低資金で開業できるフランチャイズ業種比較

低資金・低リスクで開業できる
フランチャイズをリサーチ

開業費用別おすすめフランチャイズ厳選集

低資金で開業できるフランチャイズを、費用ごろにまとめました。
100万円以下の低資金で開業できるFCから、 1500万円以下の資金で万全の準備が整うところまで、厳選して紹介しています。

  • ~100万円
  • ~300万円
  • ~600万円
  • ~1000万円
  • ~1500万円
HOME >  低資金で儲けるフランチャイズ選びのコツ >  加盟金ゼロの巧妙なトリックとは

加盟金ゼロの巧妙なトリックとは

加盟金ゼロをうたっているフランチャイズ本部の中には、心無いフランチャイズ本部も少なからずいます。このページでは、加盟金ゼロに潜むカラクリや優良フランチャイズ本部を見分けるコツについて検証しました。

加盟金ゼロでのフランチャイズ開業は大丈夫?

現在日本には、約1500のフランチャイズ本部があるともいわれています。しかし、それらの中には悪徳フランチャイズ本部があり、「ちょっとくらい無理な投資をしてでも、事業を成功させたい」あるいは「できるだけ低資金でフランチャイズ経営をスタートしたい」という意思を持った人たちの気持ちにつけこんで、不誠実な商売をしています。

そういった心無いフランチャイズ本部とかかわらないためにも、正式契約前にフランチャイズ本部の評判や提示されている開業資金の内訳をチェックすることが重要です。

通称「オープン屋」の手口とは?

悪徳フランチャイズ本部の代表格が、「オープン屋」といわれる存在です。彼らは、開店時に加盟金や保証金、設備の購入など加盟店に多額の投資をさせます。オープンに伴い加盟店からの支払いで利益をあげてしまえば、自分たちとしてはOKで、加盟店オーナーの事業が成功しようがしまいが我関せずと、開業後の面倒などほとんどみてくれません。とてもひどい話です。

「加盟金ゼロ」の甘~いフレーズにご用心

一方「加盟金ゼロ」をうたい文句に、加盟者をひきこむ「加盟金ゼロ屋」もあります。加盟金ナシだからと安易に契約を促し、契約をしてしまえばこちらのものとばかりに、加盟店に別の名目で支払いを要求するわけです。

「研修費」・「宣伝費」・「施設使用料」・「店舗改装費」・「名義使用料」・「契約料」など、いろんな名目で、契約時にはきちんと説明されなかったような請求、負担が発生します。こちらとしては、いったんスタートした以上、そう簡単にやめることはできません。「話と違う」と思いながらも、泣き寝入りしている人が少なくないようです。

FCの加盟店募集情報をみるときは、うわべのメリット訴求、特にお金に関わる事柄の甘いフレーズを鵜呑みにしないよう、くれぐれも注意しましょう。初期費用や加盟金が安いだけで、中身のない本部である可能性が低くありません。

チェック開業資金が低価格で開業後のリスクも低いフランチャイズ業種を比較

低資金で開業でき安定した経営が叶う!おすすめのフランチャイズランキング

このサイトについて

このサイトは管理人が個人的に収集した情報から成り立っています。
最新・詳細情報は各社HPからご確認ください。

低資金・低リスクで開業できるフランチャイズ 業種ベスト5

低資金開業・低リスク経営できるおすすめFC Best3

第1位

開業費用
43万2,000円
~56万7,000円(税込)
月額費用
月1万6,200円(税込)

もっと詳しく

第2位

開業費用
57万9500円+税
月額費用
月3万円+税

もっと詳しく

第3位

開業費用
150~450万円+税
月額費用
月3万円+税

もっと詳しく