FC比較ドットコム 低資金で開業できるフランチャイズ業種比較 » 低資金開業で順調に儲けているFCオーナーの声 » 自分の店2軒目オープンさせました

メニューを閉じる

自分の店2軒目オープンさせました

ここでは、1軒目のフランチャイズで着実に成果を伸ばし、2軒目オープンを叶えたFCオーナーの声をリサーチしました。

低資金で2軒目オープンに成功したFCオーナーの声

独立1年半で2店舗目をオープン コンビニを低資金でフランチャイズ開業。 会社員として20年以上働いていましたが、40歳を過ぎたころに低資金で独立できるフランチャイズを探していました。 将来的に多店舗展開を考えていたため、結果コンビニ経営が1番だと思い独立しました。早い段階で経営も軌道に乗り、2店目をオープン。息子に店長を任せています。
フランチャイズ本部の後押しで2軒目を出店 2013年8月に1店舗目、翌年7月に2店舗目を出店。 1店目の出店の翌年に、フランチャイズ本部から2店舗目を出店してはどうかと案内されました。 まだまだ自分では課題がありましたが、本部から背中を押して いただき、チャレンジ。それぞれの店舗で個性を活かしてみたいと思っています。 意欲次第で、努力に見合う結果が得られるのがフランチャイズ事業の醍醐味ですよ。
スタッフを上手に教育して多店舗展開に成功 整体フランチャイズの多店舗展開。 1店目の時は自分もスタッフも皆素人集団でした。この仕事をしていて実感したのは、“スタッフの教育”です。人さえしっかりと育てられれば何も問題がありません。 スタッフ同士のモチベーションも、多店舗展開で時にはお互い刺激しあえる環境に、そして情報共有もまめにすることで組織がまとまり、結果売上も安定化できました。経営の面白さを日々味わっています。

多店舗展開に適したフランチャイズ業とは

フランチャイズで経営者になりたいとお考えの方は、事業スタート後、上手く軌道にのせたら多店舗展開を目指している方も多いでしょう。 フランチャイズで多店舗展開するには、そもそも業態が多店舗経営に適したものであるかどうかをまず見極めておくことが重要です。 2店目、3店目ともなれば自らが経営者となって、スタッフを上手にコントロールして行かなければなりません。 経営者としての資質が当然求められますが、多店舗展開のノウハウをフランチャイズ本部がもっていれば、それだけ有利に経営に専念することも可能です。

2店舗目出店を視野に入れるなら低資金で開業できるFCが望ましい

資金面でみても低資金で多店舗を展開できれば、経営負担やリスクも軽減できます。 日本ペットシッターサービスのようなフランチャイズ募集では、開業資金が43万2,000円~56万7,000円と低資金なので、多店舗展開に有利でしょう。 また大げさな事務所や店舗を構える必要もないため、固定費圧縮の点でも多店舗展開にお勧めできるフランチャイズ業態といえます。

新しい市場を開拓できるニッチなフランチャイズを探してみましょう。

➡こちらの記事も注目!
競合性が低く、将来性を見込める『ニッチ事業のフランチャイジー』をピックアップしてみました。開業資金を抑えたい方もぜひチェックしてみてください。

低資金・低リスクの
フランチャイズ5選をみる