FC比較ドットコム 低資金で開業できるフランチャイズ業種比較 » 低資金で儲けるフランチャイズ選びのコツ » ロイヤリティによって利益が左右する

メニューを閉じる

ロイヤリティによって利益が左右する

フランチャイズを低資金で開業したい人のために、ロイヤリティの相場情報を調べました。

ロイヤリティ3方式の仕組み

ロイヤリティには、大きく分けて次の3つの方式があります。

  • 粗利分配方式:FC加盟店の粗利 × ○%を支払う
  • 売上歩合方式:FC加盟店の売上 × ○%を支払う
  • 定額方式:固定の金額を支払う【GOOD】

「粗利分配方式」は、コンビニエンスストアで主流となっている方式ですが、他の業種ではあまりみられません。

「売上歩合方式」は、様々な業界で最も広く使われています。

フランチャイズ本部としては、加盟店側の「儲け」とは関係なく、ロイヤリティを徴収できるシステムだからでしょう。

パーセンテージはフランチャイズチェーン展開をしている業界・業種・FC会社によって、実に様々です。

同業よりも明らかにパーセンテージが高い場合は、その理由(ブランド力が圧倒的に高い、サポートが手厚いなど)をみきわめておく事が大切です。

「定額方式」は、粗利、売上を問わず毎月同じお金を払うというものです。資金管理でもわかりやすいですし、売り上げでもロイヤリティは変動しません。

売り上げればロイヤリティを除いた分は全て自分のものになるわけですから、モチベーションも上がりますよ。加盟者側として利益を考えるなら、定額方式のフランチャイズ契約が最も理想的です。

フランチャイズ本部のロイヤリティ次第で収益が左右する

フランチャイズで言うロイヤリティとは、商標などのマークや本部が提供するノウハウやシステムパッケージ使用の対価として支払う費用を指し、加盟店側は業績の一部をFC本部に支払う義務が発生します。このロイヤリティ次第で、ビジネスの収益性は大きく変わりますので、同じ業種のFCを比較検討する場合、ロイヤリティのルールは、最も注意すべきポイントのひとつといえます。

月々の支払額に関しては、フランチャイズの業界・運営元の企業力やFCの運営方針・加盟プラン(加盟金・契約内容など)によって様々です。

とはいえ、当然ながらある程度の相場は存在しています。「相場よりも大きく下回っている」逆に、「大きく上回っている」場合、いずれも契約前に、そのフランチャイズビジネスをよく吟味すべきです。相場より下回る場合には、「ビジネスに魅力が欠けている」、上回る場合には、「開業後の利益を圧迫する」といったリスクがあるのではと、疑ってみましょう。

新しい市場を開拓できるニッチなフランチャイズを探してみましょう。

➡こちらの記事も注目!
競合性が低く、将来性を見込める『ニッチ事業のフランチャイジー』をピックアップしてみました。開業資金を抑えたい方もぜひチェックしてみてください。

低資金・低リスクの
フランチャイズ5選をみる