High and Low? フランチャイズ低資金開業ガイド » フランチャイズを「こだわり」でセレクト » 未経験者OK

未経験者OK

未経験者OK

低資金かつ未経験でも、不安なく経営できるフランチャイズをピックアップ。研修が充実していて、本部のサポートが手厚いフランチャイズを厳選しました。

※収支モデルの数値に関しては、あくまでシミュレーションであり、売上を保証するものではありません。

株式会社ヤパン

株式会社ヤパン
引用元:株式会社ヤパン
https://smart-favo.com/kyoryoku.php

スマートフォン・携帯ゲームなどの修理を請け負う「スマートファボ(旧名称スマートレスキュー)」のフランチャイズで、低資金・小スペースで開業が可能です。

難しい技術ではないため、未経験でも本部の研修を受ければ、すぐに事業が始められ、気になるロイヤリティもありません。

集客サポートもあるので、不安なく独立開業できますが、ヤパンでフランチャイズを開業するなら、iPhoneユーザーが多い都市部での開業が望ましいでしょう。

株式会社ヤパンの募集要項

開業資金
  • 加盟金:0円
  • 研修費:30万~35万円(研修日による)
  • 研修、検品、練習用の実機:15万円弱
  • 初期パーツ:15万円前後
ロイヤリティ サポート費(技術サポート、商圏確保、加盟店価格での取次)として月額1万5,000円が必要。
また任意で屋号利用料:1万円、集客サポート:1万円を選択。
サポート 未経験者であっても、無理なく技術が習得できる研修体制あり。 集客や接客のアドバイスも。
契約期間 最短 1年間~
加盟条件 フランチャイズまたは技術サポート契約
収益モデル 記載なし

株式会社ヤパンの口コミ評判

  • 机1つのスペースがあれば良いので開業しやすい
  • どうしても直せない場合は本部に取り次ぐことができるので安心
  • 買取のできる機種が決まっているので目利きはあまり必要が無い
  • メーカーの半額程度の料金で即日直せると評判
  • 自分では直せないイヤフォンなどの依頼がなく取り次ぐ必要がなければ加盟している意味を感じられない
  • 知名度が無い分、安さを売りにしているので利益が出づらい
  • 修理料金や営業スタイルは店舗ごとに異なるので代理店にならなくてもいいような気がする

参照元:フランチャイズ独立開業はどこがおすすめ?口コミ・評判を徹底調査 https://おすすめフランチャイズ.com/smartfavo.html

株式会社ヤパンの口コミ評判・総評

ヤパンは机1つあればできるのが魅力。修理が困難なものは本部がサポートしてくれるため安心できるようです。クロスメディアはパソコン初心者でもポータルサイトの開業と運営が可能。地元の名士と人脈を作るチャンスも。

株式会社クロスメディア

株式会社クロスメディア
引用元:フランチャイズの窓口
https://www.fc-mado.com/detail/218

クロスメディアは、IT未経験・初心者でも簡単に運営・維持・管理できる「地域ポータルサイトバンク」を低資金で開業するサービス。

地元メディアのオーナーになるチャンス。脱サラして起業した方も多数いるのが、魅力だといえます。

株式会社クロスメディアの募集要項

開業資金
  • 総額:58万円(税抜)
  • 加盟初期費用・サイト構築費用/48万円
  • 研修費/10万円(税抜)
ロイヤリティ

月額5万円(税抜) ※ライセンス費用

サポート 「1地域・1サイト」を原則とし、先発サイトオーナーの権利を守るための地域選定を提案。
開業後に競合となる事を避け、互いに成長しあえる環境づくりを加味した運営方針。
未経験者でも安心のサポート体制が充実。新しいツールが定期的にリリースされるなど、営業支援あり。
契約期間 2年 (以降追加負担金なしで自動更新)
加盟条件 ライセンス契約
収益モデル 年間契約:10万円×10店舗/月と契約の場合(月商100万円の場合)
  • 年間売上1200万円
  • 年間ライセンス費用60万円
  • 諸経費:通信費/交通費等の実費のみ
  • 利益率90%超(月収90万円超)可能

