High and Low? フランチャイズ低資金開業ガイド » フランチャイズを「こだわり」でセレクト » FC本部が大手

FC本部が大手

大手

多くの人がその名を知っている、大手のフランチャイズをご紹介。大手のフランチャイズに加盟する際の注意点もまとめました。

※収支モデルの数値に関しては、あくまでシミュレーションであり、売上を保証するものではありません。

株式会社ダスキン

株式会社ダスキン
引用元:株式会社ダスキン
https://www.duskin.co.jp/

掃除用具レンタルサービス大手のダスキンのブランド力を活かして、一般家庭や店舗向けのお掃除・清掃用具のレンタル営業するフランチャイズ。

本部によるサポートも充実。低資金で開業できる点も魅力です。

株式会社ダスキンの募集要項

開業資金 0円
ロイヤリティ
  • 固定ロイヤリティなし
  • 商品やサービスに応じてチャージ料が6%~47%が発生
保証制度
  • 車両使用料・ガソリン代(一定期間)、ユニフォーム・開業キット貸与
  • 加盟基本研修や実務基本研修
  • 経営支援
契約期間 契約締結日から2年目の3月31日まで
加盟条件 フランチャイズ契約
収益モデル

加盟1年3カ月:月間売上 約221万円(レンタル商品中心)

  • 必要経費 約148万円
  • 収益 約73万円(収益率 約33%)

※必要経費には、商品仕入、その他諸経費、車両使用料などを含。収益には、サポートスタッフの人件費を含。

株式会社ダスキンの口コミ評判

ダスキンには皆さんご存知のように、すでに高い知名度があります。また、開業するにあたっての「ノウハウ」や「アフターフォロー体制」、さらに事業運営する上での「マニュアル」が充実していたからです。

このことは先にも申し上げましたが、当然、学生時代のダスキンでのアルバイト経験を通じて感じていたことですし、やはり、経営の素人が事業というものをはじめるのには、このような点で優位性を感じましたので、ダスキンを選んだのです。

本当に頑張れば数字として返ってくる仕事なので、一生懸命取り組めばすごく楽しい事業だと思います。時々、「不況がどうのこうの」とおっしゃる方がいますが、正直そんなことはあんまり感じることはなかったですね。

参照元:ダスキン https://www.duskin.co.jp/fc/care/sm/interview02_01.html

株式会社ダスキンの口コミ評判・総評

ダスキンは知名度の高さや事業運営のためのノウハウ、アフターフォローが充実し、マニュアルもあるため選んだという方がいました。フランチャイズを選定する上で、一般的に名前が知られていて古くからあるのは安心要素です。がんばれば結果が数字として出て来る点に魅力を感じている方もいます。

ヤマト・スタッフ・サプライ株式会社

ヤマト・スタッフ・サプライ株式会社
引用元:ヤマト・スタッフ・サプライ株式会社
https://www.y-staff-supply.co.jp/

宅配便でお馴染み、ヤマト運輸グループのルート配送フランチャイズ募集です。開業資金も23万円と低資金で、募集条件も50歳以上でも可能です。

大手だけあり、仕事量も豊富に紹介してもらえるため、安定した収益が期待できます。

ヤマト・スタッフ・サプライ株式会社の募集要項

開業資金
  • 総額:23万円(税抜)
  • 夏用制服・冬用制服各2セット
  • 車両カラーリング料金(テーピング)
  • 車両施工工賃、名刺(2箱)
  • 研修料(4日間)

※車両は白色ワンボックスのみ持ち込み。ない方はヤマトグループからのリースも可能。

ロイヤリティ 1万円(税抜・ブランド使用料)
保証制度
  • 軽自動車があればすぐに事業開始可能
  • 研修では実際に横乗り指導。ヤマトグループが仕事を保証
  • 開拓した場合の報酬は全て自分
契約期間 3年
加盟条件 フランチャイズ契約
収益モデル
  • 1日2万円で20日の場合:月商:40万円
  • 1日1万5000円で10日の場合:月商:15万円

ヤマト・スタッフ・サプライ株式会社の口コミ評判

もともとヤマト運輸で働いていた事もあり、悪い印象はない。人と人とをつなぐ大切な仕事なので、やりがいも感じられると思う。

一方でやはり不安なのが一番最初の出だし。ドライバーとして仕事した事があるものの、その他のノウハウは全くと言っていいほど何もないので。

フランチャイズとして、そこの指導等がはいってもらえれば、後は自分の経営努力次第なところもあると思うので、なんとかやっていけると思う。

地元が好きなので、地域に根ざした仕事ができるっていうところは高ポイントだと思う。

参照元:脱サラ独立開業みんなの口コミ評判 http://independence.jobmark.jp/yamatoss.html

ヤマト・スタッフ・サプライ株式会社の口コミ評判・総評

ヤマト・スタッフ・サプライもダスキンと同じく知名度は抜群。以前にヤマト運輸のほうで働いていた方の口コミでは、指導を受けたら後は自分の努力次第という感想を持っていました。

