FC比較ドットコム 低資金で開業できるフランチャイズ業種比較 » 低資金開業で順調に儲けているFCオーナーの声 » リタイア後にFCオーナーになりました

メニューを閉じる

リタイア後にFCオーナーになりました

ここでは、定年退職後にフランチャイズを始めた方の声をご紹介。リタイア世代が第二の人生として選んだFC業とは?定年後の人生を考えている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

定年後の仕事でフランチャイズを選び開業した人の声

未経験でもOK。定年後のビジネスとして最適だと思った 定年後、ペットシッターサービスをフランチャイズで開業。ペットシッターサービスはペットの飼い主になりかわり、ペットのお世話をする仕事です。ペットブームはこれからも続いていくし、なにより定年後でも自分が好きなペットの世話を仕事にできる喜びがあります。飼い主さんからも感謝されるのもよいですね。開業している人の99%が未経験から始めているようで、フランチャイズ本部からのキメ細やかな研修とバックアップ体制もしっかりと整っています。組織的なバックボーンもあって、安心して事業が始められました。
定年後の同世代に提供するシニア向けの訪問マッサージ 定年後は何かビジネスを始めたいと考えていましたので、フランチャイズの訪問医療マッサージ店を選びました。町内会や自治会に参加するなど、地域に根ざした活動を続けていたこともあり、できれば地域貢献もできるビジネスが良いと思い、訪問医療マッサージのフランチャイズに加盟。町内会にはご年配の方やご家族に介護が必要な方も多く、そうした方々のお役に立てることは、定年後の自分自身にとっても生き甲斐になっています。
地域密着で、お客様に喜んでもらえる仕事 定年後に、仏壇の洗浄・修復ビジネスをフランチャイズで開業。お客さんが喜んで下さるのがなによりもやり甲斐につながっています。定年後に始めたビジネスですが、今では菩提寺さんやお寺を通じて顧客を紹介してもらい、事業も安定しております。この仕事に出会って、第二の人生を充実して過ごしております。

リタイア世代が活躍できるFC業とは

高齢化社会が進むにつれて、年金暮らしに不安のある方や定年後も仕事を続けていきたいと考えている方が多くなっています。とはいえ、一旦リタイアしてから熟年での再就職は非常に難しいのが現状です。そのような背景から、定年後の仕事として起業支援を行なっているフランチャイズはおすすめできます。選ぶ基準としては、低資金でも始められる低リスクなフランチャイズを選ぶこと。未経験でも始められ、経営知識や営業ノウハウが仕事を通じて身につけられるようなビジネスを選ぶようにしましょう。具体的におすすめしたいフランチャイズを挙げるなら、日本ペットシッターサービスが運営しているペットシッター業。店舗を構える必要もなく自宅でも開業OK。低資金でスタートできます。顧客紹介制度といったユニークな営業支援やバックアップ体制も充実していて、一考の価値がありますよ。

新しい市場を開拓できるニッチなフランチャイズを探してみましょう。

➡こちらの記事も注目!
競合性が低く、将来性を見込める『ニッチ事業のフランチャイジー』をピックアップしてみました。開業資金を抑えたい方もぜひチェックしてみてください。

低資金・低リスクの
フランチャイズ5選をみる