FC比較ドットコム 低資金で開業できるフランチャイズ業種比較 » 低資金で儲けるフランチャイズ選びのコツ » 開業費用のほかにかかる費用を見極める

おすすめニッチ市場
フランチャイズ5選

墓石クリーニング
これまでになかった市場一強のフランチャイズ

アシストーン

月間収益:約80万4,000円

高齢者向け宅配弁当
高齢者の健康と安全を支えるサービス

ライフデリ

月間収益:約26万円

風呂釜洗浄サービス
注目の業界でご高齢者からの要望が増加中

コーデテーラー

月間収益:記載なし

保全納棺
要望は増えているが人材不足な業界

Fmedia

月間収益:記載なし

終活お片付けサービス
ドラマや映画で取り上げられる注目業界

リリーフ

月間収益:約69万円

メニューを閉じる

開業費用のほかにかかる費用を見極める

フランチャイズ契約を結ぶ際に必ず必要になってくる開業費用。ただ、このほかにも開業に向けて必要な費用があります。

開業費用の他にも必要な費用一覧

フランチャイズで事業を始めるためには、フランチャイザーに加盟金などの開業費用を支払うことになります。ただし開業後にもお金は必要になってくるため、綿密な資金計画を事前に立てておくことが重要です。では、開業費用以外にどういったお金が必要になってくるのでしょう。ここでは、具体例をあげて説明したいと思います。

開業費用以外にかかる費用の例

研修費 開業前や開業直後にフランチャイズ本部が実施する研修に参加するための費用です。研修費については加盟金などの初期費用に含まれている場合も多いため、契約時に確認してください。ちなみに研修はフランチャイズ本部で必須としている場合が多く、研修をやめることで費用削減を図ることは難しいでしょう。

諸経費 業態によっても異なりますが、フランチャイズ事業を運営していく上でかかる費用です。例えば電気・ガス・水道代といった光熱費や備品にかかる雑費などが、諸経費に当たります。費用としては少額でも、日々必要になってくるお金ですのでバカにできません。諸経費を上手に圧縮できるかどうかも、経営者としての腕の見せ所です。

広告宣伝費 チラシ配布やネット掲載、また求人の募集などにかける費用です。個々のオーナーが個別に実施する方法と、フランチャイズ本部が行なう場合では、かかる費用も異なります。本部が実施する場合は広告分担金として加盟店が負担。

費用については定額の場合と売上によって負担比率を決める場合があります。その他、店舗を有する際は、土地・建物を購入する際に必要な「不動産取得費」や「仲介手数料」「保証金・礼金」「前家賃」、店舗投資にかかる「看板施工費」や「内外装費」(または「造作譲渡費」)などが必要となります。この場合、開業資金のほかにも多額の準備金を用意することとなります。コストを削減するなら、リースを利用する、居抜き店舗を有効活用する等の方法で対策するとよいでしょう。

低資金で開業するための費用節約方法

お金の面で考えると、フランチャイズで事業を賢く運営していくには、開業費用と経営コストの両方を把握しておくことが重要です。

せっかく低資金で開業したとしても、日々の運営費が莫大にかかってしまっては、結局利益が薄く、初期投資の回収もおぼつかないことに。

こうなってしまったら、なんのために事業をしているのかわからなくなってしまいます。フランチャイズによっては、加盟金以外にかかる費用が低額だったり、不必要なものはオーナーサイドの判断で削減できたりするものもあります。

要はいかに運営コストを少なく節約するかが、安定経営のための第一歩になるわけです。開業費用以外にもシビアに目を向けて経営計画を立てるようにしましょう。

新しい市場を開拓できるニッチなフランチャイズを探してみましょう。

➡こちらの記事も注目!
競合性が低く、将来性を見込める『ニッチ事業のフランチャイジー』をピックアップしてみました。開業資金を抑えたい方もぜひチェックしてみてください。

低資金・低リスクの
フランチャイズ5選をみる