FC比較ドットコム 低資金で開業できるフランチャイズ業種比較 » 業態別・低資金で開業できるフランチャイズリスト » コインランドリー

おすすめニッチ市場
フランチャイズ5選

墓石クリーニング
これまでになかった市場一強のフランチャイズ

アシストーン

月間収益:約80万4,000円

高齢者向け宅配弁当
高齢者の健康と安全を支えるサービス

ライフデリ

月間収益:約26万円

風呂釜洗浄サービス
注目の業界でご高齢者からの要望が増加中

コーデテーラー

月間収益:記載なし

保全納棺
要望は増えているが人材不足な業界

Fmedia

月間収益:記載なし

終活お片付けサービス
ドラマや映画で取り上げられる注目業界

リリーフ

月間収益:約69万円

メニューを閉じる

コインランドリー

低資金で開業できるフランチャイズビジネスの中で、コインランドリー業界にクローズアップし、開業資金や開業後の展望、おすすめのFC店を紹介しています。

ニーズが拡大・多様化するコインランドリー業界

コインランドリー

コインランドリーのフランチャイズを経営する魅力は、なんといっても市場の安定性と成長性といえるでしょう。

特に土地を所有している人にとっては、低資金で開業が可能です。

全国のコインランドリー店舗数は、毎年5%前後の伸び率で順調に伸び続けています

最近のコインランドリー店は郊外型に幅を広げています。都市型で増え続けていた店舗も郊外型の店舗数がのびている。そして女性の社会進出や共働き世帯の増加により、コインランドリーを利用する女性も増えているのが特徴です。

家事の時間を短縮させる目的で洗濯物をまとめ洗いし、一気に乾燥できるのは、働く女性にとってはありがたいサービスと言えます。 また、毛布や布団といった大物洗いができることも女性に受け入れられているポイントです。その他、ハウスダストや花粉にアレルギー症状を持つ人が増えており、毛布や布団、カーテンなどを定期的に洗いたいというニーズも高まっています

こうした市場環境の中で、将来へ向けてコインランドリー業は、店舗や設備の大型化が見込めるでしょう。ですが、土地が必要で開業ハードルが高いのが難点ではありますし、開業資金相場が1,500~2,000万円と高額フランチャイズです。また、昨今の出店ブームで競合性が高くなっているのも事実ですので、充分に検討しなくてはなりません。

コインランドリーのメリット・デメリット

安定した売り上げが見込める

利用者は固定化して、毎日リピーターによる収入が得られます。また不景気時でも利用者が減少するリスクが小さいです。

人件費を含むランニングコストが安い

コインランドリー場には管理人の常駐が不要で、人件費がほとんど掛かりません。もちろん防犯やトラブル対応のために、別室等でモニタリングが必要ですが、パートで管理人を雇うこともできます。

またマシーントラブルやメンテナンスにはFC本部からスタッフの派遣があり、在庫を抱えるリスクがないので、ランニングコストが低額になります。

投資効率がよい

ランニングコストが小さいので、粗利率の相場が75%前後と、他の業種の2倍以上の高収益率が得られます。経営ノウハウに特殊性もなく、売り上げに大きな波も生じない安定性のある投資対象です。

注意すべきデメリットとは

初期投資費用が大きい

店舗を構える飲食系FCでも、店舗引き継ぎ制度などで3~500万円ほどで開業できますが、コインランドリーFCは1500~2000万円の資本が必要です。しかも開業用の土地も用意しますから、FC参加が難しい業種です。

途中で規模変更が難しい

地域のニーズを算出してから店舗規模を決めますが、思うような集客が得られない場合に規模縮小をするのが困難です。また近所に同業者が開業した場合に客の取りあいで利益率が低下しやすく、設備移転が難しい点もデメリットです。

投資に対するリターンは低い

安定収入が魅力である反面、投資資金を何倍にもする可能性が少ないのも要注意です。数百円の客単価では大儲けがし難い難いので、大きく稼ぎたい方には不向きです。

衛生管理がたいへん

定期的な清掃を徹底する必要があり、衛生管理の点で苦労します。クリーニングマシーンは定期ケアのほかに、毎日の清掃は欠かせません。これは売上にも直結するため手抜きができない部分です。

コインランドリーFCを経営しているIさんの開業事例

土地の有効活用で元々コイン洗車場を経営しており、その後に同じ敷地内にコインランドリーをフランチャイズで開業した。今では、晴れの日は洗車場のお客様、雨の日はコインランドリーのお客様に来店して頂き、異なるビジネスの相乗効果で繁盛している。(Iさん/男性53歳・神奈川県)

コインランドリーを経営する際にかかる費用

初期投資に掛かる費用

クリーニングマシーンの購入費用

電卓とノート

FCコインランドリーではクリーニングマシーンを買取にしているところが多く、大小の洗濯器が4~5台、乾燥器が6~8台で1000~1300万円程度かかります。

設備工事

内装工事、給排水工事、電気や空調工事、看板などの外装工事が必須ですので、その費用は5~800万円ぐらいでしょう。

ランインングコスト

  • 店舗をレンタルする場合
  • テナントを見つけて賃貸する場合は10~20万円、もちろん地域によって大きく変わります。また自分の土地で開業する場合は、店舗の建設費用が500万円ぐらいはかかるでしょう。

