High and Low? フランチャイズ低資金開業ガイド » フランチャイズを「業界」でセレクト » カフェ

カフェ

カフェの仕事とは?

カフェといえば、今や世界中で愛用されている飲食スポットです。カフェでは多くの人が集まり、休み、お喋りなどをしてそのひと時を楽しみます。最近ではフリーランスの人が活用するワーキングスペースとしての機能を果たしているカフェも多いもの。

カフェでの仕事は、基本的にはドリンク作りから始まります。店舗によってはケーキやパスタなどの軽食を一緒に販売しているので、ランチタイムでも繁盛していることがあります。

カフェのフランチャイズの特徴

カフェのフランチャイズは基本的に他の飲食店と比べて営業時間が短く、自分の働く時間が決めやすい傾向にあります。くわえてカフェでは他の飲食店と比べて決まったメニューも多くなく、オペレーションも比較的簡単にできるでしょう。

その反面、カフェのフランチャイズは自由度が低いとされています。商品や店舗デザインなどが本部によって決められていることが多いため、なかなか自分の作りたい商品を作ることができないのです。また、店舗にもよりますが全国展開している系列のカフェフランチャイズだと、他の店舗が不祥事を起こしたときに自分のお店を含むすべての店舗の信用がなくなってしまいます。

業務は比較的簡単なので初心者オーナーにはおすすめですが、ある程度自分のお店を自由に営業したい人には、カフェフランチャイズは向いていないでしょう。

カフェのオーナーになるには?

カフェのフランチャイズオーナーになりたいと思ったらまずはどのようなカフェのオーナーになりたいのか、自分の理想の仕事内容や自由度を考えながら説明会などに参加してみましょう。フランチャイズに入会したら物件選びや研修が始まります。物件選びはカフェフランチャイズの場合、本部が探してくれるところがほとんどだとされています。

研修が終われば開業です。開業の際には、本部によっては開業初日だけ本部からサポートを出してくれるところもあるので安心できるでしょう。

フランチャイズで経営できるカフェの種類

コミックバスター

コミックバスターは、「日常生活の一部として使える複合カフェ」をコンセプトとした料金が時間制のカフェです。コミックバスターではインターネットやコミック、TV、雑誌などが使用できます。

フランチャイズ店は本部からのサポートも厚く、定期的にスーパーバイザーが店舗を巡回したり、24時間体制のパソコンを使ったサポートを受けられたりします。

葉山珈琲

葉山珈琲は、その名の通り厳選されたコーヒーを売りにしたフランチャイズカフェです。カフェフランチャイズにしては珍しく、オーナーが希望する店舗を造ることも可能です。

さかい珈琲

さかい珈琲では、カフェフランチャイズでありながらも喫茶店に負けないメニューが売りとなっています。店舗内は落ち着いていて、お客様がゆっくりとできる空間を提供しています。

開業資金と収益モデルで選ぶ
低資金フランチャイズ3選

※収益モデルの数値に関しては、あくまでシミュレーションであり、売上を保証するものではありません。

コンビニ代表
ローソン
ローソンの画像
引用元:ローソン
https://www.lawson.co.jp/company/fc/interview/them1-22.html
  • 自己資金:150万円
  • 開業資金:150万円
  • 5年間の収益:2,370万円

公式HPで
資料を請求する

居酒屋
手羽だるま
手羽だるまの画像
引用元:手羽だるま
https://fc.foodnavi.co.jp/fc/tebadaruma/?_ga=2.166714998.977080227.1571275807-772500532.1571275807
  • 自己資金:200万円
  • 開業資金:710万円
  • 5年間の収益:3,108万円

公式HPで
資料を請求する

教育代表
チャイルドアイズ
チャイルドアイズの画像
引用元:チャイルドアイズ
http://www.tact-net.jp/fc/ce/
  • 自己資金:600万円
  • 開業資金:1,123万円
  • 5年間の収益:2,495万円

公式HPで
資料を請求する

開業資金であるリスクについて、開業資金が100万円未満をローリスク、100万円以上から1,000万円未満をミドルリスク、1,000万円以上をハイリスクとしています。また、5年間の収益であるリターンについては、収益が2,500万円以下をローリターン、それ以上をハイリターンとしています。なお、各費用の詳細は公式サイトから引用のうえ記載し、5年間の収益については5年間の営業利益から開業資金を引いた額から算出しています。