低資金で開業できるフランチャイズ業種比較

低資金・低リスクで開業できる
フランチャイズをリサーチ

開業費用別おすすめフランチャイズ厳選集

低資金で開業できるフランチャイズを、費用ごろにまとめました。
100万円以下の低資金で開業できるFCから、 1500万円以下の資金で万全の準備が整うところまで、厳選して紹介しています。

  • ~100万円
  • ~300万円
  • ~600万円
  • ~1000万円
  • ~1500万円

ペット関連

ここでは、FCでは珍しいペット業界のフランチャイズをご紹介。業態の強みやデメリット、おすすめFC本部をまとめています。

ペット関連業界のフランチャイズ 特徴・メリット・デメリット

世の中の景気に関係なくペットビジネス市場は堅調に成長しています。このような状況下でペットシッターサービスやトリマー、ペットフード、生活ケア用品、ペット向けファッション販売など、ペット事業を主軸にしたフランチャイズも活況です。

ペット関連事業の良いところは、なによりも低資金でも始められる業種が多いこと。少ない投資金額でリスクをかけずに経営ができ、努力次第でリターンも大きく得られます。

反面、ペット業界のことがわからない素人が安易に手を出すと、事業として成り立たず失敗する可能性もあります。そのため独自経営によらず、フランチャイズなどでノウハウを活用する方が賢明でしょう。

開業事例

未経験で不安ごとばかりでしたが、社長がなんでも教えてくれ、「この人だったら経営がスタートした後でも、信頼できる」と思ったのでペットシッター業に決めました。

初めてのフランチャイズなので、強力なバックボーンがあった方が安心ですからね。料金の上限だけは決めて、後は自由に経営してよいというのも魅力的でした。

オープン後は本部のホームページを経由して依頼が来ることがほとんど。経営をするうえで、広告費を最小限に抑えて集客できるので、本当に助かっています。

ペットシッター業会の中では歴史がある会社だったので、そこの傘下の店舗という点が、お客さんに信頼感を与えているのではないでしょうか。

ポスティングもしていたのですが、あまり効果が得られず、ブログを作成したり、町の掲示板を利用したり、地域のポータルサイトにリンクを貼ってもらったりしていて、最近はそこからのお問い合わせも増えています。

もちろん、はじめてのことだらけで悩むことも多々ありました。ただ、加盟店同士の交流会でお互い励ましあって成長しあえるというのが、心の支えになっています。

手元に残るお金は年間200~300万円ぐらいでしょうか。すべての経費を差し引いてこの金額なので、とても順調だと思います。

ペットシッター業は繁忙期と閑散期がありまして、収益が時期によって異なる業種。大型連休の時期は1日20軒の依頼があり夫婦二人ではかなり大変なので、この時期はスタッフを増員したいと思っています。

ほとんどのフランチャイズは、オープンしたらドカンと儲かる仕事ではありません。ただ、ペットシッター業は供給よりも需要の方が多いサービスなので、地道にやっていけば、年月が経過する毎にお客さんが増えていくはずです。

今後は質のいいペットシッターを育てて、本部をサポートしていきたいです。

※フランチャイザー/日本ペットシッターサービス

低資金で開業できるペット関連業のフランチャイズList

フランチャイズでは珍しいペット業界ですが、ここ最近増えている業界でもあります。ここでは、おすすめのFC店を紹介します。

petss

ここ数年ニーズが急激に高まってきたペットシッターサービス。低資金で開業でき、幅広い年代のオーナーが活躍中。本部の手厚いサポートで、経営もしやすい将来性のあるビジネスです。年収1,000万円超のオーナーも続出。多店舗経営もOKです。

開業資金 総額43万2,000円~56万7,000円(税込)
(内訳)
加盟金・研修指導及び教材費・事務用品作成費・チラシ等販促物作成費などが開業資金に含まれています。
ロイヤリティ なし
※1万800円/月(商標使用料)、5,400円/月(広告協賛費)を本部へ支払う必要あり。
保証制度 マニュアル研修(3時間と6時間)、実技研修(主に飼い主様とのやり取り中心)、ペットシッター実技研修など充実した内容でサポート。
ペットケア管理士養成講座なども無料で受講でき、各種資格取得のための研修も充実しています。
契約期間 2年(更新あり)
加盟条件 フランチャイズ契約
収益モデル 売上高52万5,000円/月
※ペットシッター1回3,500円×6件×25日間の場合

有限会社ドッグ・アミューズメント迎賓館(犬のトリミングサロン経営)

本部が運営しているトリミングスクールに通い、資格取得からスタート。ショッピングモールやスーパーでトリミングサロン『わんBOX迎賓館』を経営します。

営業や販促活動は全て本部が行なうため、オーナーはトリミング技術のみに集中できます。

開業資金 48万2,000円(税抜)
(内訳)
研修費/41万円、教材費/7万2,000円
※上記はトリミングスクールの学費になります。実際にトリミングショップを開業する際は物件取得費や商材で別途200万円程度が必要になります。
ロイヤリティ なし
保証制度 トリミングショップだけでなく、ペットホテルやドッグラン、トレーニングスクールなど、様々なペットビジネスを展開できます。
契約期間 特になし
加盟条件 開業支援
収益モデル 非公開
低資金で開業でき安定した経営が叶う!おすすめのフランチャイズランキング

このサイトについて

このサイトは管理人が個人的に収集した情報から成り立っています。
最新・詳細情報は各社HPからご確認ください。

低資金・低リスクで開業できるフランチャイズ 業種ベスト5

低資金開業・低リスク経営できるおすすめFC Best3

第1位

開業費用
43万2,000円
~56万7,000円(税込)
月額費用
月1万6,200円(税込)

もっと詳しく

第2位

開業費用
57万9500円+税
月額費用
月3万円+税

もっと詳しく

第3位

開業費用
150~450万円+税
月額費用
月3万円+税

もっと詳しく