株式会社クロスメディアの口コミ評判

  • 最新のCMSによりパソコン初心者の方でも簡単にポータルサイトの開業・運営が可能
  • 普通に営業しているだけで毎月たくさんの地元の名士達と人脈づくりができるので既存事業の「ドアノ ックツール」としても使える
  • 本部への問い合わせは一般電話やSkypeですぐに対応してくれて、メールなら24時間以内に返答してくれるシステム
  • 広告掲載費はオーナー独自に決められるシステムなので値崩れが否めない
  • 契約期間が2年と長く、2年で120万円もシステム料がかかるので導入しづらい

参照元:フランチャイズ独立開業はどこがおすすめ?口コミ・評判を徹底調査 https://おすすめフランチャイズ.com/xmd.html

在宅医療マッサージ株式会社

在宅医療マッサージ株式会社
引用元:在宅医療マッサージ株式会社
https://www.zaitakuiryo-massage.com/

訪問介護分野でも珍しい、足爪ケアと訪問医療マッサージを融合させた新しいサービスで、競合もほぼないのが、特徴です。

専業と副業のスタイルがあり、特に足爪ケアは未経験者でも専門技術を自ら習得することができます。

在宅医療マッサージ株式会社の募集要項

開業資金
  • 加盟金:150万円(税別)
  • 研修費:48万円(税別)
  • ※オーナー研修:28万円、施術者研修:20万円
  • レセプトコンピューター:38万円
  • 加盟店専用ホームページ:月額13,500円(税抜)
  • レセプトコンピューター使用料保守点検費:月額30,000円(税抜)
  • 本部より加盟店に患者を紹介した場合、1人につき20,000円(税抜)
  • 追加施術者への新人研修、1人につき100,000円(税抜)
ロイヤリティ 月100,000円(税抜) ※施術者を1人追加する毎に+50,000円(税抜)
サポート 開業前に合計18日間の訪問マッサージと足爪ケアの研修あり。 開業後も手厚いサポート体制でバックアップ。
契約期間 記載なし
加盟条件 フランチャイズ契約
収益モデル 記載なし

在宅医療マッサージ株式会社の口コミ評判

全く違う畑で仕事をしてきたので右も左も分かりませんでしたが、「これから確実に伸びる市場だろう」と思い、将来を見据えてスタートすることにしました。施術者は雇用するので、副業でできるのも魅力でしたね。

正直、初めのうちは本部に頼りっきりでした。研修で一連の仕事の流れを教えて頂き、患者さんの紹介までしていただきました。そこから徐々に事業が軌道に乗り、今では副業ながら安定した収益となっています。

参照元:メディカルフレッシュ https://medical-flesh.com/interview-vol01.html

アシストーン株式会社

アシストーン株式会社
引用元:アシストーン株式会社
https://entrenet.jp/dplan/0000984/

墓石クリーニング「アシストーン」では、風雨やコケ、カビなどの影響により、汚れてしまった墓石を、特殊な洗浄方法とコーティング技術により、墓石としての風合いを損なうことなく、新品同様に蘇らせます。

取り壊して建て替えるしかなかった墓石の劣化に対する新しいサービスとして注目されており、墓石以外の石材全般にも施行可能です。

アシストーン株式会社の募集要項

開業資金
  • 総額:98万円(税抜)
  • 加盟金:60万円
  • 研修費:20万円(2名まで)
  • 初期仕入:18万円
  • 月会費:2万円
※その他、必要に応じて各種溶剤・販促品などを別途購入、WEBサイトを無料提供
ロイヤリティ なし
保証制度 墓石クリーニング技術はもちろん、営業・接客方法、商品・業界の知識、経営までを研修でカバー。開業後もステップアップ研修やフォローを随時実施。
契約期間 1年
加盟条件 代理店契約
収益モデル 1ヶ月間で週末各1基=計8基、メンテナンス施工した場合
  • お墓洗浄・コート:6万5000円
  • 透水性舗装:4万円
  • 免震施工:3万円
  • 売上:13万5000円
  • 経費:3万2000円
  • 1ヶ月間収益 8基×(売上13万5000円−経費3万2000円)-月会費2万円=80万4000円

