FC比較ドットコム 低資金で開業できるフランチャイズ業種比較 » 業態別・低資金で開業できるフランチャイズリスト » 飲食店

おすすめニッチ市場
フランチャイズ5選

墓石クリーニング
これまでになかった市場一強のフランチャイズ

アシストーン

月間収益:約80万4,000円

高齢者向け宅配弁当
高齢者の健康と安全を支えるサービス

ライフデリ

月間収益:約26万円

風呂釜洗浄サービス
注目の業界でご高齢者からの要望が増加中

コーデテーラー

月間収益:記載なし

保全納棺
要望は増えているが人材不足な業界

Fmedia

月間収益:記載なし

終活お片付けサービス
ドラマや映画で取り上げられる注目業界

リリーフ

月間収益:約69万円

メニューを閉じる

飲食店

低資金で開業できるフランチャイズビジネスの中で、飲食店経営にクローズアップし、開業資金や開業後の展望、オススメのFC店を紹介しています。

不況に強く、幅広い業態から選べる

カフェ

フランチャイズで飲食店を選ぶメリットとしては、不況にも比較的強い業種であること。また好みや予算にあわせて、ラーメンから、ファーストフード、レストラン、居酒屋まで、幅広い業態から選べるという魅力もあります。ただし、飲食店の開業には厨房機器、内装などに多額の費用が必要。大手飲食店の場合、数千万円という多額の資金が必要になることもあります。

しかし、大手でなければ格安で開業できるFCもあるようです。居ぬき物件で設備投資を抑えることができれば、さらに低資金で開業して早期回収が見込めます。 飲食業は、固定客をつかむまでは大変ですが、日本人の嗜好に会った流行り廃りのないメニューと、通いやすい価格帯、好感の持てるサービスさえあれば、リピーターを獲得しやすい業界です。

飲食業FCのメリット・デメリット

○人の基本欲求をターゲットにするため不況に強い

○他業種に比べ利益率が高い(原価を安く設定できる)

○リピーターを作りやすい

○フランチャイズなら修行にかける時間が短期間で済み、早めに独立できる

〇調理の実務経験がなくても研修で技術や知識を習得できる

〇本部からのサポートがあるので安心の開業&経営

〇有名チェーン店なら顧客の獲得がスムーズで軌道に乗りやすい

〇材料は本部に注文するだけ

×競合が多い

×飲食店は数が多いのでライバルも多い

×個性を出しにくく、自由度が低い

×拘束時間が長く、休みも少ない

未経験からでも研修で技術習得

飲食業を開業するにあたり、調理の実務経験が必要だという印象がありますが、フランチャイズなら経験がなくても始められます。事前に時間をかけて、充実した研修が行われるので、飲食業に携わるための技術や知識が習得できます。

心強い経営のサポート

自分の持っている知識や技術、経験だけで飲食店を始めることは簡単ではありません。また、お店を開店してからも、いち早く経営を軌道に乗せ、成功させる必要があります。フランチャイズなら本部が開業に必要なノウハウを提供し、経営もサポートしてくれるので心強いでしょう。

フランチャイズならではの宣伝

有名なフランチャイズならブランド名だけで信頼され、集客へつながります。また、自身で宣伝をおこなう必要もありません。大手であればあるほど、本部がテレビや雑誌、インターネットといったあらゆる媒体を用いて大々的に宣伝を行ってくれます。

効率の良い材料準備

調理に必要な材料や、運営していくうえで必要な道具などは、本部に注文するだけでお店まで届けてくれます。したがって、自ら買い出しに行く必要がないばかりか、本部が一括して大量仕入れをするため安く材料費を抑えられます。

また、徹底した在庫管理マニュアルを作成してくれるため、効率良く材料の管理もできます。準備に費やす時間などの無駄も省けるでしょう。

新しい取り組みを始めにくい

新しい試みをおこないたいときは、自由に始めることができない場合が多く、本部の確認が必要です。ブランドのイメージに合わない内容の企画は、通らない可能性が高く、やりたいことがあっても、実現が難しい場合があります。

休みが短く、不定期になりがち

会社員の昼食のための休憩時間は12時から13時頃です。その時間帯になると顧客が集中するため、平日の昼間はとても忙しくなります。そして土曜日、日曜日は集客数が多い傾向にあり、店を閉めていては売り上げが減る原因に。そのため、休めても週に1日程度の可能性があります。

飲食店FCを経営しているTさんの開業事例

  • 運送会社に勤務していた時の同僚が、飲食店のフランチャイズに加盟し独立。よし自分も!と様々なフランチャイズチェーンを検討した上で、比較的低資金で開業できたラーメンのチェーンに加盟しました。当初は不安になるほど夜は人通りもまばらで閑散としている場所だったが、本部スタッフの支援もあり、開店から2年、現在も堅調な経営を続けています。(Tさん/35歳男性・東京都)
  • 20代の頃に個人で飲食店を始めましたが、経験の未熟さが原因で閉店することに。そのあと全く違う仕事を始めましたが、いつかは飲食業に戻りたいと考えていました。そんな中、知人からフランチャイズチェーンの和食店を紹介してもらったことがきっかけでフランチャイズのことを知りました。
    飲食店の経営経験があったからこそ、フランチャイズの魅力に惹かれ、開業を決意。開業当初は経営を続けられるか不安でしたが、そんな心配をよそに、フランチャイズだからこその集客で、店はすぐに繁盛しました。その後も顧客のニーズに合わせて新メニューを出すことで、昨対比を上回る売り上げを維持しています。(Aさん/40代男性・大阪府)

