High and Low? フランチャイズ低資金開業ガイド » フランチャイズを「こだわり」でセレクト » 自宅で開業できる

自宅で開業できる

自宅

店舗不要で費用をカット!自宅で開業できるおすすめのフランチャイズをご紹介します。自宅を店舗とすることで初期費用を抑えられるフランチャイズを厳選しました。

※収支モデルの数値に関しては、あくまでシミュレーションであり、売上を保証するものではありません。

株式会社日本ペットシッターサービス

日本ペットシッターサービス
引用元:日本ペットシッターサービス
https://www.petsitter-fc.com/shoukai.html

ペットシッターサービスでは、自宅での開業が可能なため、オープンまで短期間で事業が始められます。

ペットブームはこれからも続くことが予想され、将来性のあるビジネスとして注目株。フランチャイズ本部が顧客を紹介するなど、バックアップ体制も充実しています。

株式会社日本ペットシッターサービスの募集要項

開業資金 総額:432,000~583,200円 ※加盟金・研修費・備品費等の費用を含
ロイヤリティ 広告協賛金、商標使用料として16,200円/月が必要
サポート
  • 加盟店向けセミナー、交流会などを実施
  • 「ペットシッター補償制度」あり
  • 顧客紹介制度、無料ホームページ作成、CNカードシステム
契約期間 記載なし
加盟条件 フランチャイズ契約
収益モデル 記載なし

株式会社日本ペットシッターサービスの口コミ評判

口コミは見つかりませんでした。

株式会社ジェーユーシー

株式会社ジェーユーシー
引用元:株式会社ジェーユーシー
http://www.juc.co.jp/

「無在庫・受注型販売」のため、自宅でも開業できる中古車販売のフランチャイズビジネスです。

低資金で開業できるため初期投資が少なく、副業でもできる手軽さから、2019年11月現在1,500名のオーナーを輩出しています。

株式会社ジェーユーシーの募集要項

開業資金
  • 代理店登録料:50万円(税抜)
※研修費(3日間)、開業スタートキット(書類フォーマット・マニュアル・名刺・スタンプ・オリジナル販売管理支援ソフト)込。
※在庫費用、仕入れ立替、買取金、車両保管場所などは不要。
ロイヤリティ 月額固定費なども含め不要
サポート
  • スーパーバイザーによる開業支援や研修制度、販売促進などが充実
  • 営業、商談のアドバイス、納車、名変手続きなどの業務代行可能
契約期間 1年 自動更新
加盟条件 無店舗型代理店契約(有店舗型プランもあり)
収益モデル

月収181万円

  • 軽自動車リース:1台/16万円
  • ミニバンリース:1台/25万円
  • ワンボックスリース:1台/30万円
  • 中古車販売:2台/60万円
  • 買取:4台/50万円

株式会社ジェーユーシーの口コミ評判

「どうせなら、自分の好きな車に関わる仕事がしてみたい。」そんな考えから、始めは車の輸出業に注目しました。午前中に輸出の会社、午後にJUCと説明会を渡り歩いて気づいたのは、JUCだったら資金50万円で輸出も中古車販売もオークションもリースも何でもできるということです。

どんな風にHPでアピールすれば依頼が来るのかも本部の方でノウハウがあり、私はその流れに乗っかって中古車の買取りから販売、そしてオークションにまで関わっていけるのです。

マイカーリースなど知識不足の分野に関しては本部の方でクロージングまで商談を進めてくれますし、私が別事業で手が回らない時などはオークションの代行もしてくれるので本当に二人三脚で進めていくことができます。

参照元:アントレ https://entrenet.jp/0000119622/senpai.html

株式会社ジェーユーシーの口コミ評判・総評

ジェーユーシーは資金50万円で輸出からリースもなんでもできるのが魅力。知識不足でも本部がクロージングまで商談を進めてくれます。フューチャーリンクネットワークは、開業から同席してフォローしてくれて、慣れたあともアドバイス。アシストーンは技術以外に接客マナーまでサポートしてくれます。

株式会社フューチャーリンクネットワーク

株式会社フューチャーリンクネットワーク
引用元:まいぷれ
https://partner-mypl.net/lp/

「地域活性に貢献すること」と「ビジネスとして利益を得る」ことを両立させるビジネス、それが地域情報ポータルサイト「まいぷれ」です。

たとえば、これまで広告を打ちたい、記事として取り上げて欲しいと思っていてもできなかった街の商店や雑貨店、病院・税理士事務所といった業者を顧客として、情報発信を低価格で提供します。

