High and Low? フランチャイズ低資金開業ガイド » フランチャイズを「業界」でセレクト » ファストフード

ファストフード

ファストフードとは?

飲食店の中でも一際私たちの生活の中に大きな利益をもたらしているファストフード。ファストフードはその名の通り、素早く調理して提供できる簡単な食事のことを言います。その中でも有名なのはハンバーガーやドーナツ、フライドチキンですが、それ以外にもたこ焼きやお好み焼きなど、近年その分野は拡大しているのが現状です。

ファストフードのフランチャイズの特徴

ハンバーガー、フライドチキン、牛丼、持ち帰り弁当、たこ焼き・お好み焼き、おにぎりなど、飲食業の売上高の上位を占め、低資金で始められる、ファストフードのフランチャイズ。

ファストフードは手頃な価格と簡単なオペレーションで美味しい食事を作れるため、フランチャイズは初心者でも扱いやすいとされています。また、ブランド力の高い店も多く、そのような所でフランチャイズを始めれば最初からある程度の集客は見込めます。

差別化戦略としては、若者向けの「低価格化」と、大都市の好立地での「高付加価値化」に二極化しています。チェーン間の価格・出店競争が激化しているため、本部の指導力や競争力が、加盟の判断基準となります。

料理の提供時間は受注から3分未満、安価でも質・量ともにお客様を失望させないことが大切になります。

しかし、すべてをマニュアル通りに経営をしていてはなかなか売り上げが伸びないのも事実です。現に、ファストフードのフランチャイズでブランド力がある店舗でもなかなか売り上げが伸びず、オリジナルのメニューに加えて店舗限定のメニューを考えて販売することで売り上げが伸びた事例があります。

ファストフードは競合が多く競争が激しいので、このように、ある程度は自分で考えて行動する力も必要になってくるでしょう。

フランチャイズオーナーになるには?

ファストフードのフランチャイズオーナーになるには、まずどこのフランチャイズに加盟したいのか説明会などに足を運んで決めます。その後特定のフランチャイズに加盟し、店舗を出すための事前研修が始まります。尚、この時点で開業資金をしっかりと準備できるようにしておきましょう。

事前研修では、基本となる調理や接客、店舗運営や経営に関してのノウハウを学びます。そしてある程度の知識やスキルを身につけて研修が終了したら、いよいよ開店です。開店の際は、ファストフードの一部のフランチャイズでは、開店時に何人か本部の人やスーパーバイザーがお店の助っ人として来てくれることがあります。

フランチャイズで経営できるファストフードの種類

マクドナルド

マクドナルドは全国展開しており、多くの人に親しまれているブランド力を持ったファストフードです。

フランチャイズに関しては、マクドナルドでは無料のフランチャイズ説明会を全国で行っており、そこでフランチャイズビジネスの細かい内容や、実際にマクドナルドのフランチャイズオーナーとして活躍している人の話を聞くことができます。また、説明会に参加してマクドナルドのフランチャイズオーナーになりたいと希望した人には、3日間の店舗体験をするチャンスがあります。

吉野家

有名牛丼チェーン店である吉野家は、外食チェーン店の中でもかなりリーズナブルな価格で食事を提供しています。

吉野家のフランチャイズの特徴としては、企業からのマニュアルがとても分かりやすく参考になるという点です。また、このマニュアルに関しては開業後だけでなく開業前の研修の時点でも使用されるなど、その利便性は高いといえるでしょう。ちなみに吉野家では3か月の研修がありますが、3か月以内に目標に達しなかった時には研修を延長することができます。

ケンタッキー

誰からも愛されているフライドチキンを提供するケンタッキー。実はケンタッキーは、最初にフランチャイズビジネスを生み出した会社であると言われています。

そんな歴史を持つケンタッキーのフランチャイズですが、そのサポート体制は進化し続けています。職場内外での研修プログラムはもちろんのこと、本部の営業担当者が店舗を回ってアドバイスするなど開業後のサポート体制も充実しています。また、オンラインを使用した情報提供や情報共有を行うのも、ケンタッキーフランチャイズの大きな特徴と言えるでしょう。

モスバーガー

健康にも気を配ったハンバーガーを提供しているファストフードと言えば、モスバーガーですよね。モスバーガーフランチャイズの特長は、オーダーを受けてから作り始めるその新鮮さでしょう。また、素材も国産にこだわることで国内のリピーターを増やすことに成功しています。

更にモスバーガーのフランチャイズでは加盟店同士の繋がりがしっかりとしているのも特徴です。加盟店同士の繋がりを作ることによって、情報や意見の交換を行います。

築地銀だこ

外はカリッと中はトロッとたこはプリッと、「他のたこ焼きにはない美味しさ」を売る築地銀だこ。ファストフードでありながら、厳選したたこの養殖から、具材、オリジナルミックス粉、ヘルシーオイル、トッピング、独自加工の南部鉄鉄板まで、徹底的にこだわった食材選びと調理法で、業態に圧倒的な強さをもっており、将来性があるフランチャイズといえます。

開業資金は約1200万円(初期資金300万円)と低資金で、ロイヤリティは月間売上高の5%(条件により変動)、食材はすべて支給されるのでかかるコストは低め。調理法・経営ノウハウ・接客をしっかりと学ぶ研修があるので、未経験でもOKです。

ほっともっと

テイクアウトのお弁当業界でトップのシェアである「ほっともっと」。景気に左右されず、安定した収入を得られる、ファストフードのフランチャイズです。

建物や設備すべてを貸し出す「ユニットFC制度」のため低資金で、また加盟店でなく独立して始められます。開業の際には、営業中の直営店舗を引き継ぎ、設備やスタッフがそろっている状態で始めることになります。

開業資金は約290万円、ロイヤリティは固定で月額8万円(税抜)です。そのほかにかかる費用は、施設費(毎月の家賃・機器使用料)、有料の経理サポートシステムがあります。調理から経営まで一から学べる研修制度があるので、未経験でも始められます。

開業資金と収益モデルで選ぶ
低資金フランチャイズ3選

※収益モデルの数値に関しては、あくまでシミュレーションであり、売上を保証するものではありません。

コンビニ代表
ローソン
ローソンの画像
引用元:ローソン
https://www.lawson.co.jp/company/fc/interview/them1-22.html
  • 自己資金:150万円
  • 開業資金:150万円
  • 5年間の収益:2,370万円

公式HPで
資料を請求する

居酒屋
手羽だるま
手羽だるまの画像
引用元:手羽だるま
https://fc.foodnavi.co.jp/fc/tebadaruma/?_ga=2.166714998.977080227.1571275807-772500532.1571275807
  • 自己資金:200万円
  • 開業資金:710万円
  • 5年間の収益:3,108万円

公式HPで
資料を請求する

教育代表
チャイルドアイズ
チャイルドアイズの画像
引用元:チャイルドアイズ
http://www.tact-net.jp/fc/ce/
  • 自己資金:600万円
  • 開業資金:1,123万円
  • 5年間の収益:2,495万円

公式HPで
資料を請求する

開業資金であるリスクについて、開業資金が100万円未満をローリスク、100万円以上から1,000万円未満をミドルリスク、1,000万円以上をハイリスクとしています。また、5年間の収益であるリターンについては、収益が2,500万円以下をローリターン、それ以上をハイリターンとしています。なお、各費用の詳細は公式サイトから引用のうえ記載し、5年間の収益については5年間の営業利益から開業資金を引いた額から算出しています。