High and Low? フランチャイズ低資金開業ガイド » 低資金で儲けるフランチャイズの選び方 » 加盟金ゼロの巧妙なトリックとは

加盟金ゼロの巧妙なトリックとは

加盟金

加盟金ゼロをうたっているフランチャイズ本部の中には、心無いフランチャイズ本部も少なからずあります。

加盟金ゼロに潜むカラクリや、優良フランチャイズ本部を見分けるコツをまとめました。

フランチャイズの加盟金とは

教える人

フランチャイズを契約してスタートする際に、本部から提供されるノウハウやサポートの対価として支払うお金のことで、加盟契約金、加盟権利金と呼ばれることもあります。

その中には商標やマークなどの使用許諾が含まれており、フランチャイズ本部によっては立地調査料や研修料、宣伝広告費なども入っている場合があります。

フランチャイズの加盟金の相場

業種やフランチャイズの種類によって加盟金の相場は異なります。無店舗や店舗があっても小規模のものは100万円以下ですし、ある程度の規模になれば300万円前後になります。

中には加盟金0円のフランチャイズもありますが、それ以外に初期費用がかかることもあるため加盟金だけに注目せずに全体を把握することが重要です。

フランチャイズの加盟金を支払うタイミング

正式に加盟が決定して契約を結ぶタイミングで、支払うのが安全です。何も決まっていない段階で加盟金だけ先に支払うと、トラブル発生につながる可能性があるからです。

加盟申込金という名目で、契約前に支払いを求められるケースもありますが、その後契約が成立しなかった場合は、返還されないことがほとんどなので注意が必要です。

フランチャイズの加盟金は返還されるのか?

加盟金に関しては、基本的に返還されないと考えた方がよいでしょう。契約書の中に、“理由の如何を問わず返還しない”といった旨の条項があれば返還されません。

フランチャイズ契約時には、初期費用として加盟金と保証金の支払いを求められますが、保証金は返還されても加盟金は返還されないことを理解しておくことが必要です。

低資金で開業できる!
【資金別】フランチャイズ5選

フランチャイズの保証金とは

サポート

保証金とは、加盟の際に本部に預ける一時金のことです。ロイヤリティなど、本部と加盟店の間で行われる金銭のやりとりで、加盟店が支払いができない場合はそこから差し引かれます。

加盟金は一度支払うと返還されることはありませんが、保証金は預り金なので、契約解消時に債務不履行や、違約金などの発生がない場合は、返還されることがほとんどです。

加盟金ゼロのフランチャイズ開業は大丈夫?

選択肢

現在日本には、約1500のフランチャイズ本部があるともいわれています。しかし、それらの中には悪徳フランチャイズ本部もあります。

たとえば、ちょっと無理な投資をしてでも、事業を成功させたい、できるだけ低資金でフランチャイズ経営をスタートしたいといった人の気持ちにつけこみ、不誠実な商売をしています。

そういった心無いフランチャイズ本部とかかわらないためにも、正式契約前にフランチャイズ本部の評判や、提示されている開業資金の内訳をチェックすることが重要です。

通称「オープン屋」の手口とは?

悪徳フランチャイズ本部の代表格が、「オープン屋」といわれる存在です。彼らは、開店時に加盟金や保証金、設備の購入など加盟店に多額の投資をさせます。

オープンに伴い加盟店からの支払いで利益をあげてしまえば、自分たちとしてはOKで、加盟店オーナーの事業が成功しようがしまいが我関せず、開業後の面倒などほとんどみてくれません。

「加盟金ゼロ」の甘~いフレーズにご用心

一方「加盟金ゼロ」をうたい文句に、加盟者をひきこむ「加盟金ゼロ屋」もあります。

加盟金ナシだからと安易に契約を促し、契約をしてしまえばこちらのものとばかりに、加盟店に別の名目で支払いを要求するわけです。

「研修費」・「宣伝費」・「施設使用料」・「店舗改装費」・「名義使用料」・「契約料」など、いろんな名目で、契約時にはきちんと説明されなかったような請求、負担が発生します。

こちらとしては、いったんスタートした以上、そう簡単にやめることはできません。「話と違う」と思いながらも、泣き寝入りしている人が少なくないようです。

FCの加盟店募集情報をみるときは、うわべのメリット訴求、特にお金に関わる事柄の甘いフレーズを鵜呑みにしないよう、くれぐれも注意しましょう。

初期費用や加盟金が安いだけで、中身のない本部である可能性が低くありません。

開業資金と収益モデルで選ぶ
低資金フランチャイズ3選

※収益モデルの数値に関しては、あくまでシミュレーションであり、売上を保証するものではありません。

コンビニ代表
ローソン
ローソンの画像
引用元:ローソン
https://www.lawson.co.jp/company/fc/interview/them1-22.html
  • 自己資金:150万円
  • 開業資金:150万円
  • 5年間の収益:2,370万円

公式HPで
資料を請求する

居酒屋
手羽だるま
手羽だるまの画像
引用元:手羽だるま
https://fc.foodnavi.co.jp/fc/tebadaruma/?_ga=2.166714998.977080227.1571275807-772500532.1571275807
  • 自己資金:200万円
  • 開業資金:710万円
  • 5年間の収益:3,108万円

公式HPで
資料を請求する

教育代表
チャイルドアイズ
チャイルドアイズの画像
引用元:チャイルドアイズ
http://www.tact-net.jp/fc/ce/
  • 自己資金:600万円
  • 開業資金:1,123万円
  • 5年間の収益:2,495万円

公式HPで
資料を請求する

開業資金であるリスクについて、開業資金が100万円未満をローリスク、100万円以上から1,000万円未満をミドルリスク、1,000万円以上をハイリスクとしています。また、5年間の収益であるリターンについては、収益が2,500万円以下をローリターン、それ以上をハイリターンとしています。なお、各費用の詳細は公式サイトから引用のうえ記載し、5年間の収益については5年間の営業利益から開業資金を引いた額から算出しています。