株式会社フューチャーリンクネットワークの募集要項

開業資金
  • 加盟金200万~500万円
  • アカデミー料金5万~50万円
※加盟金は契約市区町村内の事業所(営業先)数や人口によって決定
ロイヤリティ
  • 固定費:ロイヤリティ5万~10万円(税抜)
  • レベニューシェア:従量制運営費20%
サポート
  • まいぷれショートプラン:1日事業体験5万円
  • アカデミーショートプラン:2泊3日50万円
  • 会社設立の手続を専門スタッフが全面支援
契約期間 5年
加盟条件 フランチャイズ契約。既存のFC契約がないエリアが原則
収益モデル

スタッフ3名・運営2年半の場合

  • オーナー月収75万5000円
  • 売上(月商):160万円
  • 人件費:40万円
  • 固定費:10万円(サポート費用、システム費用)
  • レベニューシェア:34万5000円

株式会社フューチャーリンクネットワークの口コミ評判

メーカーを退職後、友人と共にこれまでの経験の延長線上の仕事をしていました。それもひと段落し、新しいチャレンジの道を探す時に、以前から気になっていた「まいぷれ」が選択肢として浮かびました。

開業にあたっての最大のハードルは営業活動や広告制作がはたしてうまくいくか?という部分。総務時代に、広報にも携わっていましたが、その時は、あくまで発注する側の目線ですから。結構悩みましたが、その不安も本部の方の親身な対応で皆無に。

開業当初は、本部のスタッフが営業現場に同席してフォロー。営業活動に慣れてきた今も、お客様との会話の内容を本部の方に聞いてもらい、改善のアドバイスをいただいています。

参照元:アントレ https://entrenet.jp/0000119715/senpai.html

アシストーン株式会社

アシストーン株式会社
引用元:アシストーン株式会社
https://entrenet.jp/dplan/0000984/

墓石クリーニング「アシストーン」では、風雨やコケ、カビなどの影響により、汚れてしまった墓石を、特殊な洗浄方法とコーティング技術により、墓石としての風合いを損なうことなく、新品同様に蘇らせます。

取り壊して建て替えるしかなかった墓石の劣化に対する、新しいサービスとして注目されており、墓石以外の石材全般にも施行可能です。

株式会社アシストーンの募集要項

開業資金
  • 総額:98万円(税抜)
  • 加盟金:60万円
  • 研修費:20万円(2名まで)
  • 初期仕入:18万円
  • 月会費:2万円
※その他、必要に応じて各種溶剤・販促品などを別途購入、WEBサイトを無料提供
ロイヤリティ なし
保証制度 墓石クリーニング技術はもちろん、営業・接客方法、商品・業界の知識、経営までを研修でカバー。開業後もステップアップ研修やフォローを随時実施。
契約期間 1年
加盟条件 代理店契約
収益モデル 1ヶ月間で週末各1基=計8基、メンテナンス施工した場合
  • お墓洗浄・コート:6万5000円
  • 透水性舗装:4万円
  • 免震施工:3万円
  • 売上:13万5000円
  • 経費:3万2000円
  • 1ヶ月間収益 8基×(売上13万5000円−経費3万2000円)-月会費2万円=80万4000円

株式会社アシストーンの口コミ評判

過去に一度ハウスクリーニング等で石畳み部分の修理を担当したことがあったので、その経験を生かしてアシストーンさんの協力の下でフランチャイズオーナーを始めてみました。

技術以外にも営業における接客マナーについても学ばなければいけなかったので最初は苦労しましたがサポートスタッフさんのお蔭で何とかうまく商売を軌道に乗せることが出来たので感謝しています。

参照元:フランチャイズの募集企業を徹底比較 https://www.slowjamzformen.com/アシストーン フランチャイズの口コミ・評判/

フランチャイズを自宅開業するメリット

メリット

金銭的負担が少なくて済む

フランチャイズを自宅開業する最大のメリットは、金銭的負担が少なくて済むということです。

店舗や事務所を持つには土地や建物の費用がかかりますが、店舗や事務所を賃貸で利用する場合も、保証金や賃料・店舗内改装費用などが別途必要となり、金銭的負担がかかります。

