High and Low? フランチャイズ低資金開業ガイド » 「高齢者向けビジネス」って実際どうなの? » 介護サービス

介護サービス

介護

ここでは、介護・デイサービス関連のフランチャイズをピックアップ。今後の展望や開業事例などを紹介しています。

※収支モデルの数値に関しては、あくまでシミュレーションであり、売上を保証するものではありません。

デイサービス本舗

株式会社フロンティア デイサービス本舗は、介護実務も集客も不要で、介護保険適用のケアマネを併設した新しいタイプの小規模デイサービス。

開設3ヶ月で月商300万円以上を売り上げるオーナーも続々登場しています。

開業資金
  • 加盟金100万円(税抜)
  • 研修費0円
※別途、事務所開設の為に諸経費が発生する場合も有/物件・工事内容等により変動有
※他のプランも有
ロイヤリティ 月間売上の4%
保証制度 開業前サポートと開業後のフォロー体制も充実
契約期間 5年
加盟条件 フランチャイズ契約
収益モデル 月商270万円/月利益90万円/東京で開業1年の場合:年利益(年収)1,080万円

あいわ介護

あいわ介護は、訪問介護と居宅介護支援・障害福祉を融合した介護ビジネスです。

ケアマネをフランチャイズ本部で雇用しているため、介護ビジネスで懸念される利用者獲得が有利な条件でビジネスを進められます。

開業資金
  • 総額:115万円
  • 加盟金:100万円
  • スターターキット:15万円(パンフレット、チラシ、名刺、サービス提供実施記録票など)
ロイヤリティ
  • 初年度:5万円/月(税抜、研修開始月から発生)
  • 2年目以降:売上の5%(最低5万円/月)
保証制度 開業前サポートと開業後フォロー有り。本部が万全の経営サポートを行なっています。
契約期間 5年。以降自動更新
加盟条件 フランチャイズ契約
収益モデル 月間収支例(開業1年・郊外):収益110万円
  • 売上300万円
  • 経費190万円(人件費、家賃、ロイヤリティなど)
※居宅介護支援や訪問介護、障害福祉サービス、移動支援事業、保険外サービスといった業務を行った場合の収益モデルです。

デイサービス業界のフランチャイズ展望

展望

フランチャイズ業界の中でも、デイサービスを中心とした介護分野は将来性のある業態・業種と言えます。

3年毎に改正される介護保険制度で、2015年4月から10人定員のデイサービスの自由出店が禁止に。地域内に競合事業者の参入が少なくなり、安定した経営をできる可能性が広がっています。

デイサービスのフランチャイズ募集をする本部も多く、加盟する側としても、事業内容や収益性、開業資金を比べ、より多くの選択肢から選ぶことができます。

ただし、気をつけなければならない点は、介護保険制度下での事業だということ。法律の改正によって要支援者を獲得しづらくなり、売上減少といった事態に陥る可能性もあります。

いずれにしてもデイサービスでフランチャイズ事業を行なうなら、3年に1回の介護保険制度の見直しがあることを頭に入れて、事業プランを練るようにしましょう。

開業資金と収益モデルで選ぶ
低資金フランチャイズ3選

※収益モデルの数値に関しては、あくまでシミュレーションであり、売上を保証するものではありません。

コンビニ代表
ローソン
ローソンの画像
引用元:ローソン
https://www.lawson.co.jp/company/fc/interview/them1-22.html
  • 自己資金:150万円
  • 開業資金:150万円
  • 5年間の収益:2,370万円

公式HPで
資料を請求する

居酒屋
手羽だるま
手羽だるまの画像
引用元:手羽だるま
https://fc.foodnavi.co.jp/fc/tebadaruma/?_ga=2.166714998.977080227.1571275807-772500532.1571275807
  • 自己資金:200万円
  • 開業資金:710万円
  • 5年間の収益:3,108万円

公式HPで
資料を請求する

教育代表
チャイルドアイズ
チャイルドアイズの画像
引用元:チャイルドアイズ
http://www.tact-net.jp/fc/ce/
  • 自己資金:600万円
  • 開業資金:1,123万円
  • 5年間の収益:2,495万円

公式HPで
資料を請求する

開業資金であるリスクについて、開業資金が100万円未満をローリスク、100万円以上から1,000万円未満をミドルリスク、1,000万円以上をハイリスクとしています。また、5年間の収益であるリターンについては、収益が2,500万円以下をローリターン、それ以上をハイリターンとしています。なお、各費用の詳細は公式サイトから引用のうえ記載し、5年間の収益については5年間の営業利益から開業資金を引いた額から算出しています。