飲食店開業の際に気を付けるポイントを解説

開業予定の店舗の近くに、どのような飲食店が出店しているか調べることが重要です。飲食ビジネスは他の業種と比べて開業しやすく、業界的にも売り上げが伸びてきているので人気があり、始める人も多いです。結果としてライバルが多くなり、顧客の奪い合いになる場合もあります。その一方で、周りの店舗をうまく利用することで、顧客を獲得することも可能です。

紹介し合うことで相互に顧客を獲得

バーの近くに、ワインカフェを出店した店の例を紹介します。ワインカフェを出店したオーナーは、顧客の利用シーンに合わせて、それぞれの店を使い分けできるよう配慮。その結果客を奪い合わずに営業できました。さらに、それぞれの店で互いを紹介し合うことで、相互に顧客を獲得することに成功しました。

閉店しないためのフランチャイズ経営

電卓

厚生労働省の発表によると、平成26年度に開業した飲食店は日本全国で約164,000店舗あります。しかし、同年度に廃業した飲食店も約165,000店舗あります。つまり開業した数と同じくらいの飲食店が毎年廃業しているのです。このことから飲食店を経営することが、簡単ではないと想像できます。廃業の原因としては、食材費や人件費が高すぎたことや、宣伝が足りなかったことなどがあげられます。

しっかりとしたノウハウや経験を持ったフランチャイズに加盟することは、先述の廃業理由を回避することができ、飲食店経営を成功させる方法として最適といえます。

飲食店のおすすめフランチャイズ店を調査

FC開業にあたり、業種未経験でも起業できる点で人気の高い飲食店の中でも、オススメのフランチャイズ3店を紹介していきます。

浜焼太郎

「浜焼太郎」は、その名称の通り、魚介類をメインとした居酒屋チェーン。「漁師の飲み場」をコンセプトとしており、来店客が自らテーブルで調理する方式ゆえに、高い調理技術は必要なく、接客を重視することで顧客満足度を上げるという方針としているのが大きな特色。 居抜き物件の活用と独自のノウハウを駆使することによって、自己資金180万円からの開業も可能であるとしています。

開業資金

開業資金:(固定必須費用)

(内訳)

加盟金180万円

加盟保証金50万円 (別途費用)

内外装費/開業準備費30万円~/物件取得費 18坪/居抜タイプ物件の場合の一例

内外装費342万円

開業準備費75万円

※物件取得費は別途

ロイヤリティ

政令指定都市以外は売上の5% 1都3府 政令指定都市の場合、坪単価8,000円を基本

サポート

商圏調査や不動産交渉などの「店舗開発」、飲食店に精通した「店舗設計」、販売促進や人員確保などの「開業支援」、作業動線や接客指導などの「店舗運営」の4分野にて、スペシャリストがサポート。

契約期間 5年
加盟条件 記載なし
収益モデル

18坪・36席(居抜き)
月売上:284万円

<経費>
原材料:88万円
人件費:68万円
賃料:30万円
水道光熱費:11万円
ロイヤリティ:14万円
経費:17万円

利益:56万円
※オーナー様が店舗に入らずの利益
営業時間:17:00~24:00

開業2ヶ月で月収100万円可
ロイヤリティは店舗で異なる

はなの舞

「はなの舞」は、和をコンセプトとした海鮮居酒屋。落ち着いた雰囲気で、海鮮を中心とした料理を気軽に楽しめるフランチャイズチェーンです。 安定した実績の出ている直営店を引き継ぐ「転換システム」を利用することができます。営業中の直営店舗(288店舗)を、「店舗・従業員(社員除く)・顧客」ごとそのまま引き継げるので、スピーディーかつローリスクに開業することも可能です。

開業資金

開業資金:加盟申込金 50万円(非課税)(契約時、加盟金に充当)

(内訳)

加盟金 400万円(税別)

店舗保証金 賃料の10~12ヶ月 

物件によって異なる 店舗・設備使用料 店舗によって異なる

ロイヤリティ 売上の3%
サポート 直営店をそのまま引き継ぐシステム
契約期間 5年
加盟条件 HP上には記載なし
収益モデル HP上には記載なし

リンガーハット

「ちゃんぽん」と言えばリンガーハットと言われるぐらい、抜群の知名度を誇るリンガーハット。

担当のFC(フィールドコンサルタント)による店舗訪問により、店舗運営・財務・教育のアドバイスとサポートを受けることができます。また、TVCMや各種メディア展開を行い、売上向上のためのプロモーションでバックアップしてくれるのも嬉しいポイントです。

開業資金

開業資金:3,233万円以上

(内訳はHP上に記載なし)

ロイヤリティ

売上の5%

※上記ロイヤリティに加え、広告宣伝費(売上高の2%)を支払う義務が生じる

サポート トレーニング部を専門に設け、万全の研修体制を敷いている 開業後も、オンザジョブ・オフザジョブによる様々なトレーニングと情報発信を行い、店舗スタッフ全員の成長をサポート
契約期間 5年
加盟条件 55歳以下
収益モデル HP上での掲載ナシ

尚、これらの収支モデルの数値に関しては、あくまでシミュレーションであり、売上を保証するものではありません。

新しい市場を開拓できるニッチなフランチャイズを探してみましょう。

➡こちらの記事も注目!
競合性が低く、将来性を見込める『ニッチ事業のフランチャイジー』をピックアップしてみました。開業資金を抑えたい方もぜひチェックしてみてください。

低資金・低リスクの
フランチャイズ5選をみる