FC比較ドットコム 低資金で開業できるフランチャイズ業種比較 » 業態別・低資金で開業できるフランチャイズリスト » デリバリー(宅配)

メニューを閉じる

デリバリー(宅配)

低資金で開業できるフランチャイズビジネスの中で、デリバリー(宅配)業にクローズアップし、開業資金や開業後の展望、オススメのFC店を紹介しています。

社会構造の変化とともに、一層の伸びが期待

女性の社会進出と高齢者の増加を背景に、今後も需要は伸びていくと予測されているデリバリー(宅配)の業界。

店舗を設ける必要がなく低資金で開業できるため、フランチャイズビジネスにおいても、たくさんの人が関心を寄せる分野です。 かつてはデリバリー(宅配)といえば、ピザやお弁当の有名チェーンが主流でした。

しかし今では、高齢者や健康を意識する層にも喜ばれる、社会のニーズを汲んだ付加価値の高いサービスが生まれてきています。

例えば、厚生労働省の「特別用途食品」の認可を受け、健康に配慮した調理済みの食品の宅配サービスや、高齢者向けの宅配弁当サービスなど。 今後の展望としては、将来性が期待できる業界なだけに、フランチャイズはもちろん、コンビニ、スーパーといった他業種からの宅配サービス参入が続いており、競争の激化も見込まれます。

デリバリー(宅配)のメリット・デメリット

○急速に高齢化が進む中で、宅配やデリバリーなどの高齢者によるニーズが高まるのは必至

○店舗が繁華街にある必要はないので、かなりの低資金でスタート可能

×ドライバーの事故、届け忘れ、誤配送など、対策すべきトラブルが多い

宅配弁当FCを経営しているKさんの開業事例

工務店勤務から脱サラで、低資金でできるフランチャイズを求めてデリバリー(宅配)の世界へ。2006年に高齢者向けの宅配弁当を開業。高齢者の方が多い地域で売上を伸ばし、現在は二店目もオープンしている。(Yさん/男性35歳・宮城県)

デリバリー(宅配)業でおすすめのフランチンチャイズ店を検証

幅広い層からの集客が見込めるデリバリー(宅配)業。宅配ピザや高齢者向け宅配弁当、宅配クリーニングなどサービスを提供する内容も様々で、それぞれのニーズも高まってきています。その中で特にオススメのフランチャイズ店を抜粋しました。

ナポリの窯

デリバリーショップでありながら、大人のおいしさ、本物のおいしさを追及するグルメ層にも受け入れられるピザをコンセプトとしているのが「ナポリの窯」。 美味しさはもちろんのこと、Webを活用したIT技術による店舗支援を行っており、「地図情報システム(GIS)」という、店舗周辺の商圏情報と過去の反応から的確なポスティングが行えるシステムを採用。また食材の発注もオンライン化しており、効率的な店舗運営をサポートしているとのこと。

開業資金

加盟金:1,500,000円

(内訳)

保証金:1,000,000 円

研修費:300,000 円

データ登録料:150,000 円

設計費:300,000円

厨房機器:6,350,000円

※POSレジは賃貸借契約

※その他、•内装工事費用・物件取得費・宅配用バイクなどは要別途

ロイヤリティ 月額8万円
保証制度 なし
契約期間 5年
加盟条件 なし
収益モデル 収益モデル 記載なし

宅配クック123

宅配クック123は、いち早くフランチャイズで高齢者専門の宅配弁当事業をスタートした、業界のリーディングカンパニー。

現在、全国300店以上で事業を展開しています。「食材を解凍し、弁当箱に詰め、配達する」という簡単なオペレーションで、調理経験がない方でも安心してはじめられるのが魅力のひとつです。 また行政・自治体の予算見直し等に伴い、「安くて、おいしくて、安全なお弁当」に対するニーズは、ますます高まると思われます。

開業資金

店舗加盟金:1,800,000円

(内訳)

研修費:200,000円

保証金:500,000円

備品:300,000円~

※厨房機器・店舗設計費・施工費などは別途見積)

※その他、物件取得費などは別途必要。また店舗総合保険への加入も必要。

ロイヤリティ 発生する旨は明記、ただし割合は未記載。
保証制度 なし
契約期間 HPには未記載
加盟条件 なし
収益モデル HPには未記載

尚、これらの収支モデルの数値に関しては、あくまでシミュレーションであり、売上を保証するものではありません。

新しい市場を開拓できるニッチなフランチャイズを探してみましょう。

➡こちらの記事も注目!
競合性が低く、将来性を見込める『ニッチ事業のフランチャイジー』をピックアップしてみました。開業資金を抑えたい方もぜひチェックしてみてください。

低資金・低リスクの
フランチャイズ5選をみる