High and Low? フランチャイズ低資金開業ガイド » フランチャイズを「業界」でセレクト » ステーキ屋

ステーキ屋

ステーキ屋のフランチャイズとは?

焼肉やハンバーグよりも、ちょっと高級感を感じるのがステーキ。ステーキは主にお店の厨房で調理され、鉄板に載った状態で出てくることが一般的です。

そんなステーキですが、実はフランチャイズの中では需要が高まっていると言われています。会社経営をする人や、家族連れが多く訪れるのがこの需要の高まりの要因と言えるでしょう。

ステーキ屋のフランチャイズの特徴

ステーキ屋のフランチャイズは、基本的に食材のコストが高く、オペレーションも難しいとされています。また、他の肉料理と比べると価格が少し高めなことから、客層をしっかりイメージして店舗経営をすることが大切です。

しかし、他のステーキ店と差別化してその店舗特有のステーキ屋を作ることができれば、短期間での大幅集客&売上アップも夢ではありません。

フランチャイズオーナーになるには?

フランチャイズオーナーになるにはまず説明会への参加がおすすめとされていますが、ステーキ屋フランチャイズの場合はこの説明会に必ず参加した方が良いでしょう。説明会では自分の理想の運営と実態とを照らし合わせながら、フランチャイズ会社がどのような戦略で運営を行い、どのようにオーナーをサポートしてくれるのかしっかりと聞いておきましょう。

フランチャイズ会社に加盟したら、研修が始まります。研修後には開業のための準備が始まりますが、ステーキ屋は外装・内装作りの初期費用が高いとされているので、フランチャイズ加盟時には初期費用を用意できるようにしておきましょう。準備が終わったら開業です。

フランチャイズで経営できるステーキ屋の種類

ステーキのあさくま

ブランド力の高い「ステーキのあさくま」では、サラダバーを起用したメニューが豊富です。お弁当メニューも展開しているのでテイクアウトが好きな顧客の集客も見込めます。ランチタイムから繁盛しており、経営の安定化もさせやすいでしょう。

リアルステーキ

リアルステーキは、こだわりの赤身肉ステーキやサラダバーを取り揃えたステーキチェーン。お一人様でも入りやすいステーキ店です。サラダバーも毎日市場から直送されている新鮮野菜なので女性からも人気です。リアルステーキでは、研修の中でステーキを美味しく焼く技を伝授させてもらえます。

伝説のステーキ屋

がっつりとしたステーキが売りの「伝説のステーキ屋」。普通のメニューでさえがっつりしているにも関わらず、肉増量無制限とサービス精神旺盛なのが魅力的です。フランチャイズでは、14日間の研修を行います。研修では、オペレーション習得レベルになれば研修期間の短縮も可能。開業後も本部がしっかりとサポートを行います。

開業資金と収益モデルで選ぶ
低資金フランチャイズ3選

※収益モデルの数値に関しては、あくまでシミュレーションであり、売上を保証するものではありません。

デリバリー
ライフデリ
low&low
  • 自己資金:20万円
  • 開業資金:69万9,500円
  • 5年間の収益:2,052万円

公式HPで
資料を請求する

居酒屋
手羽だるま
mildde&hight
  • 自己資金:200万円
  • 開業資金:710万円
  • 5年間の収益:3,108万円

公式HPで
資料を請求する

レンタカー
ガッツ・ジャパン
hight&hight
  • 自己資金:1,000万円
  • 開業資金:2,000万円
  • 5年間の収益:4,780万円

公式HPで
資料を請求する

開業資金であるリスクについて、開業資金が100万円未満をローリスク、100万円以上から1,000万円未満をミドルリスク、1,000万円以上をハイリスクとしています。また、5年間の収益であるリターンについては、収益が2,500万円以下をローリターン、それ以上をハイリターンとしています。なお、各費用の詳細は公式サイトから引用のうえ記載し、5年間の収益については5年間の営業利益から開業資金を引いた額から算出しています。