High and Low? フランチャイズ低資金開業ガイド » フランチャイズを「業界」でセレクト » 飲食店

飲食店

飲食店

低資金で開業できるフランチャイズビジネスの中で、飲食店経営にクローズアップし、開業資金や開業後の展望、おすすめのFC店を紹介しています。

※収支モデルの数値に関しては、あくまでシミュレーションであり、売上を保証するものではありません。

手羽だるま

手羽だるま
引用元:手羽だるま
https://fc.foodnavi.co.jp/fc/tebadaruma/?_ga=2.166714998.977080227.1571275807-772500532.1571275807

未経験者でも簡単に提供できるシステムを確立

手羽だるまのフランチャイズ本部による施策として見逃せないのが、利用客への最大の求心力となる40年の秘伝のタレの味を、フランチャイズ加盟者に出し惜しみなく提供している点。

調理未経験者あるいは、飲食業の未経験者でも簡単に提供できるシステムを確立しているのが秀逸です。

さらにはフランチャイズオーナーご自身が店舗に立たなくても、お店が回るシステムを確立しているというのも見所でしょう。

手羽だるまの募集要項

開業資金
  • 総額:710万円
  • 加盟金:200万円
  • 居抜き工事費:360万円
  • 開業費:100万円
  • 保証金:50万円
ロイヤリティ 一律8万円(税別)
サポート制度
  • 開業前:10日間の研修カリキュラム、広報活動、成功事例の共有、販促物作成
  • 開業後:商品開発、販促作成、WEBカメラ設置、ネット・レジで売上や原価人件費を管理
契約期間
  • 個人5年間
  • 法人10年間
加盟条件 個人、法人
収益モデル
  • 営業利益:63万6,460円
  • 想定売上高:223万5,502円
  • 営業利益:63万6,460円
  • 原価:61万4,763円
  • 人件費:44万182円
  • 諸経費:54万4,097円
  • 金利:1万1,587円

はなの舞

はなの舞
引用元:はなの舞
https://www.chimney.co.jp/shop/information/party/

実績ある直営店を引き継ぐ「転換システム」

「はなの舞」は、和をコンセプトとした海鮮居酒屋。落ち着いた雰囲気で、海鮮を中心とした料理を気軽に楽しめるフランチャイズチェーンです。

安定した実績の出ている直営店を引き継ぐ「転換システム」を利用することができます。

営業中の直営店舗(288店舗)を、「店舗・従業員(社員除く)・顧客」ごとそのまま引き継げるので、スピーディーかつローリスクに開業することも可能です。

はなの舞の募集要項

開業資金
  • 加盟申込金:50万円
  • 加盟金 400万円(税別)
  • 店舗保証金:賃料の10~12ヶ月
ロイヤリティ 売上の3%
サポート 直営店をそのまま引き継ぐシステム
契約期間 5年
加盟条件 HP上には記載なし
収益モデル HP上には記載なし

リンガーハット

リンガーハット
引用元:リンガーハット
https://www.ringerhut.co.jp/franchise/food/

店舗経営や売上向上のサポートが万全

「ちゃんぽん」と言えばリンガーハットと言われるぐらい、抜群の知名度を誇るリンガーハット。

担当のFC(フィールドコンサルタント)による店舗訪問により、店舗運営・財務・教育のアドバイスとサポートを受けることができます。

また、TVCMや各種メディア展開を行い、売上向上のためのプロモーションでバックアップしてくれるのも嬉しいポイントです。

リンガーハットの募集要項

開業資金

開業資金:3,233万円以上

ロイヤリティ

売上の5%

広告宣伝費:売上高の2%

サポート

開業前;トレーニング部を専門に設け、万全の研修体制を敷いている

開業後:オンザジョブ・オフザジョブによる様々なトレーニングと情報発信を行い、店舗スタッフ全員の成長をサポート

契約期間 5年
加盟条件 55歳以下
収益モデル HP上での掲載なし

ほっともっと

ほっともっとの店舗の画像
引用元:Plenus公式HP
https://www.plenus.co.jp/franchise/hottomotto/

多店舗経営支援金によるサポート

全国展開しているプレナスグループのほっともっとは、お客さんの認知度が高い店舗といえます。また、プレナスグループが建物や設備、その全てを用意し、オーナーに貸す『ユニットFC制度』というシステムによって、低資本、低リスクで開業することができます。

