High and Low? フランチャイズ低資金開業ガイド » フランチャイズを「業界」でセレクト » テイクアウト店は儲かるか?

テイクアウト店は儲かるか?

比較的低資金で開業できるフランチャイズ店として、テイクアウト店が注目されています。ここでは、2つのテイクアウトFC店をピックアップし、それぞれの募集要項や口コミ評判をご紹介。テイクアウト店の将来性についても考察していますので、開業をお考えの方はぜひ参考にしてください。

※収支モデルの数値に関しては、あくまでシミュレーションであり、売上を保証するものではありません。

アジアンアキンド「天下鳥ます」

アジアンアキンド「天下鳥ます」
引用元:アジアンアキンド「天下鳥ます」
http://www.ten-tori.com/babamenu.html

アジアンアキンド「天下鳥ます」は、東京に本店を置く唐揚げの専門店。2005年に高田馬場に第一号店を出店し、以後、フランチャイズを中心に全国各地へ出店。2021年4月現在、東京や神奈川、大阪、九州などに計30店舗以上を展開している人気店です。

商品を唐揚げに絞った理由は、時代による流行り廃りがほとんどないから。ご飯のおかず、お酒のつまみ、おやつとして、唐揚げは不動の地位を確立しているため、どんな時代であっても売上に大きな変動がありません。コロナ禍であっても、簡単にテイクアウトできる唐揚げならば、他の飲食店ほどのダメージを受けることはないでしょう。

なお、アジアンアキンド「天下鳥ます」は、テイクアウト専門店をはじめ、オーナーの希望により定食やや居酒屋の形態で出店することも可能。個人でも法人でも、国内でも海外でもフランチャイズ出店が可能です。

アジアンアキンド「天下鳥ます」の募集要項

開業資金

合計298万円(テイクアウト店の場合)

  • 加盟金88万円
  • 保証金20万円
  • 研修費10万円
  • 機材一式80万円
  • 内装工事100万円
ロイヤリティ 月額3.24万円(固定/テイクアウト店の場合)
保証制度
  • 開業前研修
  • 開業に向けた各種準備(内装工事、スタッフ募集・教育、新聞折込チラシ作成)
契約期間 あり(詳細はお問合せください)
※契約期間内に廃業した場合、以後のロイヤリティや違約金等は発生しません
加盟条件 公式HPに記載なし
収益モデル
  • 売上:180万円
  • 仕入れ:57.6万円
  • 粗利利:122.4万円
  • 人件費:32万円
  • 家賃:25万円
  • 水道光熱費:8万円
  • その他経費:3万円
  • 収益:64.4万円(オーナーの給与を含む)

低資金で開業できる!
【資金別】フランチャイズ5選

アジアンアキンド「天下鳥ます」の口コミ評判

口コミは見つかりませんでした。

あじむどり

あじむどり
引用元:あじむどり
https://ajimudori.com/shop/

あじむどりは、2018年に大阪で創業したテイクアウト唐揚げ専門店。湯浅醤油ベースの秘伝のタレで揚げた唐揚げが、子供からお年寄りまで、年齢を問わず広く愛されています。

フランチャイズ店の特徴は、何より低資金で開業ができること。テイクアウト専門店なので、最低3坪ほどの広さがあれば開業できます。初期投資が少ないことから、客単価1,000円ほどがあれば十分に経営が可能。客単価1,000円に乗せるノウハウは、あじむどり本部の研修を通じてしっかりと身につけることができます。

開業前も開業後も、随時、LINE等を通じて本部からのアドバイスを受けることが可能。オーナーが希望すれば、本部のスーパーバイザーに店舗を定期巡回してもらうこともできます。

創業から間もないにも関わらず、2021年3月現在、大阪を中心に28店舗を展開するあじむどり。コロナ禍であろうと、人気の勢いが止まる気配はありません。

あじむどりの募集要項

開業資金

合計148万円

  • 加盟金120万円
  • 研修費28万円
※店舗取得費、内外装工事費、設備什器費などを含めると合計280~600万円が目安
ロイヤリティ 月額4万円(固定)
保証制度
  • 立地選定・仕入先開拓・店舗作りなど、開業までの全般をサポート
  • 開業前研修を通じ、仕込みや揚げ方などのノウハウを徹底伝授
  • 開業後は本部が随時質問・相談に対応
  • 希望あれば2ヶ月に1回、本部のスーパーバイザーが店舗を巡回(要交通費)
契約期間 5年(以後は自動更新/更新料なし)
加盟条件 公式HPに記載なし
収益モデル ■A店の場合(月間)
  • 売上:500万円
  • 仕入れ:200万円
  • 人件費:50万円
  • 家賃・光熱費:25万円
  • その他:7万円
  • 利益:218万円
■B店の場合(月間)
  • 売上:325万円
  • 仕入れ:130万円
  • 人件費:30万円
  • 家賃・光熱費:12万円
  • その他:7万円
  • 利益:146万円

