High and Low? フランチャイズ低資金開業ガイド » フランチャイズを「業界」でセレクト » ラーメン屋

ラーメン屋

ラーメン屋とは?

日本人にとって好みが大きく分かれ、それでもなお人気を誇り国民食にもなりつつあるラーメン。

ラーメン屋では、中華料理を中心に店のメインメニューとなるラーメンが提供されています。近年では日本のラーメン屋は世界進出をし、その価値は上がり続けるばかりです。

ラーメン屋のフランチャイズの特徴

ラーメン屋のフランチャイズでは、その店独自の味を簡単に提供できます。そしてこれは、加盟したフランチャイズで安定したラーメンの味を勉強できるからこその提供であり、未経験者でも美味しい味を提供できるという安心感にもつながっています。

また、ブランド力のあるラーメン屋のフランチャイズに加盟すれば、集客力もかなり高くなります。ラーメン屋のフランチャイズではその店舗独自のラーメンの味から接客、集客、オペレーションまで基礎的なことは事前研修で学べるので、初心者でも安心して業務に取り組めるでしょう。

フランチャイズオーナーになるには?

ラーメン屋のフランチャイズオーナーになる際にはまず、自分がどのようなラーメンを作りたいのか、どのようなサービスをしたいのかしっかりと見つめなおす必要があります。ラーメン屋によっては、元々あるオリジナルのラーメンしか作れず、自分の作ってみたいラーメンを作る機会が全くない所もあります。もし自分で独自のラーメンを開発したいのなら、ある程度自由度の高いフランチャイズを選ぶか、フランチャイズはやめて起業した方が良いでしょう。

フランチャイズに加盟した後には研修が始まります。研修では、ラーメンの作り方から経営ノウハウ、お客様対応まで初心者でも開業できるように教えてくれます。研修が終われば開業です。

フランチャイズで経営できるラーメン屋の種類

ラーメン松壱家

ラーメン松壱家は、常に行列のできる繁栄店です。

ラーメン松壱家のフランチャイズの魅力は、何と言ってもその自由度です。店舗内や外装、営業時間やメニュー名さえ自由に設定できます。

また、初心者でも始めやすいのもラーメン松壱家の特長です。開業前のサポートはもちろん、開業後のアドバイスなどもばっちり。ラーメンのスープ作りも冷凍されたものを解凍するだけとあって簡単です。

リンガーハット

長崎ちゃんぽんで有名なリンガーハットは、全国どこにいても楽しめる優しい味が特徴です。

リンガーハットのフランチャイズではそのブランド力を大きく使い、集客に役立てることができます。また、その集客の大きな要因となっているのが、長崎ちゃんぽんを食べることによりで摂れる野菜です。野菜はすべて国産野菜というのも、リピーターを増やすきっかけになっています。

更に長崎ちゃんぽんのフランチャイズでは、店舗運営にかかわる情報を可視化できるのが大きな特徴となっています。例えば、従業員の勤怠管理や適正な人員配置、人件費に関してもリンガーハット独自のシステムで確認できるのが魅力です。

らあめん花月嵐

独自の経営方針を守るラーメン屋が多いのに反して、どこまでも進化し続けるのがらあめん花月嵐です。

らあめん花月嵐のフランチャイズでは、既存店を引きついで開業するプランと、新規店舗で開業するプランの2種類があります。既存店引継ぎプランでは、新規店舗開業プランよりもぐっと開業資金を安くできるので節約したい人におすすめです。

また、らあめん花月嵐では新作商品を年間10種類以上出すなど商品開発力も高く、話題性によって多くの集客を見込めます。

開業資金と収益モデルで選ぶ
低資金フランチャイズ3選

※収益モデルの数値に関しては、あくまでシミュレーションであり、売上を保証するものではありません。

デリバリー
ライフデリ
low&low
  • 自己資金:20万円
  • 開業資金:69万9,500円
  • 5年間の収益:2,052万円

公式HPで
資料を請求する

居酒屋
手羽だるま
mildde&hight
  • 自己資金:200万円
  • 開業資金:710万円
  • 5年間の収益:3,108万円

公式HPで
資料を請求する

レンタカー
ガッツ・ジャパン
hight&hight
  • 自己資金:1,000万円
  • 開業資金:2,000万円
  • 5年間の収益:4,780万円

公式HPで
資料を請求する

開業資金であるリスクについて、開業資金が100万円未満をローリスク、100万円以上から1,000万円未満をミドルリスク、1,000万円以上をハイリスクとしています。また、5年間の収益であるリターンについては、収益が2,500万円以下をローリターン、それ以上をハイリターンとしています。なお、各費用の詳細は公式サイトから引用のうえ記載し、5年間の収益については5年間の営業利益から開業資金を引いた額から算出しています。