High and Low? フランチャイズ低資金開業ガイド » 低資金で儲けるフランチャイズの選び方

低資金で儲けるフランチャイズの選び方

分岐点

低資金かつ開業後にきちんと利益をあげるフランチャイズ経営をめざすために、必要な情報をまとめています。

フランチャイズの開業資金

開業

フランチャイズを始めたい人にとって、第1のハードルとなるのが開業資金です。開業資金はそれぞれ異なりますが、業種によってだいたいの相場があります。

こちらのページではフランチャイズが活発な3業種、飲食業・小売業・サービス業の開業資金相場を店舗別にご紹介しています。

確認して、その傾向を把握しておいてください。また開業後の収支シミュレーションも重要ですから、事前チェックしておきましょう。

フランチャイズの
開業資金について見る

フランチャイズのロイヤリティ

ロイヤリティ

ロイヤリティには、大きく分けて次の3つの方式があります。粗利分配方式、売上歩合方式、定額方式です。

コンビニで主流の粗利分配方式やFCで一般的な売上歩合方式は、加盟店側の儲けと関係なくロイヤリティが徴収されるシステム。一方、定額方式は毎月固定額を支払うので、資金管理がしやすく利益面では最も理想的です。

この様に本部のロイヤリティ次第で収益が左右されます。しっかりと理解しましょう。

フランチャイズの
ロイヤリティについて見る

フランチャイズを開業するエリア

エリア

10年後でも安定した事業継続が可能か、景気や人気に左右されず安定収益が見込める業態か、出店エリアの条件は良好か、といったポイントを比較検討してフランチャイズを選びましょう。

フランチャイズ開業後の経営を左右する「出店地域」や「業態」選びのコツを説明しています。

フランチャイズを開業する
エリアについて見る

フランチャイズのコスト

コスト

フランチャイズで事業を始めるためには、フランチャイザーに加盟金などの開業費用を支払うことになります。

ただし開業後にもお金は必要になってくるため、綿密な資金計画を事前に立てておくことが重要です。

たとえば、フランチャイズ本部が実施する研修費用や、店舗運営に掛かる賃貸コストに人件費、光熱費、備品費、広告宣伝費などのランニングコストが発生します。

そこで開業費用と経営費用を併せた費用計算をして、低資金で開業する方法を考えましょう。

フランチャイズの
コストについて見る

フランチャイズのサポート内容

サポート

フランチャイズ開業後、成功の鍵を握るポイントは「FC本部からの経営サポート」だと言っても過言ではありません。

FC本部の中にはサポートが薄く、経営で困った際に対応してくれないところもありますので、注意が必要です。

ポイントは、ロイヤリティや研修費に見合った指導や経営上のアドバイスの有無を確認することです。また市場ニーズが判断できるデータなど、売上アップへのサポートの有無も肝心です。

ホームページや加盟店をチェックし、こういったポイントをしっかりチェックしましょう。

フランチャイズの
サポート内容について見る

フランチャイズの加盟金

加盟金

約1500ものフランチャイズ本部の中には、残念ながら悪徳フランチャイズ本部もあります。

「ちょっとくらい無理な投資をしてでも、事業を成功させたい」そんな弱みに付け込む悪徳業者を見極めましょう!

手口としては開業時に多額の費用を使わせる「オープン屋」が多く、開店後の指導・サポート無しで放置されます。

また低資金でのスタートが可能だと誘い、契約後に説明のなかった請求や負担を求める「加盟金ゼロ屋」といった悪徳フランチャイズもあるので要注意です。

フランチャイズの
加盟金について見る

低資金でフランチャイズを始めるときの注意点

教える人

想定した資金で店を開業できるか

当たり前のことですが、低資金でフランチャイズを始めるには、低資金で開業できるFC本部と契約する必要があります。

業種別に開業資金の相場情報を集め、自分のめざす業界が、自分の想定する資金で開業できるのかを把握しておきましょう。

設定されたロイヤリティの比率は適正か

開業後の利益を大きく左右するロイヤリティの基礎知識や方式の違いについても解説しましょう。

ロイヤリティとは、加盟店側が業績の一部をFC本部に支払う費用のこと。

FC本部で設定されたロイヤリティの比率により、「開業後のFCビジネスの将来が決まる」といって過言ではありません。

ロイヤリティはFC本部によっても内容が異なりますので、基本は押さえつつ、各FCの契約内容を吟味したうえで、検討してください。

悪徳フランチャイズに注意する

残念ながら、「加盟店が成功していくことで、自分たちも潤う」という、FC本部の本来あるべき姿を放棄した、不誠実な本部が確かに存在しています。

中には開業費用を受け取り、オープンしたら「ハイ、さよなら」といったように開業後の支援を怠るFC本部も。

誠実で信頼できるFC本部を選ぶために、優良FC本部選びのコツも掲載しておりますので、ぜひご参照下さい。

業態についての選び方

フランチャイズは同じ業種でも、業態ごとに初期費用や利益率は大きく変わります。ここでは、業種だけでなく、業態に関する選び方を細かく解説いたします。

フランチャイズの業態【飲食店】

飲食店のフランチャイズは、初心者にも始めやすいのですが、廃業率は高い傾向にあります。特に激戦区のような地域だと、お客さんの奪い合いになるため、選択するフランチャイズで命運が分かれることがあるのです。

飲食店フランチャイズを選ぶ際に大切になってくるのが、その業態選びです。また、飲食店フランチャイズでは本部からのサポートも大切になってきます。

この記事では、飲食店フランチャイズの業態の選び方から、選ぶときに気をつけるべきことまで解説しています。これから飲食店フランチャイズを始めたい人はご参照下さい。

飲食店フランチャイズの
業態の選び方について見る

開業資金と収益モデルで選ぶ
低資金フランチャイズ3選

※収益モデルの数値に関しては、あくまでシミュレーションであり、売上を保証するものではありません。

コンビニ代表
ローソン
ローソンの画像
引用元:ローソン
https://www.lawson.co.jp/company/fc/interview/them1-22.html
  • 自己資金:150万円
  • 開業資金:150万円
  • 5年間の収益:2,370万円

公式HPで
資料を請求する

居酒屋
手羽だるま
手羽だるまの画像
引用元:手羽だるま
https://fc.foodnavi.co.jp/fc/tebadaruma/?_ga=2.166714998.977080227.1571275807-772500532.1571275807
  • 自己資金:200万円
  • 開業資金:710万円
  • 5年間の収益:3,108万円

公式HPで
資料を請求する

教育代表
チャイルドアイズ
チャイルドアイズの画像
引用元:チャイルドアイズ
http://www.tact-net.jp/fc/ce/
  • 自己資金:600万円
  • 開業資金:1,123万円
  • 5年間の収益:2,495万円

公式HPで
資料を請求する

開業資金であるリスクについて、開業資金が100万円未満をローリスク、100万円以上から1,000万円未満をミドルリスク、1,000万円以上をハイリスクとしています。また、5年間の収益であるリターンについては、収益が2,500万円以下をローリターン、それ以上をハイリターンとしています。なお、各費用の詳細は公式サイトから引用のうえ記載し、5年間の収益については5年間の営業利益から開業資金を引いた額から算出しています。