最近では、50代の早期セカンドキャリアの方や、女性オーナーが多数活躍しているため、「将来に向けて開業から夫婦で1店舗経営」するご夫婦の加盟も増えています。更にほっともっとでは、事業の安定化や拡大を目指すオーナーを応援し、店舗が増加するごとに多店舗経営支援金を支給しているため、現在3割を超えるオーナーが複数の店舗を経営しています。

ほっともっとの募集要項

開業資金
  • 総額:290万円
  • 開業費:290万円(税別)
  • 保証金:100万円
ロイヤリティ

8万円(税別)

サポート制度
  • 開業前:ユニットFC制度、調理方法、運営・経営スキル、20日間の専任の店舗責任者の実務研修、クルー契約を結び収入を得ながら開業を目指す研修体制
  • 開業後:本部営業担当者の定期巡回による指導、相談、経営支援制度
契約期間

3年ごとに更新

加盟条件 HP上には記載なし
収益モデル

HP上には記載なし

らあめん花月嵐

らあめん花月嵐研修の画像
引用元:GLOBEAT公式HP
http://job-gbj.jp/recruit/company.html

すでに営業している店舗を引き継げるプラン

ラーメンは嫌いな人がいないくらい万人受けする食べ物ですが、味のバリエーションが豊富なため、個人の嗜好性の違いが大きく現れます。しかし、個人の嗜好性の違いが大きく現れるからこそ、店主は自分の作る味にこだわりを持つことができるのです。看板メニューやロングセラー商品を持ちながらも、ほぼ毎月のように新メニューを発売しています。これは、本部のサポートが手厚いからこそできることです。

また、らあめん花月嵐では「既存店引継ぎ開業プラン」を実施しており、その名の通り、既にある店を引き継ぎして営業することができます。店舗によっては格安な資金での開業も可能。開業前に売上や利益を事前に確認することや、実際の店舗を自分の目で確認できるため安心です。

らあめん花月亭の募集要項

開業資金

開業資金:300万~

ロイヤリティ

約21万1500円

サポート

開業前:専門講師による約35日間の研修、商品知識、調理・接客、売上・人事管理、筆記試験・実地試験の実施、出店準備・資金面の相談、業者との交渉など

開業後:金銭管理、人材管理、食材管理、資金繰り、品質維持、SV二人体制で万全のサポート、サービス面や売上を担当する「テクニカルアドバイザー」と経営管理面を担当する「スーパーバイザー」が原則月1回は訪問

契約期間 公式HPに記載なし
加盟条件 公式HPに記載なし
収益モデル 公式HPに記載なし

井丸

井丸の店舗の画像
引用元:株式会社ササフネ公式HP
http://sasafune.co.jp/kameiten

制限の少ない経営ができる

井丸の特徴は、その自由度の高さです。低資金で開業できるのに、仕入先などに制限はなく、営業時間、価格、取扱商品の制約も、ほとんどありません。販売メニューの数も地域性に合わせて変更が可能です。価格設定は、500円(税別)以上であれば自由に決められ、オリジナル丼を開発販売したり、サイドメニューの開発にも一切運営方針の制約がありません。

各オーナーの自主性や考えを尊重するお店で、オーナーの年齢層は広く、20代~70代にまでのぼります。

海鮮丼というと決められたメニューを売るイメージがありますが、井丸ではメニューのほとんどを自分好みにできるので、好きなように経営したいオーナーには向いていると思います。

井丸の募集要項

開業資金
  • 開業資金:400~500万
  • 加盟金:100万円
  • 外装工事:100万~200万円(150万前後が多い)
  • 什器備品小物類:120万円前後・資金不足ならばリースも可能
  • 広告宣伝費:10万円前後
  • 店舗取得費:物件により異なる
ロイヤリティ

不要(のれん代月額3万円)