アシストーン株式会社の口コミ評判

お墓のクリーニングサービスというのは、流行や景気にあまり左右されることなくできそうなのは良いと思います。

ただ、お盆などの時期にはたくさん依頼がありそうなので、それが一年中定期的に仕事ができるのであれば魅力のある仕事にはなると思います。

参照元:脱サラ独立開業みんなの口コミ評判 http://independence.jobmark.jp/assi-stone.html

手羽だるま

揚げた手羽先をメイン商品としている手羽だるまは、株式会社フードナビのブランドのひとつです。フードナビは2005年に設立し、グループ全体では40業態以上、国内外で400店舗以上の出店実績があります。

未経験者でも歓迎しており、飲食店経営や勤務経験も不要です。物件を取得する費用とは別に、開業費は660万円で、回収できる期間は平均2年です。飲食フランチャイズの中ではコストを抑えて開業できます。初期投資の回収について3年以上かかるようなお店は出さないというモットーを掲げているのもポイントです。

研修期間は10ヶ月間程度となっているのもポイント。経験が不要でも経営ができる業態だからこそでしょう。開業では、希望地域の物件の紹介、フードナビや税理士による融資申請のサポートまで行っています。説明会なども定期的に実施しているため深く理解するためのサポートもあるのです。

手羽だるまの募集要項

開業資金
  • 開業費(加盟金):660万円
ロイヤリティ 記載なし。ただし加盟金は必要
サポート 10ヶ月の研修カリキュラム、広報活動や成功事例の共有、販促物の作成
開業後も商品開発や販促、ネットレジによる売上や原価人件費の管理、WEBカメラでの24時間チェックなどでフォロー
契約期間 記載なし
加盟条件 フランチャイズ契約
収益モデル
  • 想定売上:1,970,783円
  • 仕入れ:原価541,965円
  • 人件費:482,020円
  • 諸経費:554,295円
  • 営業利益:392,504円
  • 金利:11,784円
  • 経常利益:380,720円
  • キャッシュフロー:501,387円
※キャッシュフロー=経常利益+減価償却費

手羽だるまの口コミ評判

口コミは見つかりませんでした

フランチャイズは未経験を最大限に活かして開業!

成功

フランチャイズは、すでに世の中でビジネスモデルとして確立された事業です。

新しく加盟する人が未経験や初心者、脱サラであっても、これまでの経営ノウハウや技術、実績を元に手厚いサポートがしてもらえるメリットがあります。

開業当初は、事業が軌道に乗るまで不安要素がたくさんあります。しかし、これらがビジネスをスタートする段階で排除できる点も、フランチャイズならではの利点です。

またフランチャイザーの知名度や集客力、信頼性が始めから期待できるため、まさに未経験であっても始めやすいといった強みをもっています。

むしろ未経験者は、ユーザーや利用者に近いと言える存在です。顧客が何を求めているのかを消費者目線でイチバンわかっているといえるので、顧客本位のサービスを提供できる強みを、最大限に発揮しましょう。

初心者が選ぶべきフランチャイザーのポイント

「フランチャイズに加盟したい」そう考えても基礎知識がないとどのように動いていいかわからないことでしょう。その分野の経験者ならともかく、初心者ならなおさらです。フランチャイズは成功モデルがすでにあるため、知識やノウハウを0から自分で作り出す必要がない点は大きなメリット。

だからといって何も考えずにフランチャイズに加盟しても「こんなはずではなかった」という結果になりかねません。そうならないように初心者が選ぶべきフランチャイザーのポイントをご紹介します。

ポイント1本部が成長するかどうか考える

フランチャイズを提供している本部の成長(将来性)をチェックしてください。特に3年後はどうなっているか予測するのです。すでに出店しているフランチャイズ店の成果や成長率、逆に閉鎖率も見ておきましょう。

