High and Low? フランチャイズ低資金開業ガイド » フランチャイズを「業界」でセレクト » マッサージ・整体サロン・ストレッチ

マッサージ・整体サロン・ストレッチ

マッサージ

低資金で開業できるフランチャイズビジネスの中で、マッサージ・整体サロン・ストレッチにクローズアップし、開業資金や開業後の展望、おすすめのFC店を紹介しています。

※収支モデルの数値に関しては、あくまでシミュレーションであり、売上を保証するものではありません。

ストレチックス

ダイオーズカバーオール
引用元:ストレチックス公式ホームページ
https://stretchex.jp/about.html

ストレッチを専門に行っているストレチックス。ラジオ体操発祥の地である東京・新大塚から店舗を広げています。ストレッチは誰でも手軽に続けられる運動であり、同店では誰でも続けやすいストレッチを厳選して施術を行っている点が特徴。

ストレチックスのFC経営に関しては、ロイヤリティを含む開業後本部費用を歩合制としているところが多いものの、同社は月額8万円固定制(税別)としているため、売上が大きくなるほど固定費の負担が抑えられる点がメリットです。

ストレチックスの募集要項

開業資金

加盟金:常設ベッド数×50万円(税別)

ロイヤリティ
  • ロイヤリティ:5万円(月額固定制、税別)
  • 広告分担金:3万円(月額、税別)
保証制度 物件探索マニュアルに基づいて、本部と加盟店双方で物件を検索
求人媒体紹介、広告事例、面接ツール提供、面接方法のアドバイス
本部施設にて、15日間の導入研修を実施
日報による日次管理、月報による月次管理、スーパーバイザーの臨店相談(適宜)集合研修 など
契約期間 要問い合わせ
加盟条件 要問い合わせ
収益モデル コア店タイプ:月次売上:180万円/月次営業利益:60万円(投資回収期間約12ヶ月)
サテライト店タイプ:120万円/月次営業利益:40万円(投資回収期間約16ヶ月)

低資金で開業できる!
【資金別】フランチャイズ5選

ストレチックスの口コミ評判

ストレチックスのフランチャイズに関する口コミ評判は見当たりませんでした。

フレアス

おそうじ隊501
引用元:フレアス公式ホームページ
https://fureasu-fc.jp

「在宅医療の明日をサポートする」を目指し、在宅マッサージを提供しているフレアス。徹底した施術者の育成と研修を行うことにより、高品質な施術を提供することができます。フレアスで開業するメリットとしては、仕入れや在庫はほぼないこと、また大きな店舗を構えたりする必要がない点が挙げられます。さらに、ストック型ビジネスであることから、継続利用者が多いも特徴といえるでしょう。

未経験でも11日間の加盟オーナー初期研修やパートナー企業による経営支援サポートなど、手厚い支援が受けられるため、安心してビジネスを始められます。

フレアスの募集要項

開業資金
  • 加盟金:なし
  • 保証金:100万円
  • OJT研修費:143万円
  • 開業エリア情報研修費:143万円
  • システム導入費:11万円
  • 初期セット:11万円
ロイヤリティ
  • ロイヤリティ:13.5%
  • システム使用料:3万3000円/月(税込)
保証制度 施術者研修無料
近くにある直営店により運営を支援。営業同行も可能
施術師の採用サポート
複数拠点のオープンは無料
契約期間 5年
加盟条件 要問い合わせ
収益モデル 施術師2名の場合(ご利用者62名):月間売上:186万6200円、営業利益:61万6302円

フレアスの口コミ評判

この仕事ならやっていけると思えた

フレアスの事業は健康保険が適用されます。それなら、確実に収入が見込めます。また、利用者さんが長期継続してくれるのでストック収入となることも魅力で、「この仕事ならずっとやっていけるな」と早い段階で思えたことが嬉しかったですね。研修が終わるころには大宮エリアでの開業を勧められ、マンションなどの1室に事務所を開設。施術スタッフも採用でき、無理なくビジネスを始めることができました。

引用元:アントレ(https://entrenet.jp/0000142597/senpai.html)

手厚いサポートが嬉しかった

FCサポートの方や事業開発部の方など、本部の方がとにかく一生懸命にサポートしてくれました。一番安心なのは、近くの直営店がサポートしてくれること。未経験で不安だらけの私でしたが、困ったら近くにいる直営店のスタッフにすぐに相談、解決できる環境です。

引用元:アントレ(https://entrenet.jp/0000142596/senpai.html)