サポート

開業前:シャリ炊き、ネタの準備、仕込み、接客、レジの扱い等

開業後:月3万円(税別)の暖簾使用料、月に1回、各加盟店の収益状況、アドバイスや情報、お客様から頂いたコメントなどをお知らせ、2号店の開業資金の貸付け制度

契約期間 3年
加盟条件 公式HPに記載なし
収益モデル 月売上:403万7,045円
運営費:284万5,433円
利益:119万1,612円

かまどや

かまどやの店舗の画像
引用元:本家かまどや公式HP
https://www.honkekamadoya.co.jp/fc/about.html

希望に応じて研修システムが選べる

全国にチェーン展開しているかまどやでは、自己資金や将来ビジョンに応じて、研修システムを選ぶことができます。直営店の経営でノウハウを学んで、将来は独立オーナーを目指したい場合は、「経営委託システム」、自ら土地や建物を用意して、独立したオーナーとして開業したい場合は、「独立オーナーシステム」です。

システムによって資金や研修内容が違ってくるため、自分のレベルに合ったシステムを選択することで、レベルアップへの近道になるのです。

また、かまどやでは「センターコアシステム」を適用しており、総本部と各地区の事業本部が同一資本となっています。これらが全ての加盟店をサポートするため、加盟店の意思の反映が早くなり、本部の戦略や指導もスムーズに伝わります。オーナーをバックアップするサポートも充実しているため、初心者でも安心できます。

かまどやの募集要項

開業資金

開業資金:1,000万円~1,200万円

ロイヤリティ

6万6000円

サポート

開業前:約3ヶ月間の研修、総合マニュアル、総合保障制度など

開業後:オリジナル食材、販促助成など

契約期間 公式HPに記載なし
加盟条件 公式HPに記載なし
収益モデル 公式HPに記載なし

さすらいのカンテキ

さすらいのカンテキの店舗の画像
引用元:さすらいのカンテキ公式HP
https://sasurai-no-kanteki.com/

低資金での開業が可能

焼肉屋のさすらいのカンテキは、立ち食い形式のお店です。立ち食いのためお店も小さくて済み、従業員も多く雇う必要がありません。また、「安くてうまい店」がキャッチコピーのため、二等地での出店も可能となります。

調理工程に関しても、カット加工済みのお肉を並べるだけなので、とてもシンプル。仕込み時間もほぼないに等しいため、開店までに時間をかけずに済むのもポイント。人件費を抑えることもできるでしょう。

とにかく開業の資金を安く抑えたいという人におすすめです。

さすらいのカンテキの募集要項

開業資金
  • 加盟金200万円
  • 保証金30万円
  • 研修費9万円
  • オープンサポート14万円
  • ライセンス料3万円
  • 看板広告料3万円
ロイヤリティ

公式HPに記載なし

サポート

公式HPに記載なし

契約期間 公式HPに記載なし
加盟条件 公式HPに記載なし
収益モデル 公式HPに記載なし

コメダ珈琲店

コメダ珈琲
引用元:コメダ珈琲
http://www.komeda.co.jp/

「くつろぎ」で顧客の日常生活にとけこんだ長期安定ビジネス

コメダ珈琲店は、回転率を上げるよりも、「くつろぎ」を感じて何度も訪れてもらうこと、幅広い年代の日常生活にとけこむことで、景況に左右されにくい、長期安定のビジネススタイルをとっています。

家族や友人と食事や休憩で訪れたり、一人で仕事や読書も兼ねて訪れたり、ビジネスマンが商談で訪れたり、子供連れからシニアまで幅広い顧客層を持っています。

一般的な飲食店は、ランチや夕食の時間に来客が集中しますが、コメダ珈琲店の場合、一日を通して一定の来客数があり、ピークが分散するため、無駄や過剰な負荷のない人員配置が可能。珈琲は工場で抽出され、食材は本部から毎日供給されます。

コメダ珈琲店は珈琲を中心としたメニューにしぼっているため、調理が煩雑にならず、同じ食材を複数のメニューに利用しているので、食材のロスもほとんどなく、運営は徹底的に効率化されています。