また、フランチャイズ自体、全国規模で知られているのか、それとも地域限定だが、根強い人気や知名度があるのかも成長度を図るために重要なポイントです。成長しない会社は将来的に、倒産・業務縮小などが起こる可能性があります。本部の情報を集めて成長(将来性があるか)する会社かどうかを見極めましょう。

ポイント2収益率はどうか

せっかくフランチャイズ契約をして出店したのに、収益率が低ければ意味はありません。チェックしておきたいのは「営業利益率」「投資回収期間」「労働分配率」です。基本的に営業利益率が高ければ収益もアップするためチェックしてみてください。また、フランチャイズでも初期投資は必要です。

自分である程度資金を出すのなら、早めに投資した金額を回収したいものでしょう。そのためには、投資回収期間が短いフランチャイズ店も検討材料に入れてみてください。

労働分配率はロイヤリティが何%になるかも含めて考えてみましょう。基本的に労働分配率が高いところがおすすめです。ただ、経営形態も関係するためその点も含めて慎重に検討してみてください。

ポイント3サポート体制や信頼できる本部かチェック

最初だけ熱心にサポートして、時間が経過すると「後は自分たちで頑張って」では厳しいものです。高いロイヤリティを払うなら、きちんとサポートをしてもらいたいと考えるのも当然でしょう。本部から出向いてくるスーパーバイザーがどれぐらい協力してくれるのかもチェックしたほうがいいです。

スーパーバイザーはサポートを担当する存在ですが、フランチャイズによっては対応範囲が異なります。本部からの情報を連絡するだけの存在と、経営への適切なアドバイスまで対応できるかでは大きな違いがあるからです。

また、アドバイスをしてくれても、半年に一回だけだと不安になります。どの程度の頻度で回るのか、どんなサポートをしてくれるかも含めて考えましょう。本部の対応も「あいまいな契約内容」「直営店の営業実績などの情報開示がない」など情報を隠すようなところは信頼できません。その点も含めて信頼できる本部を選びましょう。

フランチャイズ加盟のための流れや手続き

フランチャイズに加盟すると決断しても、どんな手続きをすればいいか、流れはどうなっているのか、知っているのと知らないのとでは開業までのスピードが違います。知っていれば不安にならず、スムーズに加盟できるのです。フランチャイズに加盟するまでの一般的な流れや手続きを解説します。

フランチャイザーの情報収集

適したフランチャイザーを見つけるには、情報収集が欠かせません。どのフランチャイザーも同じというわけにはいかないからです。開業で必要な資金もフランチャイザー毎に異なりますし、業種も相性があります。

情報収集の基本は、フランチャイザーが提供している募集用のパンフレットのチェックや事業説明会への参加が挙げられるでしょう。他にも、新聞や雑誌でもフランチャイズ募集の広告があるため目を通してみてください。

ホームページをチェックするのも必須です。またフランチャイズフェアーやセミナーに参加することも大切。ほかにもJFAフランチャイズガイド、日本フランチャイズチェーン協会に問い合わせをして情報を合うt目ましょう。また、商工会議所といった公的機関でもフランチャイザーの情報を得られます。

事業説明会への参加

情報収集して興味を持てるフランチャイザーを見つけたら、事業説明会へ参加しましょう。ほとんどのフランチャイザーは事業説明会を開催しています。事業説明会では、パンフレットやホームページよりも踏み込んだ内容を聞けますし、細かな疑問も解消できます。

経営理念、事業内容や将来の展望などの説明が主な内容です。事業説明会の説明で実態やどんな経営をしているのかもわかります。事業説明会に参加しないのは、何の知識も持たずに険しい山を登ろうとするのと同じです。

事業説明会で注意したいのは「いいことばかり」いうフランチャイザーの存在でしょう。根拠のない「業績不振はありえない」「200%稼げる」「いま加盟しないとチャンスを逃す」という言葉にまどわされないようにしましょう。