フリーストレッチング

おそうじ隊501
引用元:フリーストレッチング公式ホームページ
https://www.free-stretching.com/works.html

ストレッチの施術や骨盤矯正を主としたボディケアなどを行っているフリーストレッチング。資格は不要となっており、店舗型・無店舗型のどちらかから選択が可能です。

資格は不問となっており、2〜4週間(50時間前後)の研修も用意されているため、未経験からでも始めることができます。また、施術がメインのビジネスとなるため、仕入れや在庫リスクがない点も特徴といえるでしょう。

フリーストレッチングの募集要項

開業資金
  • 加盟金:880,000円
  • 研修費:380,000円(2人以上場合は2人目以降追加ごとに50,000円が加算)
ロイヤリティ
  • ロイヤリティ:月額38,000円
保証制度 フォローアップ研修あり
契約期間 要問い合わせ
加盟条件 要問い合わせ
収益モデル 店舗型(客単価6,000円で計算):ベッド数×1、1日3人の施術で30日稼働で540,000円

フリーストレッチングの口コミ評判

未経験でも開業可能

現役接骨院院長監修のもと、ストレッチのほか骨盤矯正やリハビリに用いるPNFストレッチを習うことができるので全くの未経験でも開業ができる。

引用元:フランチャイズ独立開業はどこがおすすめ?口コミ・評判を徹底調査.(https://おすすめフランチャイズ.com/freestretching.html)

自分にあった運営方法

店舗によって時間や定休日や営業時間などが自由で副業でも専業でも自分に合った運営方法が選べる。

引用元:フランチャイズ独立開業はどこがおすすめ?口コミ・評判を徹底調査.(https://おすすめフランチャイズ.com/freestretching.html)

マッサージ・整体サロン・ストレッチのフランチャイズとは

教える人

健康意識の高まりに伴い、体のメンテナンスに定期的に通っているという方も多い昨今、マッサージや整体サロン、ストレッチの分野は今後も成長していく分野であると考えられます。

また、今後は高齢化社会がどんどん進むにつれて、寝たきり防止のためにストレッチなどに定期的に通いたい、と考える人も増えることが予想されます。

マッサージ・整体サロン・ストレッチのフランチャイズのメリット・デメリット

メリット
  • しっかりとした研修が用意されている場合が多く、未経験者でも挑戦できる
  • 成長市場であるために、安定した経営が見込める
  • 人材の採用も本部のサポートを受けられる
  • 仕入れ・在庫がほとんど必要なし
デメリット
  • 継続的な集客のために工夫が必要な場合がある
  • メニューなどが決められており、経営の自由度が低い
  • 加盟店オーナー自身が施術を行う場合、体力的・肉体的・年齢的に限界がある

マッサージ・整体サロン・ストレッチの将来性

展望

ストレッチやボディケアなどの市場規模は年々増加傾向にあり、日本において数少ない成長市場であることが大きな特徴です。さらに、今後超高齢化社会を迎えること、国が社会保証の持続を行うために予防重視の方向性を示していることから、人々の予防医療や介護予防に関する関心がさらに高まっていくと考えられています。

このような背景から、マッサージや整体サロン、ストレッチに関する市場は今後も成長することが予想されることにより、将来性が期待できる分野であるといえるでしょう。

開業資金と収益モデルで選ぶ
低資金フランチャイズ3選

※収益モデルの数値に関しては、あくまでシミュレーションであり、売上を保証するものではありません。

コンビニ代表
ローソン
ローソンの画像
引用元:ローソン
https://www.lawson.co.jp/company/fc/interview/them1-22.html
  • 自己資金:150万円
  • 開業資金:150万円
  • 5年間の収益:2,370万円

公式HPで
資料を請求する

居酒屋
手羽だるま
手羽だるまの画像
引用元:手羽だるま
https://fc.foodnavi.co.jp/fc/tebadaruma/?_ga=2.166714998.977080227.1571275807-772500532.1571275807
  • 自己資金:200万円
  • 開業資金:710万円
  • 5年間の収益:3,108万円

公式HPで
資料を請求する

教育代表
チャイルドアイズ
チャイルドアイズの画像
引用元:チャイルドアイズ
http://www.tact-net.jp/fc/ce/
  • 自己資金:600万円
  • 開業資金:1,123万円
  • 5年間の収益:2,495万円

公式HPで
資料を請求する

開業資金であるリスクについて、開業資金が100万円未満をローリスク、100万円以上から1,000万円未満をミドルリスク、1,000万円以上をハイリスクとしています。また、5年間の収益であるリターンについては、収益が2,500万円以下をローリターン、それ以上をハイリターンとしています。なお、各費用の詳細は公式サイトから引用のうえ記載し、5年間の収益については5年間の営業利益から開業資金を引いた額から算出しています。