FC比較ドットコム 低資金で開業できるフランチャイズ業種比較 » 低資金で儲けるフランチャイズ選びのコツ » ロイヤリティによって利益が左右する

おすすめニッチ市場
フランチャイズ5選

墓石クリーニング
これまでになかった市場一強のフランチャイズ

アシストーン

月間収益:約80万4,000円

高齢者向け宅配弁当
高齢者の健康と安全を支えるサービス

ライフデリ

月間収益:約26万円

風呂釜洗浄サービス
注目の業界でご高齢者からの要望が増加中

コーデテーラー

月間収益:記載なし

保全納棺
要望は増えているが人材不足な業界

Fmedia

月間収益:記載なし

終活お片付けサービス
ドラマや映画で取り上げられる注目業界

リリーフ

月間収益:約69万円

メニューを閉じる

ロイヤリティによって利益が左右する

フランチャイズを低資金で開業したい人のために、ロイヤリティの相場情報を調べました。

ロイヤリティ3方式の仕組み

コンビニ

ロイヤリティには、大きく分けて次の3つの方式があります。

  • 粗利分配方式:FC加盟店の粗利 × ○%を支払う
  • 売上歩合方式:FC加盟店の売上 × ○%を支払う
  • 定額方式:固定の金額を支払う【GOOD】

「粗利分配方式」は、コンビニエンスストアで主流となっている方式ですが、他の業種ではあまりみられません。

「売上歩合方式」は、様々な業界で最も広く使われています。

フランチャイズ本部としては、加盟店側の「儲け」とは関係なく、ロイヤリティを徴収できるシステムだからでしょう。

パーセンテージはフランチャイズチェーン展開をしている業界・業種・FC会社によって、実に様々です。

同業よりも明らかにパーセンテージが高い場合は、その理由(ブランド力が圧倒的に高い、サポートが手厚いなど)をみきわめておく事が大切です。

「定額方式」は、粗利、売上を問わず毎月同じお金を払うというものです。資金管理でもわかりやすいですし、売り上げでもロイヤリティは変動しません。

売り上げればロイヤリティを除いた分は全て自分のものになるわけですから、モチベーションも上がりますよ。加盟者側として利益を考えるなら、定額方式のフランチャイズ契約が最も理想的です。

フランチャイズ本部のロイヤリティ次第で収益が左右する

フランチャイズで言うロイヤリティとは、商標などのマークや本部が提供するノウハウやシステムパッケージ使用の対価として支払う費用を指し、加盟店側は業績の一部をFC本部に支払う義務が発生します。このロイヤリティ次第で、ビジネスの収益性は大きく変わりますので、同じ業種のFCを比較検討する場合、ロイヤリティのルールは、最も注意すべきポイントのひとつといえます。

月々の支払額に関しては、フランチャイズの業界・運営元の企業力やFCの運営方針・加盟プラン(加盟金・契約内容など)によって様々です。

とはいえ、当然ながらある程度の相場は存在しています。「相場よりも大きく下回っている」逆に、「大きく上回っている」場合、いずれも契約前に、そのフランチャイズビジネスをよく吟味すべきです。相場より下回る場合には、「ビジネスに魅力が欠けている」、上回る場合には、「開業後の利益を圧迫する」といったリスクがあるのではと、疑ってみましょう。

フランチャイズのロイヤリティ例を紹介

粗利分配方式のロイヤリティ例

このロイヤリティ方式はコンビニがよく導入しているシステムで、売り上げから原価をざっくり引いた粗利にフィーを掛けるため、その他の経費についての考慮がなされないというデメリットがあります。

ファミリーマート

大手コンビニのファミリーマートでは、FC本部から提供される店舗・ノウハウ・商品提供が完備されているので、売り上げに関しては高いインセンティブが与えられています。ただし売上げに対し、段階別の粗利分配方式を採用しています。また、ファミリーマートでは4パターンで別途のロイヤリティが設定されています。