コメダ珈琲店の募集要項

開業資金
  • 総額 850~1600万円(消費税別)
    初期投資負担を軽減する独立支援制度あり
  • 加盟金 300万円(消費税別)
    2号店目より1店につき150万円(消費税別)
  • 加盟保証金 300万円(連帯保証人2名以上)
    600万円(連帯保証人1名)
    900万円(連帯保証人なし)
  • 研修費用 50万円
    (消費税別/3名を対象に約3ヶ月間の研修)
  • 店舗施工指導料 独立店:350万円(消費税別)
    ビルトイン:200万円(消費税別)
  • ※その他に必要な開業資金:上記とは別に建築工事費・内装工事費・設計料・賃貸料
    (POSシステム・専用看板)・食器備品等が必要。建築支援体制あり。

ロイヤリティ 1,500円(1席当/月額/消費税別)
サポート制度
  • 開業前の研修(約70日間)
  • 独立支援制度(店舗のオープンまでコメダ社員として勤務。
    加盟金300万円、研修費用50万円等、加盟条件の一部免除等)
  • 建築支援制度
    (建築工事費をコメダが一時負担・設備工事費用をリース契約)
  • 開店後の運営サポート
    (本部スーパーバイザーが常にサポート・食材の安定供給等)
契約期間 なし
加盟条件 個人、法人
収益モデル ロイヤリティが席数で決まるため、売上が多ければ多いほど店舗の収益となる

鶏笑

引用元:鶏笑
https://nis-torisho.com/

日本一の唐揚げ専門店を一緒に目指せる

鶏笑はフランチャイズ加盟するのに有利な条件がそろっています。まず、資金不足の心配がありません。テイクアウト専門店ですから、通常店舗よりも必要なスペースが不要です。資金が十分ではない方の選択肢にも入るでしょう。

また、鶏笑の唐揚げは調理に特別な技術は必要としないので、初心者でも身につけやすいのがポイント。唐揚げなので季節を選ばず、一定の需要があります。需要があることは、安定して客が来て利益を得られる可能性が高くなります。

ただ、からあげ専門店は鶏笑以外にもたくさんあるので、注意が必要です。しかし、鶏笑の知名度は高いく、業界ナンバーワンの店舗数を誇っていますのでお客の選択肢に上がりやすいでしょう。

他にも自分一人でやるとなれば大変な作業となる市場調査や出店計画や運営を、サポートする体制が整っています。開業後も本部ホームページへの情報掲載や、複数出店もサポート。ロイヤリティもなく、オーナー1人でも運営ができるのです。フランチャイザーを探しているなら、鶏笑をチェックしてはいかがでしょうか。

鶏笑の募集要項

開業資金 130万円(税抜)
  • 加盟申込金:HP上には記載なし
  • 加盟金:100万円(オープン時の応援サポート含む)
  • 店舗保証金:HP上には記載なし
ロイヤリティ ブランド使用料として月額2万円
サポート 立地選定をはじめ、仕入先開拓、店舗づくり、全般を、しっかりサポートします!当社はテイクアウトが基本ですが、フードコートでの出店実例もあり、出店形態は柔軟に対応できます!また、14日間の開業前研修では、鶏の切り方から仕込み、揚げたてを提供する現場の回し方、接客のコツも伝授いたします!
できるまで丁寧にフォローいたします。研修の延長も可能です!
※引用元:フランチャイズ加盟募集.net
https://fc-kamei.net/brand/0224/
契約期間 5年/以降更新
加盟条件 HP上には記載なし
収益モデル

