High and Low? フランチャイズ低資金開業ガイド » フランチャイズを「業界」でセレクト » デリバリー(宅配)

デリバリー(宅配)

デリバリー

幅広い層からの集客が見込めるデリバリー(宅配)業。宅配ピザや高齢者向け宅配弁当、宅配クリーニングなどサービスを提供する内容も様々で、それぞれのニーズも高まってきています。その中で特におすすめのフランチャイズ店を抜粋しました。

※収支モデルの数値に関しては、あくまでシミュレーションであり、売上を保証するものではありません。

ナポリの窯

ナポリの窯
引用元:ナポリの窯
https://www.napolipizza.jp/fc/

デリバリーショップでありながら、大人のおいしさ、本物のおいしさを追及するグルメ層にも受け入れられるピザをコンセプトとしているのが「ナポリの窯」。

美味しさはもちろんのこと、Webを活用したIT技術による店舗支援を行っており、「地図情報システム(GIS)」という、店舗周辺の商圏情報と過去の反応から的確なポスティングが行えるシステムを採用しています。

ナポリの窯の募集要項

開業資金
  • 加盟金:1,500,000円
  • 保証金:1,000,000 円
  • 研修費:300,000 円
  • データ登録料:150,000 円
  • 設計費:300,000円
  • 厨房機器:6,350,000円
  • その他、内装工事費用・物件取得費・宅配用バイクなどは要別途
ロイヤリティ 月額8万円
保証制度 なし
契約期間 5年
加盟条件 なし
収益モデル 収益モデル 記載なし

ナポリの窯の口コミ評判

開業の翌年には2号店、3年後には3号店を出店

(ナポリの窯を開業してみて)自身の予測をはるかに超える忙しさで、毎日仕事に追われ常にぎりぎりの店舗運営となりました。

しかし、幸い良いスタッフに恵まれ徐々に陣容も固まり、また本部の強力なバックアップもあり、開業の翌年には2号店、3年後には3号店と出店できたのは望外の幸運でした。

参照元:ナポリの窯 https://www.napolipizza.jp/fc/#5-voice

システムの使い勝手が良い

(フランチャイズ本部のサポート体制は)良好です。担当SVとすぐ連絡が取れ、対応が早いです。

安心して店舗運営に集中できます。SCグループウエアのシステムは非常に使い勝手が良く出来ています。

参照元:ナポリの窯 https://www.napolipizza.jp/fc/#5-voice

アドバイザーの熱意ある指導と援助

人材確保や営業後の運営業務など初めてすることが多く、とても不安がありました。

しかし、担当アドバイザーの熱意あるご指導、援助のおかげで今日まで運営することができております。

参照元:ナポリの窯 https://www.napolipizza.jp/fc/#5-voice

低資金で開業できる!
【資金別】フランチャイズ5選

宅配クック123

宅配クック123
引用元:フランチャイズWEBリポート
https://fc.dai.co.jp/fc/26201

宅配クック123は、いち早くフランチャイズで高齢者専門の宅配弁当事業をスタートした、業界のリーディングカンパニー。2019年11月現在、全国300店以上で事業を展開しています。

「食材を解凍し、弁当箱に詰め、配達する」という簡単なオペレーションで、調理経験がない方でも安心してはじめられるのが魅力のひとつです。

また行政・自治体の予算見直し等に伴い、「安くて、おいしくて、安全なお弁当」に対するニーズは、ますます高まると思われます。

宅配クック123の募集要項

開業資金
  • 店舗加盟金:1,800,000円
  • 研修費:200,000円
  • 保証金:500,000円
  • 備品:300,000円~
  • ※厨房機器・店舗設計費・施工費などは別途見積
  • その他、物件取得費などは別途必要
  • 店舗総合保険への加入も必要
ロイヤリティ 発生する旨は明記、ただし割合は未記載
保証制度 なし
契約期間 HPには未記載
加盟条件 なし
収益モデル HPには未記載

宅配クック123の口コミ評判

頼りになるのがフランチャイズ

人脈を生かしてなんとか月間4500食まで到達したんですが、そこから全然伸びなくて……。そんな時に頼りになるのがフランチャイズでした。

私が調理に入っていたところに新たにスタッフを採用して配置することで、営業に回す時間を増やすようにアドバイスをいただいたんです。

宅配クック123は全国に300店舗以上も展開しているので、各店舗の成功例や失敗例などを踏まえてアドバイスいただけるのはありがたいですね。

参照元:フランチャイズWEBリポート https://fc.dai.co.jp/interview/83

自分たちも成長ができる仕事

話してるだけでよろこんでもらえるだけでなく、『今日も来てくれてありがとう』って感謝されるんです。こんな仕事はなかなかないですよ。

この間なんか従業員から『私はこの仕事にとても誇りを持っているんです』って言ってもらえたんです。涙が出るほどうれしかったですね。

高齢者の方たちとコミュニケーションを図ることで、人間としての暖かさや朗らかな気持ちを持てるようになるなど、自分たちも成長できる仕事であると実感させられました。

参照元:フランチャイズWEBリポート https://fc.dai.co.jp/interview/50

鶏&デリ

鶏&デリ
引用元:鶏&デリ
https://toriand.com/shop.html

本部が提供する「下味のタレにこだわった美味しい唐揚げ」に、各店舗独自のトッピングやオリジナルメニューを考えることで、お客様に飽きられない唐揚げを売る「鶏&デリ」。 大きな売り上げが期待でき、5坪からの省スペース・少人数で、オペレーションが簡単、ロイヤリティ0円と、始めやすく、投資回収が早い傾向にあるのが特徴です。また、長期に安定して続けやすいフランチャイズといえそうです。