株式会社トータルサービス

株式会社トータルサービス
引用元:フランチャイズ比較.net
https://www.fc-hikaku.net/total_repair_fc/special

旧社名は株式会社トータルサービスでしたが、現在は株式会社TS日本(TS=NIPPON)に社名変更しています。

ISO9001を取得するなど、技術力と信頼性、実績も抜群。競合も少なく、未開拓の大きな市場があるのも特徴です。

開業資金

150万~450万円(税抜)
※加盟する種目数により異なる、ローン可、頭金 50万円~

ロイヤリティ 3〜5万円(エリア人口による)
保証制度
  • 何度でも無料で技術講習の受講可能
  • 初期講習や本部講習あり
  • 営業同行や取引先を有償で紹介
  • webによる講習の視聴なども可能
契約期間 10年(更新可能)
加盟条件 フランチャイズ契約
収益モデル

月額収益:82万円 ※顧客単価2万円、1日施工数2件、顧客数約20~30社前後で換算

  • 月額売上:100万円
  • 材料費(売上の10%目安)10万円 /月
  • 会費:3万円
  • その他経費:約5万円

株式会社トータルサービスの口コミ評判

お客様が「ここまでリペアで綺麗にできるんだね!若い人に仕事を出して育てていきたいんだよ」と言ってくれ、継続的に仕事をいただけることになったんです。

現在開業1ヶ月ですが1人で月商100万円は難しくない数字だと思っています。最初は値段の設定も分からなかった未経験の私が自信を持てたのはトータルリペアの仕組と成功事例があるからこそ。

そしてまずは行動あるのみと、自ら動いたことです。私は自分の経験からも、若い人こそチャレンジしてみるべきだと思いますね!

参照元:アントレ https://entrenet.jp/0000114421/senpai.html

大手フランチャイズの決め手はローリスク型

分岐点

フランチャイザー側も大手から中小まで様々とあり、加盟するフランチャイザーにとって、多くの中から選べる利点があります。

ただ、それだけに正直迷ってしまうもの。フランチャイザーが大手なのは選択基準のひとつとして、立派な理由になります。

大手はFC本部としての歴史や実績、そしてノウハウを持っていて、加盟店支援も充実しているため、事業を安心して始めらますからね。

なによりも広く一般に名前が通った事業を行なえるのは、大手ならではのメリットと言えるでしょう。

そのなかでも開業する際に低資金でも始められる業態・業種は、出店リスクも低く、ローリスク型のフランチャイズとして人気を集めているので要チェックです。

開業資金と収益モデルで選ぶ
低資金フランチャイズ3選

※収益モデルの数値に関しては、あくまでシミュレーションであり、売上を保証するものではありません。

コンビニ代表
ローソン
ローソンの画像
引用元:ローソン
https://www.lawson.co.jp/company/fc/interview/them1-22.html
  • 自己資金:150万円
  • 開業資金:150万円
  • 5年間の収益:2,370万円

公式HPで
資料を請求する

居酒屋
手羽だるま
手羽だるまの画像
引用元:手羽だるま
https://fc.foodnavi.co.jp/fc/tebadaruma/?_ga=2.166714998.977080227.1571275807-772500532.1571275807
  • 自己資金:200万円
  • 開業資金:710万円
  • 5年間の収益:3,108万円

公式HPで
資料を請求する

教育代表
チャイルドアイズ
チャイルドアイズの画像
引用元:チャイルドアイズ
http://www.tact-net.jp/fc/ce/
  • 自己資金:600万円
  • 開業資金:1,123万円
  • 5年間の収益:2,495万円

公式HPで
資料を請求する

開業資金であるリスクについて、開業資金が100万円未満をローリスク、100万円以上から1,000万円未満をミドルリスク、1,000万円以上をハイリスクとしています。また、5年間の収益であるリターンについては、収益が2,500万円以下をローリターン、それ以上をハイリターンとしています。なお、各費用の詳細は公式サイトから引用のうえ記載し、5年間の収益については5年間の営業利益から開業資金を引いた額から算出しています。