FC比較ドットコム 低資金で開業できるフランチャイズ業種比較 » 低資金で儲けるフランチャイズ選びのコツ » 開業資金の相場を知ろう

メニューを閉じる

開業資金の相場を知ろう

フランチャイズの開業資金、各業種や本部によって異なる相場の実勢を調査しまとめています。

業種ごとのフランチャイズ開業資金を調査

フランチャイズを始めたい人にとって、第1のハードルとなるのが開業資金です。開業資金はそれぞれ異なりますが、業種によってだいたいの相場があります。フランチャイズが活発な主な業種の相場をまとめてみましたので、大まかな傾向をチェックしてみてください。

飲食業

  • 居酒屋:90~2,000万円 ※店舗によってはかなり低資金で始められる。
  • ラーメン店:200~400万円
  • ファーストフード:300~2,000万円
  • 弁当屋:100~3,000万円

小売業

  • コンビニエンスストア:250~350万円 ※資金ゼロで開業できるFCも
  • 買取店:350万円~620万円
  • チケット、金券ショップ:200~400万円
  • 古本・CD・DVD販売:2,000~5,000万円

サービス業

  • ハウスクリーニング業:160~200万円
  • パソコン教室:50万円~ ※教室を借りる場合は、プラス300万円程度必要
  • クリーニング店:小さな店舗の場合…約180万円、大型店…約600万円
  • 便利屋:200~300万円

3つの業種をピックアップしてみましたが、中でも群を抜いて高額なのは古本・CD・DVD販売店。小売業は在庫をそろえなければならないため、高額な開業資金が必要となります。そしてサービス業は、設備投資があまり必要ないので、比較的安く始められるFC店も多いようです。ただし、業界によっては新しいスキルを身につけなければならず、始めやすさという点では今一つ。

一方、飲食業は店舗によってかなりバラつきがありますが、小規模なお店であればかなりの低資金で店長になることも可能です。大手のFC店は厨房設備や内装などに高額な費用が必要ですが、探してみると自己資金100万円からでも開業できるところがあります。

収支シミュレーションも要チェック

開業資金の次に重要となるのが、収支シミュレーションです。収益効率と言う面でみると、もちろん初期投資が少なく、リターンが大きいのが理想。各フランチャイズ本部は、効率や安定性等、自社FCの優位性を収支モデルを用いてアピールしています。

ただし、それらはあくまでも収支モデルであることをお忘れなく。実際のところは店舗の立地や、周辺の環境(人口、住民層)などにより異なり、鵜呑みにするのはリスクを伴います。

業種選びにあたっては、開業資金や自分のやりたいことを重視するのも大切ですが、何より重要なのは、経営が長期にわたって継続できるかということです。その業種の将来性や、フランチャイズ本部の信頼性をしっかりと見定めることをお忘れなく。

新しい市場を開拓できるニッチなフランチャイズを探してみましょう。

➡こちらの記事も注目!
競合性が低く、将来性を見込める『ニッチ事業のフランチャイジー』をピックアップしてみました。開業資金を抑えたい方もぜひチェックしてみてください。

低資金・低リスクの
フランチャイズ5選をみる