本部のサポートとして、短期研修、食材提供、食材仕入先の紹介、人気メニューの提案、宣伝広告、各店舗のホームページ作成をしてくれます。

鶏&デリの募集要項

開業資金 《5~10坪の持ち帰り専門店》合計223万~338万円
  • 加盟金50万円
  • 保証金15万円
  • 研修費3万円(2~3日)
  • 店舗取得費150万円(都市)/50万円(郊外)
  • 厨房設備120万円
《10坪以上の飲食スペース併設店》合計445万~555万円
  • 加盟金50万円
  • 保証金30万円
  • 研修費3万円(3~4日)
  • 店舗取得費250万円(都市)/150万円(郊外)
  • 厨房設備250万円
ロイヤリティ 0円
保証制度
  • 仕込み、調理から店舗オペレーションまで3~5日の研修あり
  • 開店の際、チラシや販促品作成をサポート
  • 店舗ごとのホームページ作成・保守管理
  • 食材仕入先の紹介や人気メニューの提案、食材提供サポート
契約期間 公式ホームページに記載なし
加盟条件 公式ホームページに記載なし
収益モデル 《5~10坪の持ち帰り専門店》
  • 売上150万円(都市)/100万円(郊外)
  • 売上原価 60万円(都市)/40万円(郊外)
  • 人件費30万円(スタッフ1〜2名/都市)/20万円(スタッフ1〜2名/郊外)
  • 地代家賃 15万円(都市)/6万円(郊外)
  • 水道光熱費5万円(都市)/4万円(郊外)
  • 営業利益 40万円(都市)/30万円(郊外)
《10坪以上の飲食スペース併設店》
  • 売上240万円(都市)/180万円(郊外)
  • 売上原価 85万円(都市)/65万円(郊外)
  • 人件費40万円(スタッフ2〜3名/都市)/65万円(スタッフ1〜2名/郊外)
  • 地代家賃 25万円(都市)/15万円(郊外)
  • 水道光熱費10万円
  • 営業利益 80万円(都市)/60万円(郊外)

鶏&デリの口コミ評判

口コミは見つかりませんでした。

デリバリー(宅配)のフランチャイズとは

教える人

今後も需要は伸びていくと予測されている

女性の社会進出と高齢者の増加を背景に、今後も需要は伸びていくと予測されているデリバリー(宅配)の業界。

店舗を設ける必要がなく低資金で開業できるため、フランチャイズビジネスにおいても、たくさんの人が関心を寄せる分野です。

かつてはデリバリー(宅配)といえば、ピザやお弁当の有名チェーンが主流でした。

時代に合わせて高齢者向けのサービスも誕生

しかし今では、高齢者や健康を意識する層にも喜ばれる、社会のニーズを汲んだ付加価値の高いサービスが生まれてきています。

例えば、厚生労働省の「特別用途食品」の認可を受け、健康に配慮した調理済みの食品の宅配サービスや、高齢者向けの宅配弁当サービスなど。

今後の展望としては、将来性が期待できる業界なだけに、フランチャイズはもちろん、コンビニ、スーパーといった他業種からの宅配サービス参入が続いており、競争の激化も見込まれます。

デリバリー(宅配)のフランチャイズのメリット・デメリット

メリット
  • 急速に高齢化が進む中で、宅配やデリバリーなどの高齢者によるニーズが高まるのは必至
  • 店舗が繁華街にある必要はないので、かなりの低資金でスタート可能
  • 既存の店舗スペースや設備を利用して、他の同業種のフランチャイズで、事業拡大も可能
  • 本部から仕入れた商品を配達する場合、在庫を持たない、低リスクな開業が可能
  • セントラルキッチン式のデリバリーは大きな設備投資が不要となり、低資金で開業が可能
デメリット
  • ドライバーの事故、届け忘れ、誤配送など、対策すべきトラブルが多い
  • バイクや自動車など車両に関連する費用が負担になる(ガソリン価格の高騰、車両の燃費、リース費用、駐車場代など)
  • おかずの内容・作り方・味まで細かく指定されていることが多く、オーナーの裁量で決定できる箇所が少ない
開業資金と収益モデルで選ぶ
低資金フランチャイズ3選

※収益モデルの数値に関しては、あくまでシミュレーションであり、売上を保証するものではありません。

コンビニ代表
ローソン
ローソンの画像
引用元:ローソン
https://www.lawson.co.jp/company/fc/interview/them1-22.html
  • 自己資金:150万円
  • 開業資金:150万円
  • 5年間の収益:2,370万円

公式HPで
資料を請求する

居酒屋
手羽だるま
手羽だるまの画像
引用元:手羽だるま
https://fc.foodnavi.co.jp/fc/tebadaruma/?_ga=2.166714998.977080227.1571275807-772500532.1571275807
  • 自己資金:200万円
  • 開業資金:710万円
  • 5年間の収益:3,108万円

公式HPで
資料を請求する

教育代表
チャイルドアイズ
チャイルドアイズの画像
引用元:チャイルドアイズ
http://www.tact-net.jp/fc/ce/
  • 自己資金:600万円
  • 開業資金:1,123万円
  • 5年間の収益:2,495万円

公式HPで
資料を請求する

開業資金であるリスクについて、開業資金が100万円未満をローリスク、100万円以上から1,000万円未満をミドルリスク、1,000万円以上をハイリスクとしています。また、5年間の収益であるリターンについては、収益が2,500万円以下をローリターン、それ以上をハイリターンとしています。なお、各費用の詳細は公式サイトから引用のうえ記載し、5年間の収益については5年間の営業利益から開業資金を引いた額から算出しています。