あじむどりの口コミ評判

口コミは見つかりませんでした。

Gela-Fru
引用元:Gela-Fru
https://gelafru.jp/franchise/

Gela-Fru(ジェラフル)

もっちりクレープ&黒糖タピオカが人気の、テイクアウトのフランチャイズ、「Gela-Fru(ジェラフル)」。地域ナンバーワンの人気店として出店できます。天候に左右されず、安定収益を継続できるという利点があります。スイーツ販売の同業撤退店の再生実績が多数あることから、その経営モデルに強さがあるといえます。

商業施設での出店がほとんどで、平均5坪の店舗面積で操業可能なため、店舗取得のコストが抑えられます。スタッフがひとりいればいいので、人件費もそれほどかかりません。宅配導入でさらに収益を増やすことも可能です。

Gela-Fru(ジェラフル)の募集要項

開業資金

合計132~242万円

  • 加盟金110万~220万円
  • 研修費 22万円
※物件取得保証金50万~150万円、内外装費100万~300万円、什器30万~120万円、仕入れ30万~50万円、その他、広告宣伝費、食品衛生責任者講習費、電話加入費等を含めると、350万~870万円が目安。
ロイヤリティ 月間売上の6.66%
保証制度
  • 代表による販売ノウハウ伝授・資金相談
  • 経営講座3日
  • 店舗実習5日(認定試験合格後開業)
  • 開業後も支援を継続
  • 経営相談
  • 商品開発
  • 販促物デザイン・印刷
  • HP作成・運営管理
  • 複数店舗経営支援

    繁盛店を格安で引き継げるチャンスも豊富。アルバイト採用あり。将来的に、本部でWEB・店舗デザインを対応

契約期間 5年間
加盟条件 公式HPに記載なし
収益モデル

月商150万円、月営業利益75万円も可能(稼働30日/月、店舗広さ5坪、土日祝アルバイト1名雇用の場合)。

宅配導入で、月々プラス5万円も可能 (関東の場合)。

Gela-Fru(ジェラフル)の口コミ評判

口コミは見つかりませんでした。

やきとり家竜鳳
引用元:やきとり家竜鳳
https://www.ryuho.co.jp/request.html

やきとり家竜鳳

やきとり家竜鳳は、昭和53年創業で、全国に500店舗以上を展開している、焼き鳥のテイクアウトのフランチャイズです。居酒屋店舗として飲食提供も行っており、売上は、テイクアウトが60%、店内売上(アルコールを含む)が40%です。やきとりは、ほぼ完成された商品をセントラルキッチンから直送し、店舗では仕上げ調理をします。

物件選びは、本部と加盟社が双方で行います。立地場所としては、駅周辺や、スーパー等の商業施設の密集地、飲食店街、人工密集地の、建物の一階部分を選びます。店内面積は10坪程度を目安としており、テイクアウトの売上が多い分、店舗面積当たりの高収益が可能となります。

やきとり家竜鳳の募集要項

開業資金

合計260万円~

  • 加盟金100万円
  • 保証金100万円
  • 設備費用40万~80万円
  • 研修費20万円~(店舗規模、従業員数によって変動)
※その他、販促ツール6.4万円、車両リース料5.6円などの経費がかかります。
ロイヤリティ 売上額の6%~8%/月
保証制度
  • 45日間の研修・総合テスト・事業計画、地域ごとのサポートあり
契約期間 4年間(その後、4年毎に更新が可能。更新料は15万円)
加盟条件 上記、開業資金、ロイヤリティ、契約期間が加盟条件となります。
収益モデル
  • 収入40万円/月
  • 売上134万円/月(月間勤務日数24日)
  • 経費94万円/月(商品原価70万円、車両リース料5.8万円など)

やきとり家竜鳳の口コミ評判

業務委託なら初期コストもかからずスタートできることに魅力を感じました。前職が飲食業でしたから、仕事への不安はなかったです。ただ、収入には不安が…。そのため最初は業務委託販売員でしたが安定収入になったためフランチャイズに移行しました。お客様においしいと直接いってもらえますし、常連のお客様もできました。休みを自分で決められるのも魅力です。

子育ても落ち着きずっとやりたかった接客業をしたいと思って、竜鳳を選びました。最初こそ、仕事の流れや収入の不安もありましたが、業務委託からはじめて徐々に理解して加盟店へ移行した流れです。体にむりなくできる範囲で安定して稼ぎたいと思っていますが、やはりがんばっただけ収入につながります。常連のお客様と世間話をしながら楽しく働けています。

