High and Low? フランチャイズ低資金開業ガイド » フランチャイズを「費用」でセレクト

フランチャイズを「費用」でセレクト

費用

低資金で始められるフランチャイズ店を費用別にまとめました。資金レベル別にどんなフランチャイズチェーンがあるのか、業種を問わずに紹介していきます。

費用100万円以下のフランチャイズ

100

100万円までの開業資金で始められるフランチャイズのページでは、店舗不要で自宅開業可能な墓石クリーニングサービス業や光触媒コーティング事業の事例を紹介しています。

100万円以下で開業できる
フランチャイズ業者を見る

費用300万円以下のフランチャイズ

3

300万円までの開業資金で始められるフランチャイズのページでは、省スペースの事務所で開業できる訪問医療マッサージや学習塾の事例を紹介しています。

300万円以下で開業できる
フランチャイズ業者を見る

費用500万円以下のフランチャイズ

500

500万円までの開業資金で始められるフランチャイズのページでは、FC本部の直営店を格安で引き継ぐことのできる弁当店や、独自のコーティング施工技術によって、キッチンやバスタブなどを新品のように蘇らせる事業をご紹介しています。

500万円以下で開業できる
フランチャイズ業者を見る

費用1,000万円以下のフランチャイズ

1000

1,000万円までの開業資金で始められるフランチャイズのページでは、新しいタイプのストレッチサロンや、個別指導にこだわりを持つ学習塾といったFCをピックアップしてみました。

1,000万円以下で開業できる
フランチャイズ業者を見る

費用1,500万円以下のフランチャイズ

1,500万円

1,500万円までの開業資金で始められるフランチャイズのページでは、設備投資がかさむとされる食の分野で、低資金でなおかつ付加価値の高い商品を提供するFCを探してみました。

1,500万円以下で開業できる
フランチャイズ業者を見る

費用から開業するフランチャイズを考えよう

このほかにも、低資金で、高くて安定した収益を目指すことのできるFCチェーンはたくさんあります。

まずは、さまざまなFCの契約内容や収支モデルを知るなかで、自分の想定する低資金で、どんなビジネスができそうか?思いを巡らせてみてはいかがでしょうか。

開業資金と収益モデルで選ぶ
低資金フランチャイズ3選

※収益モデルの数値に関しては、あくまでシミュレーションであり、売上を保証するものではありません。

コンビニ代表
ローソン
ローソンの画像
引用元:ローソン
https://www.lawson.co.jp/company/fc/interview/them1-22.html
  • 自己資金:150万円
  • 開業資金:150万円
  • 5年間の収益:2,370万円

公式HPで
資料を請求する

居酒屋
手羽だるま
手羽だるまの画像
引用元:手羽だるま
https://fc.foodnavi.co.jp/fc/tebadaruma/?_ga=2.166714998.977080227.1571275807-772500532.1571275807
  • 自己資金:200万円
  • 開業資金:710万円
  • 5年間の収益:3,108万円

公式HPで
資料を請求する

教育代表
チャイルドアイズ
チャイルドアイズの画像
引用元:チャイルドアイズ
http://www.tact-net.jp/fc/ce/
  • 自己資金:600万円
  • 開業資金:1,123万円
  • 5年間の収益:2,495万円

公式HPで
資料を請求する

開業資金であるリスクについて、開業資金が100万円未満をローリスク、100万円以上から1,000万円未満をミドルリスク、1,000万円以上をハイリスクとしています。また、5年間の収益であるリターンについては、収益が2,500万円以下をローリターン、それ以上をハイリターンとしています。なお、各費用の詳細は公式サイトから引用のうえ記載し、5年間の収益については5年間の営業利益から開業資金を引いた額から算出しています。