10坪店、オーナーとバイト3名(店に2名常駐)で運営の場合

  • 月商390万円
  • 仕入175万円
  • 人件費35万円
  • 家賃光熱費20万円
  • 他10万円
  • 利益150万円

低資金で開業できる!
【資金別】フランチャイズ5選

飲食店のフランチャイズとは

フランチャイズで飲食店を選ぶメリットとしては、不況にも比較的強い業種であること。

また好みや予算にあわせて、ラーメンから、ファーストフード、レストラン、居酒屋まで、幅広い業態から選べるという魅力もあります。

ただし、飲食店の開業には厨房機器、内装などに多額の費用が必要。大手飲食店の場合、数千万円という多額の資金が必要になることもあります。

しかし、大手でなければ格安で開業できるFCもあるようです。居ぬき物件で設備投資を抑えることができれば、さらに低資金で開業して早期回収が見込めます。

飲食業は、固定客をつかむまでは大変ですが、流行り廃りのないメニューと、通いやすい価格帯、好感の持てるサービスさえあれば、リピーターを獲得しやすい業界です。

飲食店のフランチャイズのメリット・デメリット

メリット
  • 人の基本欲求をターゲットにするため不況に強い
  • 他業種に比べ利益率が高い(原価を安く設定できる)
  • リピーターを作りやすい
  • フランチャイズなら修行にかける時間が短期間で済み、早めに独立できる
  • 調理の実務経験がなくても研修で技術や知識を習得できる
  • 本部からのサポートがあるので安心の開業&経営
  • 有名チェーン店なら顧客の獲得がスムーズで軌道に乗りやすい
  • 材料は本部に注文するだけ
デメリット
  • 競合が多い
  • 飲食店は数が多いのでライバルも多い
  • 個性を出しにくく、自由度が低い
  • 拘束時間が長く、休みも少ない

飲食店のフランチャイズのメリット

未経験からでも研修で技術習得

飲食業を開業するにあたり、調理の実務経験が必要だという印象がありますが、フランチャイズなら経験がなくても始められます。

事前に時間をかけて、充実した研修が行われるので、飲食業に携わるための技術や知識が習得できます。

心強い経営のサポート

自分の持っている知識や技術、経験だけで飲食店を始めることは簡単ではありません。

また、お店を開店してからも、いち早く経営を軌道に乗せ、成功させる必要があります

フランチャイズなら本部が開業に必要なノウハウを提供し、経営もサポートしてくれるので心強いでしょう。

フランチャイズならではの宣伝

有名なフランチャイズならブランド名だけで信頼され、集客へつながります。また、自身で宣伝をおこなう必要もありません。

大手であればあるほど、本部がテレビや雑誌、インターネットといったあらゆる媒体を用いて大々的に宣伝を行ってくれます。

効率の良い材料準備

調理に必要な材料や、運営していくうえで必要な道具などは、本部に注文するだけでお店まで届けてくれます。

したがって、自ら買い出しに行く必要がないばかりか、本部が一括して大量仕入れをするため安く材料費を抑えられます。

また、徹底した在庫管理マニュアルを作成してくれるため、効率良く材料の管理もできます。準備に費やす時間などの無駄も省けるでしょう。

飲食店のフランチャイズのデメリット

新しい取り組みを始めにくい

新しい試みをおこないたいときは、自由に始めることができない場合が多く、本部の確認が必要です

ブランドのイメージに合わない内容の企画は、通らない可能性が高く、やりたいことがあっても、実現が難しい場合があります。

休みが短く、不定期になりがち

会社員の昼食のための休憩時間は12時から13時頃です。その時間帯になると顧客が集中するため、平日の昼間はとても忙しくなります。

そして土曜日、日曜日は集客数が多い傾向にあり、店を閉めていては売り上げが減る原因に。そのため、休めても週に1日程度の可能性があります。

飲食店のフランチャイズの開業事例

開店から2年経過も堅実な経営を続行

運送会社に勤務していた時の同僚が、飲食店のフランチャイズに加盟し独立。

よし自分も!と様々なフランチャイズチェーンを検討した上で、比較的低資金で開業できたラーメンのチェーンに加盟しました。

当初は不安になるほど夜は人通りもまばらで閑散としている場所だったが、本部スタッフの支援もあり、開店から2年、現在も堅調な経営を続けています。(Tさん/35歳男性・東京都)

フランチャイズだからこその集客で繁盛

20代の頃に個人で飲食店を始めましたが、経験の未熟さが原因で閉店することに。そのあと全く違う仕事を始めましたが、いつかは飲食業に戻りたいと考えていました。

そんな中、知人からフランチャイズチェーンの和食店を紹介してもらったことがきっかけでフランチャイズのことを知りました。

飲食店の経営経験があったからこそ、フランチャイズの魅力に惹かれ、開業を決意。

開業当初は経営を続けられるか不安でしたが、そんな心配をよそに、フランチャイズだからこその集客で、店はすぐに繁盛しました。

その後も顧客のニーズに合わせて新メニューを出すことで、昨対比を上回る売り上げを維持しています。(Aさん/40代男性・大阪府)