しかし、自宅開業であれば、新たにそうした費用が発生することはほとんどありません。

「自宅開業したことが分かりやすいように看板を作る」程度の出費はあるかもしれませんが、店舗や事務所を構えるケースと比べれば、比較にならないほど負担は軽いといえるでしょう。

備品や経費の出費を抑えられる

開業のために必要な機器・機材・備品などの費用も、自宅開業のほうが安くつきやすい傾向にあります。

たとえば、「自宅にあるパソコンや事務用品などを仕事にも使う」など、新規に購入するものを減らして出費を抑えることができます。

フランチャイズ自宅開業の金銭的なメリットと言えばもうひとつ「自宅の水道光熱費の一部などを事業経費扱いにできる」というのも挙げられます。

たとえば「自宅内でお客様からの電話を待ちながら、雑務などをこなしている時間分」の電気代は、経費として認められる可能性が高いです。

時間を最大限に有効活用できる

さらに自宅開業には「時間を最大限有効活用しやすい」というメリットがある点も見逃せません。

通勤にかかる時間のロスはありませんし、さらに「仕事の手が空いている時は、家の用事を済ませる」などという形で、時間をとことん有効利用できます。

フランチャイズを自宅開業するデメリット

デメリット

見た目で集客するのが難しい

フランチャイズを自宅開業するデメリットとしてはまず、店舗や事務所に比べると、見た目でお客の目を引くことが難しいというのが挙げられます。

たとえ看板をつけていたとしても、見た目がいかにも普通の家だと、一般的な店舗や事務所に比べると「パッと見た目で印象・記憶に残りにくい」という点は否定できません。

たとえ「こちらからの出張サービスばかりで、お客に来てもらう必要のない事業」であったとしても、その存在が認知されなければお客も集まりません。

チラシやネット広告・HPの工夫などで積極的に宣伝・情報発信をしていくことが望まれます。

開業資金の融資を受けにくい

また、自宅開業は「開業資金の融資を受けにくい」デメリットもあります。

自宅開業は、店舗や事務所を構えるケースと比べると参入も撤退も容易である分、金融機関からの信用度が少し低く、融資を受けにくい傾向があるのです。

自宅開業は開業資金が安くつくというメリットがあるからこそ、できるだけ自己資金でまかなえるようにして、「融資でつまづく」という事態が起こらないようにしましょう。

低資金でスタートさせるなら自宅開業がおすすめ

コブシ

自宅で始められるビジネスは、フランチャイズでよくある大掛かりな店舗を用意する必要がないため、低資金でも事業がスタートできます。

フランチャイズ経営に限らず事業をする上で、頭を悩ませるのが家賃や光熱費といった固定費。自宅開業なら固定費を圧縮でき、イニシャルコストが抑えられます。

これなら一人でも始められますし、副業として収入を得ることからビジネスを始められるのも魅力だといえるでしょう。

反面、低コストで始められる分、利益もそれ相応になるので、ひとまず起業・独立・開業を目指す初心者にはおすすめです。

開業資金と収益モデルで選ぶ
低資金フランチャイズ3選

※収益モデルの数値に関しては、あくまでシミュレーションであり、売上を保証するものではありません。

コンビニ代表
ローソン
ローソンの画像
引用元:ローソン
https://www.lawson.co.jp/company/fc/interview/them1-22.html
  • 自己資金:150万円
  • 開業資金:150万円
  • 5年間の収益:2,370万円

公式HPで
資料を請求する

居酒屋
手羽だるま
手羽だるまの画像
引用元:手羽だるま
https://fc.foodnavi.co.jp/fc/tebadaruma/?_ga=2.166714998.977080227.1571275807-772500532.1571275807
  • 自己資金:200万円
  • 開業資金:710万円
  • 5年間の収益:3,108万円

公式HPで
資料を請求する

教育代表
チャイルドアイズ
チャイルドアイズの画像
引用元:チャイルドアイズ
http://www.tact-net.jp/fc/ce/
  • 自己資金:600万円
  • 開業資金:1,123万円
  • 5年間の収益:2,495万円

公式HPで
資料を請求する

開業資金であるリスクについて、開業資金が100万円未満をローリスク、100万円以上から1,000万円未満をミドルリスク、1,000万円以上をハイリスクとしています。また、5年間の収益であるリターンについては、収益が2,500万円以下をローリターン、それ以上をハイリターンとしています。なお、各費用の詳細は公式サイトから引用のうえ記載し、5年間の収益については5年間の営業利益から開業資金を引いた額から算出しています。