High and Low? フランチャイズ低資金開業ガイド » フランチャイズを「費用」でセレクト » ~1,500万円

~1,500万円

1,500万円

自己資金1,500万円以下で始められるフランチャイズの中でも、おすすめの3社を挙げ、特徴や加盟の際の基本情報をまとめています。

※収支モデルの数値に関しては、あくまでシミュレーションであり、売上を保証するものではありません。

ガッツ・ジャパン

ガッツ・ジャパン
引用元:ガッツ・ジャパン
https://guts-japan.com/join_interview/funabashi/

2014年に名古屋で誕生したレンタカー業界の風雲児、それがガッツレンタカーであり、その運営元が株式会社ガッツ・ジャパンです。

創業翌年にはフランチャイズ展開を開始し、僅か3年半で150店舗を突破。急成長を成し遂げたのは、3日〜1年といった中長期に渡る貸出を、よりリーズナブルな料金で行う戦略でした。

これまでのレンタカーは主にレジャーやビジネスの出張などをメインターゲットとし、6時間や12時間、24時間といった単位での貸出がメイン。

一方、ガッツレンタカーでは、マイカーを所有するのではなく、必要な時だけ借りるというニーズが増えていることに着目し、急成長を遂げました。

ガッツ・ジャパンの募集要項

開業資金
  • 総額:2,000万円
  • 加盟金:300万円
  • 研修費:30万円
  • その他開業費:1670万円
ロイヤリティ
  • 月額固定10万円
  • システム利用料月額6万円
サポート制度
  • 開業前:商圏・物件調査、10日間の本部研修、開業前の準備サポート、開業当日の手続きなどの支援
  • 開業後:WEBによる集客支援、車両仕入れ支援、予約管理システム・車両管理システムの提供、SVによる定期訪問支援
契約期間

4年

加盟条件 個人、法人
収益モデル 正社員 1人 パート 2人、店舗5坪/駐車スペース2台(近隣に30台分のスペース)の場合
  • 売上げ :約340万円
  • 人件費:約70万円
  • 賃料:約25万円
  • 光熱費:約2万円
  • ロイヤリティ:約10万円
  • その他の経費:約120万円

低資金で開業できる!
【資金別】フランチャイズ5選

ドナテロウズ

ドナテロウズ
引用元:ドナテロウズ
http://www.donatellos.co.jp/franchies/

ドナテロウズは、「美」と「健康」をコンセプトにした体にやさしく、楽しく、夢のあるジェラートを、美容室やサロンのような雰囲気のお店で販売しています。

サプリメント入りのものや、ノンシュガーなど個性的なジェラートを取り揃えたメニューが女性の間で人気を集めています。

また、廃棄ロスが多い飲食業の中で、ジェラート販売店はロスが少ないのが大きな魅力

その上、基本調理は行わず、カップやコーンにジェラートをのせて提供するだけなので、飲食業の中でも比較的スムーズに作業が行えるようです。

ドナテロウズの募集要項

開業資金
  • 総額:600万円~2000万円 (店舗の規模により異なる)
  • 加盟金:150万円
  • 保証金:50万円
  • 研修料:30万円
  • 別途施設側の工事料がかかる場合もあり
ロイヤリティ 売上の5%
サポート 広告戦略や新商品の情報など、開業後も継続的にサポート
契約期間 5年
加盟条件
  • 接客が好きで、特にアイスクリームに興味がある人
  • 法人・個人(応募した後、法人化が可能な人)
  • 最小店舗規模: 10m² 最大店舗規模: 100m²
収益モデル Web上での掲載なし

飲食業界の
フランチャイズを見る

ベーカリーショップロンドン

ベーカリーショップロンドン
引用元:ベーカリーショップロンドン
http://www.oisis.co.jp/bakery/

低資金で開業できるパン屋のフランチャイズ「ベーカリーショップロンドン」は、1949年に製造卸べ一カリーとして富士屋パン製造所を創業した50年の歴史を持つチェーン店。

関西を中心に人気のパン屋さんベーカリーショップロンドンは、パン職人の修業がなくても、おいしいパン屋さんを経営できることが魅力です。

冷凍生地(イースト菌が生きたまま凍結したパン生地)を本部から供給されるので、お店では簡単な成形をして焼くだけ。初心者でもすぐにマスターすることができます。

ベーカリーショップロンドンの募集要項

開業資金 1000万円以上 ※内訳・詳細はWeb上での掲載なし
ロイヤリティ 月間売上の1%
サポート 事業計画立案、資金計画・契約・店舗計画、約3日間の本部研修、月に1度のSV派遣など
契約期間 5年
加盟条件
  • イートインタイプ40坪~、カフェタイプは20坪~の店舗物件が必要
  • 募集地域は、滋賀県,京都府,大阪府,兵庫県,奈良県,和歌山県
収益モデル Web上での掲載なし