自由度の高い経営を味方に

 元々海外で料理人をしており、日本へ帰国してきたときに次は何の仕事をしようと思っていたところでフランチャイズを知りました。

 色々なフランチャイズ会社を調べていく中で私が興味を持ったのは和食も洋食も提供できる居酒屋でした。

 面白そうだと思い、フランチャイズ会社の方に話を聞いてみると優しく丁寧に色々なことを教えてくれ、この会社なら信頼できるかもしれないと思い契約。

 人材雇用に苦労はしましたが、本社で考えられた全店共通メニューはトレンドものだったり話題性を集めるものが多く、それ以外にも自分で提供するメニューを考えることができたりと独自の方法で料理をお客様に提供することができました。

 その結果、お客様に喜んでもらえたり、地元の食材を使ったメニューを作れば値段も安く抑えられたりと、美味くて安いものを提供することができています。

フランチャイズで成長を

 飲食店を展開する会社で働いていましたが、仕事がある程度ひと段落ついたところで展開していた飲食店のフランチャイズオーナーとして独立しました。

 私が所属しているフランチャイズ会社の大きな魅力は、目標達成のための意思疎通がきちんと取れており、ファミリー感が強いこと。

 そのおかげでキャスト一人一人が日々成長し続けることができ、会社を支えてくれる人材に育っていっていると感じます。

 また、オーナー同士の交流も多々あり、意見交換や情報を仕入れることにも長けています。

 このような環境の中で、私自身も成長する機会を沢山いただき新たな店舗を展開できるようにもなりました。

 これからも新天地で、毎日成長していけるように頑張りたいと思います。

出来ることを続けて事業展開

 私は元々、食料品専門の配送業をしており新たな事業を探していました。

 そんな時に見つけたのが、自由度の高い高齢者向け配食サービス。

 開業した時にはすべての業務を一人で行っており、軌道に乗り始めてからはスタッフを増員するように。

 規模が大きくなってきたのでチャレンジで他の事業に追加加盟してみたところ、これがアタリでした。

 事業も安定してきたところで、もっと何かできることはないかと考えた結果、お客様対象を高齢差だけでなくもっと幅広く設定することに決定。

 これからも自分に何ができるのか考えながら、経営を進めていこうと思っています。

低資金で飲食店を開業するには?

設備投資の費用をケチらない

飲食店を開業するにあたって、必要な部分に対するお金を惜しんでしまうと経営が後々失敗しやすくなってしまいます。

不要なお金を使わないことは大切ですが、必要な部分の投資を惜しんでしまうと後からトラブルが起こった時に余計なお金がかかることになってしまうのです。

例えば、メニューブックを作らずに開業しても、後々メニューブックが必要になることの方が多いですし、中古で購入した厨房器具も壊れてしまえば結局は新しいものを買わなければなりません。

これらは早期にフランチャイズ本部に相談することで対応策を本部が一緒に考えてくれます。また、その結果投資回収面も良くなるので長期繁栄にもつながるでしょう。

居抜き物件を選ぶ

居抜き物件を使用すれば、初期費用を大幅に抑えることができます。

居抜き物件とは家具や什器備品まで一通りそろっており、すぐに開業できる状態にある物件のことを指します。

居抜き物件を使用するには保証金のほかに造作譲渡代が必要となりますが、新築物件と比べれば安くなるのは確かです。

しかし、居抜き物件の中には機器が故障していたり、すぐに使えない状態のものがあったりするので譲渡された内装や器具がそのまま使えるものなのかどうか、しっかりとチェックする必要があります。

