High and Low? フランチャイズ低資金開業ガイド » フランチャイズを「業界」でセレクト » ペット関連

ペット関連

ペット

フランチャイズでは珍しいペット業界ですが、近年増加傾向にある業界でもあります。ここでは、おすすめのフランチャイズ店を紹介します。

※収支モデルの数値に関しては、あくまでシミュレーションであり、売上を保証するものではありません。

日本ペットシッターサービス

日本ペットシッターサービス
引用元:日本ペットシッターサービス
https://www.petsitter-fc.com/shoukai.html

低資金で開業でき、幅広い年代のオーナーが活躍中。本部の手厚いサポートで、経営もしやすい将来性のあるビジネスです。

年収1,000万円超のオーナーも続出。多店舗経営もOKです。

日本ペットシッターサービスの募集要項

開業資金 総額:432,000~583,200円 ※加盟金・研修費・備品費等の費用を含
ロイヤリティ

広告協賛金、商標使用料:月額16,200円

保証制度
  • 加盟店向けセミナー、交流会などを実施
  • 「ペットシッター補償制度」あり
  • 顧客紹介制度
  • 無料ホームページ作成
  • CNカードシステム
契約期間 記載なし
加盟条件 フランチャイズ契約
収益モデル 記載なし

低資金で開業できる!
【資金別】フランチャイズ5選

日本ペットシッターサービスの口コミ評判

心から安心できるように配慮

動物が大好きな私はこれまでに、たくさんの種類のペット達と暮らしています。犬、猫、鳥、うさぎ、爬虫類、海水魚…と全ての子が私にとってかけがえのない存在です。

私達に預けてくださる皆様、そしてもちろんペットちゃん達にも心から安心して頂けるようお手伝いさせて頂きたいと思っております。

参照元:日本ペットシッターサービス https://www.pet-ss.com/locations/kanto/tokyo/

心を込めてお世話をしたい

私は小さい頃から生き物が大好きで、家で犬を飼っていました。学校から帰ってくると必ず出迎えてくれ、本当に癒されました。

本当にペットと心が通じ合ったときは、嬉しくて癒されます。飼い主様に代わりペットに対してストレスをなるべく感じさせないよう心掛けて、心をこめてお世話したいと思っております。

参照元:日本ペットシッターサービス https://www.pet-ss.com/locations/kanto/tokyo/

セキュリティーなども万全な体制

当店はペットが大好きな女性二人で運営しているペットシッターのお店です。女性目線から、アットホームできめ細やかな真心込めた対応を心がけています。

また当店は、全国チェーンで展開する日本ペットシッターサービスの加盟店となりますので、セキュリティーなども万全な体制となっております。

参照元:日本ペットシッターサービス https://www.pet-ss.com/locations/kyushu/fukuoka/

わんBOX迎賓館

わんBOX迎賓館
引用元:わんBOX迎賓館
http://www.t-o-p.jp/09doghotel.php

「わんBOX迎賓館」は、大型スーパーやショッピングモールなどの複合施設に設置するタイプの一坪ショップ。

利用者の飼い主が買い物や所用を行なっている間、一時預かりやシャンプー、トリミングなどを提供するという、新しいスタイルのペットサービスビジネスになります。

わんBOX迎賓館の募集要項

開業資金
  • 開業基本セット:200万円
  • わんBOXショップ本体:照明 ・エアコン・換気扇・浴槽・トリミング台 ・お預かりゲージ・看板・のぼり
  • 別途オプション:給湯器、ドライヤー、配管配線工事、店舗保険
  • ※出店施設への家賃は別途必要
ロイヤリティ コンサル料:月額10,000円
保証制度 出店先選定のサポート、開業研修あり
契約期間 記載なし
加盟条件 フランチャイズ契約
収益モデル
  • 月間収益:38万円
  • 一時預かり500円×10頭:12.5万円
  • シャンプー 1000円×10頭:25万円
  • ケアサービス 300円×10頭:7.5万円
  • 光熱費:–1万円 コンサル料:–1万円
  • 家賃:–3万円~5万円

