FC比較ドットコム 低資金で開業できるフランチャイズ業種比較 » 業態別・低資金で開業できるフランチャイズリスト » ハウスクリーニング

おすすめニッチ市場
フランチャイズ5選

墓石クリーニング
これまでになかった市場一強のフランチャイズ

アシストーン

月間収益:約80万4,000円

高齢者向け宅配弁当
高齢者の健康と安全を支えるサービス

ライフデリ

月間収益:約26万円

風呂釜洗浄サービス
注目の業界でご高齢者からの要望が増加中

コーデテーラー

月間収益:記載なし

保全納棺
要望は増えているが人材不足な業界

Fmedia

月間収益:記載なし

終活お片付けサービス
ドラマや映画で取り上げられる注目業界

リリーフ

月間収益:約69万円

メニューを閉じる

ハウスクリーニング

低資金で開業できるフランチャイズビジネスの中で、ハウスクリーニングにクローズアップし、開業資金や開業後の展望、おすすめのFC店を紹介しています。

みんなができる仕事だから、みんなが注目する

ハウスクリーニング

共働きの家庭が増え、時間的にゆとりがなかったり、自分では掃除できない場所をきれいにしたいというニーズが高まっているようです。最近では自宅の掃除を専門業者に委託するケースが増えており、ハウスクリーニングの業界は順調に成長している業種と言えるでしょう。今後も、より付加価値の高いクリーニングサービスがでてくる可能性が期待できます。

ハウスクリーニングのメリット・デメリット

○比較的誰でも簡単にできる

○低資金で独立が可能

○年齢に関係なく、夫婦で開業できる

○自宅で開業できる

×競合他社との差別化の難しさ

×繁忙期が集中している

×加盟店オーナー自身が業務を行なう場合、体力的・肉体的・年齢的に限界がある

ハウスクリーニングFCを経営しているSさんの開業事例

もともとは共働きの夫婦だったが、以前から独立を考えていた。コンビニを第一候補に検討を開始したが、以前から利用していたハウスクリーニングのサービスの良さに注目し、加盟。多忙の時期は、奥さんの体がきついが、なんとか乗り切っている。(Sさん夫婦/愛知県在住)

ハウスクリーニング業のおすすめフランチャイズ店をリサーチ!

比較的開業資金が安く、ハウスクリーニング業の中でもおすすめのフランチャイズ2店を紹介していきます。

ダイオーズカバーオール

ダイオーズカバーオールは、東京・神奈川・千葉・埼玉を中心とした中小のビルを対象としたハウスクリーニングサービス。30余年のフランチャイズ運営を誇るダイオーズが営業活動を全面的にバックアップしてくれます。一人で開業できる、店舗不要(土地代、建設費)といった参入のしやすさも魅力のひとつです。 また、ビル・オフィス内清掃が仕事現場なので、強い油汚れが多い飲食店や一般家庭の年末大掃除のような汚れの溜まったお掃除はありませんので、同業他社の業務よりもラクに作業が行なえます。

開業資金

加盟金:430万円

※HPでは、内訳詳細は未記載

ロイヤリティ

本部経費:27.3%

(内訳) ロイヤリティ:18.5%

マネジメントフィー:7%

保険料(賠償責任保険):0.8%

広告分担費:1%

保証制度 営業活動(顧客開拓)は本部スタッフが100%代行

※客層は法人(年間契約)であり、フランチャイズ開業と同時にお客様を紹介してくれるので、営業が不要

保証制度

営業活動(顧客開拓)は本部スタッフが100%代行

※客層は法人(年間契約)であり、フランチャイズ開業と同時にお客様を紹介してくれるので、営業が不要

契約期間 10年
加盟条件 普通免許必須
収益モデル 月商50万円~70万円の例をHP上で記載

ダイオーズカバーオールでは、大掃除屋さんのように1回清掃したら終わりではありません。毎月決まった収入があるので、事業計画が立て易く安定収入が見込めます。

おそうじ隊501

おそうじ隊501は、オフィスや店舗、医院、美容院などの商業施設をメインとした、ハウスクリーニングサービス。清潔な環境づくりが売り上げに直結する商業施設にとって、クリーニングは必要不可欠なため便利屋業(一般家庭)と、ビルメンテナンス業(大型施設)の隙間にある膨大な市場を対象にできることが、大きな魅力です。また、基本的には人手仕事であるため、設備・機材の投資が少なく、低資金での開業が可能なのも嬉しいポイント。本人のやる気、努力次第では 高い利益を上げることができるでしょう。

開業資金

250万円

(内訳)

加盟金:70万円

教育費:30万円

資機材費:150万円

自己手配費用(目安)

車輌費:約 80万円

必要備品(パソコン、FAXなど):約 50万円

研修中の宿泊費:(実費)

ロイヤリティ 毎月の売上高の6%
保証制度 なし
契約期間 10年
加盟条件 2名専従:普通免許必須
収益モデル

経営利益:81万円

(内訳)

月間粗利益:142.5万円(月間売上150万円、材料原価7.5万円)

月間経費合計:61.5万円(地代、保険料、通信費、水道光熱費、雑費<消耗備品など>)

尚、これらの収支モデルの数値に関しては、あくまでシミュレーションであり、売上を保証するものではありません。

新しい市場を開拓できるニッチなフランチャイズを探してみましょう。

ニッチで将来性のある業界の検討も!

➡こちらの記事も注目!

低資金で開業でき、年齢に関係なく比較的誰でもできるのがハウスクリーニングのメリットです。おそらくハウスクリーニング事業で成功している個人の方も多いことでしょう。もちろん需要もありますし、東京オリンピックを控えてさらに需要が見込めるでしょう。

ただ、大手企業も参入している業界ですし、独立する方も多く競合性が徐々に高くなってきています。また集客が難しいジャンルで、コネや人脈がないとなかなか安定した収入が見込めません。繁忙期は限られてしまうため、年間通しての安定収入も難しいです。そして定年後などに始める方もいますが、自身も業務を行うのなら何十年も続けられるものでもないでしょう。

安定した需要のある事業ではあるものの、大手も参入し競合性も高くなっている事業ですから、個人では難しい面はあります。ハウスクリーニング事業は魅力的ではありますが、それ以外にもさまざまな事業もあります。

こちらではより競合性が低く、安定した収入も見込める『ニッチ事業のフランチャイジー』をピックアップしてみました。開業資金を抑えたい方、定年後にも数年続けられる事業をしたい方もぜひチェックしてみてください

低資金・低リスクの
フランチャイズ5選をみる