テイクアウトのフランチャイズとは

テイクアウトのフランチャイズとは、調理済みの持ち帰り用食品だけを専門に扱っているフランチャイズ店のこと。マクドナルドのテイクアウト部門だけを切り取った店舗、とイメージすれば分かりやすいでしょう。

お客さんの側から見れば、必要な食品だけを最小限の料金で購入できるという手軽さが魅力。逆に店舗の側から見れば、客数の縛りなくテンポ良く店を回転させていけることから、テイクアウト専門店は、お客さんとお店のニーズが一致する理想的な業態と考えることができます。

以下、テイクアウトのフランチャイズ店の主なメリット・デメリットを見てみましょう。

テイクアウトのフランチャイズのメリット・デメリット

メリット
  • 資金さえ用意できれば、基本的に誰でも出店できる
  • 客席が不要なため、狭いスペースでも開業できる(=家賃が安く済む)
  • ホールサービスがないことから、最小限の人数で店舗を回すことができる(=人件費が安く済む)
  • 客席がないことから、客数に縛られることがない(=何人でもお客さんを受け入れられる)
  • 店舗を持たずに、キッチンカーなどによる移動販売形式での開業も可能(=売上が立地に左右されない)
  • 高齢者向けの宅配やテイクアウトのフランチャイズの需要が見込める
  • 豊富なサービスから、自分に合ったフランチャイズを選ぶことができる
  • 移動販売(キッチンカー)は初期費用を抑えるため、加盟金とロイヤリティが0円の場合がある
デメリット
  • 他の業態よりも少ないとは言え、開業にはまとまった資金が必要
  • 店舗の立地によって売上が左右される(近隣のスーパーやコンビニは競合となる)
  • ホール型の飲食店に比べ、平均客単価は低くなる
  • 使い捨て容器など、ホール型の飲食店には不要な各種備品が必要となる
  • 基本的に立ち仕事なので、人によっては体力面の問題も考慮する必要がある
  • 移動販売(キッチンカー)のフランチャイズは、営業場所を紹介する体制がまだまだ整っていないという状況がある

テイクアウトの将来性

飲食店の店舗内で摂る食事のことを「外食」と言います。また、スーパーなどで食材を購入し、自分で調理して摂る食事のことを「内食」と言います。さらに、スーパーやテイクアウト店で調理済みのメニューを購入して摂る食事のことを「中食」と言います。

テイクアウトとは、まさにこの「中食」のこと。現状、外食産業は苦戦を強いられていますが、逆に中食産業は拡大傾向にあると言われています。その背景には、晩婚化や人生観の変化による単身者の増加、共働き夫婦の増加などがあるとのこと。加えて昨今では、新型コロナの影響による中食産業の活性化も顕著です。

将来的には、単身者も共働き夫婦もますます増加することが見込まれます。またアフターコロナ時代には、新しい生活様式が浸透していくとも言われています。時代背景を考慮すると、テイクアウト専門フランチャイズ店を含む中食産業は、今後ますます拡大していくのではないでしょうか。

開業資金と収益モデルで選ぶ
低資金フランチャイズ3選

※収益モデルの数値に関しては、あくまでシミュレーションであり、売上を保証するものではありません。

コンビニ代表
ローソン
ローソンの画像
引用元:ローソン
https://www.lawson.co.jp/company/fc/interview/them1-22.html
  • 自己資金:150万円
  • 開業資金:150万円
  • 5年間の収益:2,370万円

公式HPで
資料を請求する

居酒屋
手羽だるま
手羽だるまの画像
引用元:手羽だるま
https://fc.foodnavi.co.jp/fc/tebadaruma/?_ga=2.166714998.977080227.1571275807-772500532.1571275807
  • 自己資金:200万円
  • 開業資金:710万円
  • 5年間の収益:3,108万円

公式HPで
資料を請求する

教育代表
チャイルドアイズ
チャイルドアイズの画像
引用元:チャイルドアイズ
http://www.tact-net.jp/fc/ce/
  • 自己資金:600万円
  • 開業資金:1,123万円
  • 5年間の収益:2,495万円

公式HPで
資料を請求する

開業資金であるリスクについて、開業資金が100万円未満をローリスク、100万円以上から1,000万円未満をミドルリスク、1,000万円以上をハイリスクとしています。また、5年間の収益であるリターンについては、収益が2,500万円以下をローリターン、それ以上をハイリターンとしています。なお、各費用の詳細は公式サイトから引用のうえ記載し、5年間の収益については5年間の営業利益から開業資金を引いた額から算出しています。