わんBOX迎賓館の口コミ評判

インターネットで検索してみましたが、わんBOX迎賓館のフランチャイズオーナーの方による口コミ評判は、特に見当たりませんでした。

ペット関連業界のフランチャイズとは

世の中の景気に関係なく、ペットシッターサービスやトリマー、ペットフード、生活ケア用品、ペット向けファッション販売など、ペット事業を主軸にしたフランチャイズも活況です。

ペット関連事業の良いところは、なによりも低資金でも始められる業種が多いこと。少ない投資金額でリスクをかけずに経営ができ、努力次第でリターンも大きく得られます。

反面、ペット業界のことがわからない素人が安易に手を出すと、事業として成り立たず失敗する可能性もあります。

そのため独自経営によらず、フランチャイズなどでノウハウを活用する方が賢明でしょう。

ペット関連業界のフランチャイズのメリット・デメリット

メリット
  • 低資金開業が可能
  • リスクが少ない
デメリット
  • 専門知識や資格がないと開業は難しい

ペット関連業界のフランチャイズで成功するには

成功

資格の取得や許認可が必要なケースも

ペット大国と言われる日本において、ペットビジネスは一定の需要を見込むことができます。

また、もともとペット好きの人は大好きな動物たちに囲まれて生活できるというメリットも大きいでしょう。

ただ、「好き」というだけではなかなか成功しないのがビジネスの難しいところ。

中でもペットビジネスに関しては、生き物を取り扱う仕事だけに専門的な知識・技術が必須。開業するビジネスの内容によっては資格の取得や許認可が必要なケースもあります。

飼い主にとってペットは大事な家族

飼い主にとってペットは大事な家族の一員なので、ちょっとでも粗相があったり、預かっている間にケガなどをさせてしまうと大問題につながるおそれがあります。

特にペットシッターやペットホテルの場合は、預かり中にペットの体調が悪くなった時に備え、応急処置などを施す技量も兼ね備えていなければなりません。

「ビジネス」と割り切ったドライな対応を

ペットビジネスを開業した人の中には「動物のお世話をするのは苦にならないけれど、飼い主とのコミュニケーションやクレーム対応に苦労した」という声も少なくありません。

「動物が好き」という気持ちは良質なサービスの提供につながるので、ペットビジネス経営者にとって重要な素質のひとつではあります。

しかし、一方であくまで「ビジネス」だと割り切ってドライに対応する気持ちもないとビジネスを継続するのは難しいでしょう。

開業資金と収益モデルで選ぶ
低資金フランチャイズ3選

※収益モデルの数値に関しては、あくまでシミュレーションであり、売上を保証するものではありません。

コンビニ代表
ローソン
ローソンの画像
引用元:ローソン
https://www.lawson.co.jp/company/fc/interview/them1-22.html
  • 自己資金:150万円
  • 開業資金:150万円
  • 5年間の収益:2,370万円

公式HPで
資料を請求する

居酒屋
手羽だるま
手羽だるまの画像
引用元:手羽だるま
https://fc.foodnavi.co.jp/fc/tebadaruma/?_ga=2.166714998.977080227.1571275807-772500532.1571275807
  • 自己資金:200万円
  • 開業資金:710万円
  • 5年間の収益:3,108万円

公式HPで
資料を請求する

教育代表
チャイルドアイズ
チャイルドアイズの画像
引用元:チャイルドアイズ
http://www.tact-net.jp/fc/ce/
  • 自己資金:600万円
  • 開業資金:1,123万円
  • 5年間の収益:2,495万円

公式HPで
資料を請求する

開業資金であるリスクについて、開業資金が100万円未満をローリスク、100万円以上から1,000万円未満をミドルリスク、1,000万円以上をハイリスクとしています。また、5年間の収益であるリターンについては、収益が2,500万円以下をローリターン、それ以上をハイリターンとしています。なお、各費用の詳細は公式サイトから引用のうえ記載し、5年間の収益については5年間の営業利益から開業資金を引いた額から算出しています。