  • 水道光熱費
  • 相場は10から30万円。機械の台数と回転数により水道光熱費は変わります。

  • 人件費
  • 経営者が全てを行うのであれば人件費は考えないで良いでしょうが、掃除人をパートで雇うことがあるでしょう。時給1000円として月に3万円前後必要です。

  • ロイヤリティ
  • 定額制ならば5万円前後、歩合は5%を目安にしてください。ただし、最近はロイヤリティなしにするケースも増えています。

  • 清掃費用など雑費
  • 日々の清掃のために、掃除用具や洗剤等に5万円前後かかります。

    トータルで3~60万円といった範囲が相場になります。店舗の規模や利用客数に比例してコストが変わってきます。

資本金の補てんに助成金制度が便利

コインランドリー独立開業の場合、地方自治体による助成金が利用できます。開業資金の高い業種ですので、是非役所で確認してみましょう。

店舗規模を絞り込む

FC本部からの助言によって店舗規模を設定しますが、希望的観測で大きく構えてしまうケースが目立ちます。客単価数百円の商売ですので、来客数の計算はシビアに行うべきです。その上で必要最小限の規模で店舗展開をしましょう。

無人コインランドリーは防犯対策が肝心

店舗内が無人状態になれば、両替機窃盗や下着泥棒などの犯罪が起こりやすくなります。そこで監視体制はしっかり行い、地元警察との連携も確保しておきましょう。

コインランドリー業のおすすめフランチャイズ店を調査

開業資金はかかりますが、ロイヤリティなしのFC店が多く存在します。低資金で運営ができるコインランドリー店の中でも、おすすめのフランチャイズ2店を紹介していきます。

eco-laundry マンマチャオ

コインランドリーeco-laundry マンマチャオは、低資金でフランチャイズのコインランドリー経営ができる、初期投資を限りなく軽減した大型コインランドリー。

自動投入される洗剤と仕上剤は、やしの実を主原料とした100 %有機オーガニックのため「お肌の弱い人でも安心」との定評があります。

また、資源の節約を目指し、節水や節電などを目的とたすすぎ一回にするシステムを導入しているのが、この企業の特徴となっています。

開業資金

1400万円

(内訳)

商材費(洗濯機・乾燥機):1000万円

物件取得費・内装工事費・配管工事費:400万円

ロイヤリティ

5万円+対象コース売上の10%(入会金、教室独自講座、物販などの売上は対象外)、上限キャップ制有

保証制度 なし
契約期間 なし
加盟条件 なし
収益モデル

経営利益:54万6190円

(内訳)

売上:約101万4120円

人件費:約2万4000円

光熱費:約25万3530円

その他経費:約19万400円

※大規模店(25坪超)、営業時間18時間、従業員がパート1人の場合

Fine・ecoコインランドリー

Fine・ecoコインランドリーは、世界一の製造販売シェアを誇る米国の一流メーカー、アライアンスランドリーシステムズ社のランドリー機械を使ったコインランドリー経営。直営店150店舗とFC店900店舗以上の実績がある人気のFC本部です。土地建物の有効活用を考えるオーナーを主なターゲットとし、実績に基づいた確実無比な低投資で、高利回りのコインランドリービジネスとして、営業活動を展開して います。

開業資金

800~1200万円

ロイヤリティ なし
保証制度 なし
契約期間 なし
加盟条件 個人、法人
収益モデル

HPには未記載

尚、これらの収支モデルの数値に関しては、あくまでシミュレーションであり、売上を保証するものではありません。

新しい市場を開拓できるニッチなフランチャイズを探してみましょう。

ニッチで将来性のある業界の検討も!

➡こちらの記事も注目!

コインランドリーFCは初期投資が1,500万円~2,000万円と莫大になってしまいます。それでいてリターンが少ない投資です。また移転も容易ではなく、近くに大型競合店が現れると差別化が難しいサービスですから、収益に大きな影響を及ぼしてしまう可能性もあります。それでいて、年数が経過するに従ってクリーニングマシーンも老朽化が進み、型式も古くなるのでますます安定した収入は難しくなります。他のサービスと連携して行うならいいですが、単独で設置するには将来性も良くないので、リスクが大きいでしょう。

ニッチ事業にはコストをあまりかけずにできる事業や、将来性を見込める事業はいろいろあります。コインランドリーFCはおすすめできないというわけではなく、事業を始めるならもっと選択肢を増やして検討してみてもいいでしょう。

こちらでは競合性が低く、将来性を見込める『ニッチ事業のフランチャイジー』をピックアップしてみました。特におすすめなのが高齢者向けのビジネスと言われるジャンルです。加速していく超高齢化社会において需要が減らないビジネスになるはずです。開業資金を抑えたい方向けの事業もあるのでぜひチェックしてみてください。

低資金・低リスクの
フランチャイズ5選をみる