TOEベビーパーク

TOEベビーパーク公式HPキャプチャ
引用元:TOEベビーパーク
https://babypark.jp/education/01.html

本部による手厚いサポート

幼児教育を主体とするTOEベビーパークのフランチャイズは、本部のサポートがとても手厚いことが特徴です。そのサポート内容の中でも一際目を引くのが、「完全業務委託」。教室で働くスタッフは全て本部で採用し、またスタッフの育成も本部が行ってくれるため、開業してすぐに高いスキルを有した人材を確保できます。さらに、本部では事務代行サポートも対応。本部の事務センターやコールセンターで対応できるので、人件費を大きく抑えることが可能なのです。

黒字化するまで代行してくれる

本部では、教室開業にむけての準備(物件探しから内装工事まで)や教室運営のサポートも行ってくれます。オープンしてから12ヵ月の間、黒字化するまでは本部が経営するという点も、TOEベビーパークの大きな特徴といえるでしょう。この行き届いたバックアップ体制のおかげで、未経験から始めるオーナーも少なくありません。現に、TEOベビーパークのフランチャイズオーナーの多くが教育業界未経験者なのです。

TEOベビーパークの募集要項

開業資金 1,850 万円
ロイヤリティ 売上の15%
サポート

生徒からの問い合わせ、月謝集金、会計処理などの教室運営に関わる事務業務はすべて本部が対応。

本部による講師派遣、事務代行。本部で作成した4つの販促マーケティング(チラシ・WEB・拠点化・情報冊子)を給付。

教材の作成及びEラーニング配信を順次行い、加盟店へ配信。

黒字化するまで本部が運営

契約期間 5年(契約更新費 120万円)
加盟条件 公式HP上での掲載なし
収益モデル 公式HP上での掲載なし

プレシュスタジオ

プレシュスタジオの店舗画像
引用元:プレシュスタジオ
https://www.precieux-studio.com/studio_kanto/

都市部で拡大する市場

「こども写真館市場」は、都市部で拡大しています。

全国的には写真業界の市場は縮小傾向にありますが、東京都では0~4歳児の人口がこの15年で8.4%増加、地方政令指定都市でも横ばいです。

今後10数年は、都市部であれば市場の縮小はないと予想されます。

都市部では、こども一人にかけるお金が増えていること、共働き世帯が増え家計に余裕があること、祖父母が孫にお金をかける意欲が高いことが要因と考えられます。

プレシュスタジオの募集要項

開業資金
  • 総額 1050万~1650万円
  • 加盟金 300万円
  • 内装構築費 600万~1100万円
  • 撮影機材・衣装・小物 100万~200万円
  • 店舗契約関連(敷金・礼金) 50万円
ロイヤリティ 利益の20%
サポート制度
  • 開業前の研修
  • 強力なWEB広告
  • 本部がアルバムの制作・発送をする。
契約期間 ホームページに記載なし。
加盟条件 個人、法人
収益モデル
  • 店舗平均年商 7,000万円(2016年)
  • モデル初期コスト回収年数 約1年5ヶ月
  • 平均顧客単価 49,000円(2016年)
  • 売上の6割以上が加盟店粗利益
開業資金と収益モデルで選ぶ
低資金フランチャイズ3選

※収益モデルの数値に関しては、あくまでシミュレーションであり、売上を保証するものではありません。

コンビニ代表
ローソン
ローソンの画像
引用元:ローソン
https://www.lawson.co.jp/company/fc/interview/them1-22.html
  • 自己資金:150万円
  • 開業資金:150万円
  • 5年間の収益:2,370万円

公式HPで
資料を請求する

居酒屋
手羽だるま
手羽だるまの画像
引用元:手羽だるま
https://fc.foodnavi.co.jp/fc/tebadaruma/?_ga=2.166714998.977080227.1571275807-772500532.1571275807
  • 自己資金:200万円
  • 開業資金:710万円
  • 5年間の収益:3,108万円

公式HPで
資料を請求する

教育代表
チャイルドアイズ
チャイルドアイズの画像
引用元:チャイルドアイズ
http://www.tact-net.jp/fc/ce/
  • 自己資金:600万円
  • 開業資金:1,123万円
  • 5年間の収益:2,495万円

公式HPで
資料を請求する

開業資金であるリスクについて、開業資金が100万円未満をローリスク、100万円以上から1,000万円未満をミドルリスク、1,000万円以上をハイリスクとしています。また、5年間の収益であるリターンについては、収益が2,500万円以下をローリターン、それ以上をハイリターンとしています。なお、各費用の詳細は公式サイトから引用のうえ記載し、5年間の収益については5年間の営業利益から開業資金を引いた額から算出しています。