法定開示書面の確認

フランチャイズに加盟することを決断しても、細かな契約内容をチェックしないのはリスクが大きすぎます。フランチャイザーの担当者の言葉だけで判断するのではなく、契約内容のチェックが必要です。

法定開示書面は「中小小売商業振興法」で規定されている書面で必ずチェックしてください。フランチャイザーが加盟者に手渡さなければならないもので、契約内容の説明が記載されています。

たとえば「加盟金」「保証金」「商品販売条件」「経営指導」「商標」「契約期間」「ロイヤリティ」など、フランチャイズ契約では重要な条件ばかりです。理解しないまま契約をして、いざ解除となる場合、フランチャイザーとトラブルになり、裁判沙汰になりかねません。加盟を最終決定する前には、法定開示書面を確認してください。

事業計画書の作成

事業計画書は、フランチャイザーも提供してくれますが、加盟希望者のほうでも作成しておいたほうがいいでしょう。フランチャイザーと加盟希望者の考えが違うと、齟齬が生じるからです。より冷静に事業展開するためにも作成しておきましょう。

事業作成書では「事業目的や内容の全体像をわかりやすくする」「むずかしい言葉は不要。わかりやすい言葉と数字で表現」「資金計画や収支計画は現実的に。過大評価や過小評価は避けたほうが無難」この点を抑えるだけでも、現実的な事業作成書を作れます。

契約・開店準備

最後は契約と開店の準備です。契約時は法定開示書面や契約書を読んで正確に理解しておいてください。疑問点や不明点は遠慮せず、フランチャイザーに確認しましょう。一番ダメなのは納得しないまま契約をすることです。

フランチャイザーには「加盟金」「ロイヤルティ」「保証金」など安くない金額を支払います。そこに問題があれば不公平な契約になりかねません。

また開業準備も進めなければなりません。資金調達として、融資や借入を通じて自己資金を準備しておくことが大切です。一般的に初期投資の半分は自己資金というイメージで進めたほうがいいでしょう。

融資は公的な融資制度や助成金を頼りにしたほうが無難です。民間と違い、無担保でも融資してもらえる場合もありますし、金利の低さや、返済条件や借り入れ期間が長いなど多くのメリットがあるからです。

店舗の建設や工事、開業前の研修に参加する、従業員やアルバイトの採用など開業前にすることは山ほどあります。開店前の数日間は徹夜しなければならないほど忙しくなるため心の準備をしておきましょう。

開業資金と収益モデルで選ぶ
低資金フランチャイズ3選

※収益モデルの数値に関しては、あくまでシミュレーションであり、売上を保証するものではありません。

コンビニ代表
ローソン
ローソンの画像
引用元:ローソン
https://www.lawson.co.jp/company/fc/interview/them1-22.html
  • 自己資金:150万円
  • 開業資金:150万円
  • 5年間の収益:2,370万円

公式HPで
資料を請求する

居酒屋
手羽だるま
手羽だるまの画像
引用元:手羽だるま
https://fc.foodnavi.co.jp/fc/tebadaruma/?_ga=2.166714998.977080227.1571275807-772500532.1571275807
  • 自己資金:200万円
  • 開業資金:710万円
  • 5年間の収益:3,108万円

公式HPで
資料を請求する

教育代表
チャイルドアイズ
チャイルドアイズの画像
引用元:チャイルドアイズ
http://www.tact-net.jp/fc/ce/
  • 自己資金:600万円
  • 開業資金:1,123万円
  • 5年間の収益:2,495万円

公式HPで
資料を請求する

開業資金であるリスクについて、開業資金が100万円未満をローリスク、100万円以上から1,000万円未満をミドルリスク、1,000万円以上をハイリスクとしています。また、5年間の収益であるリターンについては、収益が2,500万円以下をローリターン、それ以上をハイリターンとしています。なお、各費用の詳細は公式サイトから引用のうえ記載し、5年間の収益については5年間の営業利益から開業資金を引いた額から算出しています。