寡占が進んでいます。

これらは「全国画一的にサービスが提供できる」という強みを生かしたスケールメリットであり、広告宣伝もバンバン打てる大企業にはかなわないでしょう。

しかし地域の困りごとを解決するような密着型のサービスは、むしろ画一的なサービスよりも「オーダーメイド感」あるサービスが好まれ、大企業では手が回らない(=小規模事業者が食い込める)ニッチ産業と言えます。

これらの条件を満たした市場を適切に選択し、事業を進めていけばきっと成功への道は近づくことでしょう。フランチャイズ選びの参考になさっていただければ幸いです。

ブルーオーシャンで選ぶ!おすすめフランチャイズ5選