また、前の持ち主がリースにしていると支払いが滞っていることもあり、その支払いまで回されてしまうことがあるので注意しましょう。

前の店舗と同じような業態で開業する場合には、お店の評判もそのまま受け継がれてしまうことがあるので確認が必要です。

飲食店のフランチャイズで成功するには

成功

フランチャイズ運営は一般的な自営ビジネスに比べれば失敗のリスクは低いと言えますが、だからと言って左団扇で成功できるほど甘いものではありません。

実際、とある調査では、新規起業した会社の実に60%が1年で倒産しているという結果も出ています。失敗しないためのポイントを、必ずおさえておきましょう。

綿密な情報収集と環境変化への対応

フランチャイズ運営に限らずあらゆる商売で成功と失敗を左右する要因として挙げられるのが、ずばり市場環境です。

とりわけ、お店の周囲にはどのような住人あるいは就業者がいて、その方々をいかに自店のリピーターにできるか。ライバルとなるお店は存在しているのか。

新規ライバル店が出現する可能性はあるのか、といったことを詳しく調査しておくことが不可欠です。

その上で、市場環境そのものが変化するということも珍しくありません。例えば10年前と比べ、ネットショッピングが格段に増えたことはご存知の通りです。

こうしたことは、FC本部がどのような大勢を整えているのかが大きな鍵となりますので、説明会などでしっかり確認すべきです。

余裕を持った資金繰り

フランチャイズ経営を失敗してしまう事例で多いのが、ずばり資金不足です。

とりわけ「開業資金が予定よりかさんでしまった」「運転資金が想定していたよりも多くかかった」といったケースは、往々にしてよく見られます。

開業の際に、ギリギリの資金で始め、そうした状況に陥いってしまうと、たちまちビジネス不能という状態となります。

自前で用意できる資金は幾らか、金融機関から融資は受けられるのが、受けられる場合はどの位の金額で利息はどうなっているか。

そうしたことをすべて考慮した上で、余裕を持たせた資金を確保しておくことが重要です。

紹介し合うことで相互に顧客を獲得

開業予定の店舗の近くに、どのような飲食店が出店しているか調べることが重要です。

飲食ビジネスは他の業種と比べて開業しやすく、業界的にも売り上げが伸びてきているので人気があり、始める人も多いです。

結果としてライバルが多くなり、顧客の奪い合いになる場合もあります。その一方で、周りの店舗をうまく利用することで、顧客を獲得することも可能です。

飲食店のフランチャイズの将来性

展望

厚生労働省の発表によると、平成26年度に開業した飲食店は日本全国で約164,000店舗あります。しかし、同年度に廃業した飲食店も約165,000店舗あります。

つまり開業した数と同じくらいの飲食店が毎年廃業しているのです。このことから飲食店を経営することが、簡単ではないと想像できます。

廃業の原因としては、食材費や人件費が高すぎたことや、宣伝が足りなかったことなどがあげられます。

しっかりとしたノウハウや経験を持ったフランチャイズに加盟することは、先述の廃業理由を回避することができ、飲食店経営を成功させる方法として最適といえます。

開業資金と収益モデルで選ぶ
低資金フランチャイズ3選

※収益モデルの数値に関しては、あくまでシミュレーションであり、売上を保証するものではありません。

コンビニ代表
ローソン
ローソンの画像
引用元:ローソン
https://www.lawson.co.jp/company/fc/interview/them1-22.html
  • 自己資金:150万円
  • 開業資金:150万円
  • 5年間の収益:2,370万円

公式HPで
資料を請求する

居酒屋
手羽だるま
手羽だるまの画像
引用元:手羽だるま
https://fc.foodnavi.co.jp/fc/tebadaruma/?_ga=2.166714998.977080227.1571275807-772500532.1571275807
  • 自己資金:200万円
  • 開業資金:710万円
  • 5年間の収益:3,108万円

公式HPで
資料を請求する

教育代表
チャイルドアイズ
チャイルドアイズの画像
引用元:チャイルドアイズ
http://www.tact-net.jp/fc/ce/
  • 自己資金:600万円
  • 開業資金:1,123万円
  • 5年間の収益:2,495万円

公式HPで
資料を請求する

開業資金であるリスクについて、開業資金が100万円未満をローリスク、100万円以上から1,000万円未満をミドルリスク、1,000万円以上をハイリスクとしています。また、5年間の収益であるリターンについては、収益が2,500万円以下をローリターン、それ以上をハイリターンとしています。なお、各費用の詳細は公式サイトから引用のうえ記載し、5年間の収益については5年間の営業利益から開業資金を引いた額から算出しています。