High and Low? フランチャイズ低資金開業ガイド » 低資金開業で順調に儲けているFCオーナーの声 » サポート体制を活用して成功したFCオーナーの事例

サポート体制を活用して成功したFCオーナーの事例

サポート体制を吟味し成功したFCオーナーの声

将来性・サポート体制に魅力を感じた

私は元々、フランチャイズに対してあまり良い印象を持っていませんでした。しかし、自分が親から譲り受けた店舗の経営は右肩下がりで、このまま何もしなければ楽にはなれないと思い買い取り専門店のフランチャイズに加盟。

加盟して驚いたのは、そのフランチャイズグループの業績。起業初年度の廃業率が0%、5年以上の経営店舗は96%と高く、将来性がしっかりとしていたことです。また、本部のバックアップ体制もきちんとしており、基礎から業務を教えてくれたので有難かったです。そしてそんな本部のしっかりとしたサポート体制のおかげで、今でも売り上げは伸びています。

収入保障のおかげで順調に黒字化

大手食品卸会社にて約40年勤務し、定年退職をしました。退職後、年金暮らしが嫌で張り合いを求めて始めたのが収入保障のあるフランチャイズ。買取店のフランチャイズだったのですが、「初年度の赤字はすべて本部が補填、開業してからの1年間は月額30万円保証」という内容の収入保障で、これならどうにかできるかもしれないと思いました。

フランチャイズを始業してみて苦しい時期もありましたが、その都度収入保障があって助かりましたし、SVがアドバイスをくれたので頑張れました。そしてその結果、経営は順調に右肩上がりに。収入保障の制度があって本当に良かったと思っています。

調理法だけでなく営業まで教えてくれた 

飲食業界で長年働いていましたが、何か新しいビジネスを始めたいと思い弁当や総菜を販売するフランチャイズチェーン店に加盟しました。

開業前には売り上げや営業などについて不安になることもありましたが、研修がしっかりしていたので安心できました。そして開業後も、そのサポートは充実。分からないことがあれば個別対応をして応えてくれます。

おかげさまで、開業以来は営業が右肩上がりです。

業種ごとの主なサポート体制は? 

フランチャイズを始めるにあたって重要になってくる本部のサポート体制ですが、業種ごとにサポート体制が変わってくるのかどうか、初心者オーナーの多くは気になる問題でしょう。基本的なサポート体制は同じでも、業種によって特殊なものも現れます。ここで、業種ごとのサポート体制の例を紹介しましょう。

小売業

一部の小売業フランチャイズでは、お店を新規オープンしてから1年の間だけ、売れ残ってしまった商品の廃棄を本部が負担してくれます。また、従業員募集にかかる一定額の費用を負担してくれる本部もあります。

飲食業

飲食店フランチャイズでは、開店前の研修や準備に加え、オープン後も定期訪問を行うなど、しっかりとした支援をしてくれます。

介護サポート

介護系フランチャイズでは、研修の時点から介護に関わるさまざまな仕組みや対応の研修を行います。また、開業後もスタッフ増員のサポートやマニュアルに沿った指導などを行うところが多い傾向にあります。

清掃

清掃業フランチャイズでは、高い清掃技術が求められます。なので開業前には基礎研修をしっかりと行い、経験を積むにつれて複雑な補助的業務を体験することができるでしょう。

加盟前の入念な情報収集が不可欠 

初めてフランチャイズを開業する方の中には、経営や業務について右も左も分からない、といった状況の人も多いはず。未経験であれば、サポート体制が充実している所を選ぶと良いでしょう。

しかし、サポート体制があっても開業前だけ、開業にかかわる一部分のことだけ、といった部分的なサポートの場合は注意しましょう。サポートの終了後、継続してお店を続けることが難しくなってしまう場合もあります。

よって、本部のサポート体制を重視するのであれば、開業後のサポートも充実している所を選ぶことをおすすめします。

開業資金と収益モデルで選ぶ
低資金フランチャイズ3選

※収益モデルの数値に関しては、あくまでシミュレーションであり、売上を保証するものではありません。

デリバリー
ライフデリ
low&low
  • 自己資金:20万円
  • 開業資金:69万9,500円
  • 5年間の収益:2,052万円

公式HPで
資料を請求する

居酒屋
手羽だるま
mildde&hight
  • 自己資金:200万円
  • 開業資金:710万円
  • 5年間の収益:3,108万円

公式HPで
資料を請求する

レンタカー
ガッツ・ジャパン
hight&hight
  • 自己資金:1,000万円
  • 開業資金:2,000万円
  • 5年間の収益:4,780万円

公式HPで
資料を請求する

開業資金であるリスクについて、開業資金が100万円未満をローリスク、100万円以上から1,000万円未満をミドルリスク、1,000万円以上をハイリスクとしています。また、5年間の収益であるリターンについては、収益が2,500万円以下をローリターン、それ以上をハイリターンとしています。なお、各費用の詳細は公式サイトから引用のうえ記載し、5年間の収益については5年間の営業利益から開業資金を引いた額から算出しています。