【1FC-A契約の場合】

  • 営業総利益のうち250万円以下の部分は49%、
  • それ以上350万円以下の部分には39%
  • 350万1円を超える部分は36%

なお1FC-B・1FC-C・2FC-Nに関しても別途利率が設定されています。ポイントは、売り上げが低い店舗ほど負担が重い設定になっていることです。

売上歩合方式のロイヤリティ例

ニッチ産業としては昔からある清掃業やクリーニング業でもフランチャイズ展開をしている企業が多々あります。そういった業界では売上歩合によるロイヤリティを設定しているところが多く見られます。

白洋舎

クリーニング

1906年創業のクリーニング業界の老舗・白洋舎のFC制は有名です。時代を先取りするサービス展開で宅配クリーニングの先駆者でもあります。そんな白洋舎の開業条件は『店舗となる建物・土地の所有』で、ある程度資産がないと参加し難い点もあります。ただし、開業後は確かなブランド力で利益性が高いです。

  • ロイヤリティは月間売上金額をベースに歩合計算で確定するシステムです。具体的には、売上が15万円未満のケースでは20%のロイヤリティとなり、最高で3万円が徴収されます。また200万円を超える売り上げが立った月に関しては33%のロイヤリティが発生するシステムです。

ブランド力の高い分、歩合利率も高い設定です。

ちなみに全業種での歩合比率をチェックしますと

  • 3%未満は全体の12%前後
  • 3~6%は35%前後
  • 7~10%では25%前後

相場としては10%以下で、5~8%あたりに集中しているようです。

定額方式のロイヤリティ例

お弁当系のフランチャイズでは定額制を取っているところが少なくありません。

代表的な大手チェーンには『ほっかほっか亭』や『ホットもっと』などがあります。

ほっかほっか亭

ほっかほっか亭では3タイプのフランチャイズ加盟パターンが用意されていて、個々の計画や資金等によって選べます。また営業中の直営店舗を引き継げるので220万円からの自己資金でスタートできます。

  • ロイヤリティは3パターンとも固定額が9万円/月
  • 契約更新料は10万円

業界トップセールのブランド力が売り上げをサポートする事から、ロイヤリティ料金が高めの設定です。

ホットもっと

ホットもっとでは直営店舗がそのまま引き継げるメリットがあり、自己資金の持ち出しは290万円以上からと低額です。もちろん店舗買取のリスクはありません。開業1年後に2店目オープンという成功例も見られます。

  • ロイヤリティは月額8万円(税抜)の固定制
  • 契約期間は3年・更新費は15万円(税抜)

こちらも人気ブランドで、平均よりも高めの設定です。

ちなみに定額制を採用している全業種のロイヤリティ料金相場をチェックしますと、

  • 3万円以下は全体の30%前後
  • 3~6万円以下は33%
  • 6~10万円以下は17%

相場は10万円以下で、5万円前後のロイヤリティ設定が多くみられます。

ロイヤリティゼロのフランチャイズ

小規模事業では企業・開業のハードルを低める為に、フランチャイズのロイヤリティを全く徴収しない企業もあります。その業種は年々増加傾向にあります。

笑顔プロジェクト

障害者の自律と労働人口の増加を担う社会貢献事業として活動をしている人材派遣会社ですが、ロイヤリティゼロと助成金の適用で、短期間での黒字経営をサポートしてくれるフランチャイズです。

KEIPE仕事広場

こちらも障害者の方の就職あっせん会社で、笑顔プロジェクトと同様にロイヤリティはゼロ・助成金のサポートがあります。

新しい市場を開拓できるニッチなフランチャイズを探してみましょう。

➡こちらの記事も注目!
競合性が低く、将来性を見込める『ニッチ事業のフランチャイジー』をピックアップしてみました。開業資金を抑えたい方もぜひチェックしてみてください。

低資金・低リスクの
フランチャイズ5選をみる