High and Low? フランチャイズ低資金開業ガイド » 低資金開業で順調に儲けているFCオーナーの声

低資金開業で順調に儲けているFCオーナーの声

オーナー

低資金でフランチャイズを開業し、経営がうまくいっているFCオーナーを特集しています。彼らの経営成功から、成功の秘訣を探ってきましょう。

脱サラして開業したFCオーナーの事例

脱サラ

フランチャイズ開業した、元サラリーマンの方の経営体験談をご紹介。脱サラ後の収入の変化や生活の変化、FC経営の現状などについて語られています。

脱サラしてフランチャイズ開業した
オーナーの事例を見る

副業で開業したFCオーナーの事例

副業

専業で経営するオーナーが多いフランチャイズ業。そんななか、本業や家事をしながら経営もバッチリこなすやり手オーナーも存在します。

ここでは、副業としてFC経営をしている方の声をまとめています。

副業でフランチャイズ開業した
オーナーの事例を見る

定年後に開業したFCオーナーの事例

定年後

ここでは、定年退職後にフランチャイズを始めた方の声をご紹介。

リタイア世代が第二の人生として選んだFC業とは?定年後の人生を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

定年後にフランチャイズ開業した
オーナーの事例を見る

店舗拡大をしたFCオーナーの事例

店舗拡大

ここでは、1軒目のフランチャイズで着実に成果を伸ばし、2軒目オープンを叶えたFCオーナーの声をリサーチしました。

店舗拡大をフランチャイズでした
オーナーの事例を見る

セミナーに通ったFCオーナーの事例

フランチャイズを始めるにあたって、セミナーに参加したオーナーの事例を体験談をもとにご紹介しています。

気になるセミナーの内容も大まかに説明していますので、セミナーに参加しようか迷っている方、興味がある方は是非ご覧ください。

セミナーに通って成功した
FCオーナーの事例を見る

サポート体制を活用して成功したFCオーナーの事例

フランチャイズオーナーにとってお店の経営を安定させるために重要となるのが、本部のサポートです。ここでは、フランチャイズ本部のサポートを活用して事業を成功させたオーナーの声をご紹介しています。

業種ごとのサポート内容の違いも簡単にまとめてありますので、是非参考にしてみてください。

サポートのおかげで成功した
FCオーナーの事例を見る

低資金開業に成功したFCオーナーの声を参考に

語る人

脱サラ組や主婦や会社員、リタイア後の第二の仕事としてフランチャイズを選んだ方、多店舗展開をしているオーナーなど、立場の異なる人など、FCオーナーはさまざま。

フランチャイズ開業を決めたきっかけ、FC選びで重視したこと、低資金で開業するためのコツ、オープン後の経営で意識したことなどを見ていきましょう。

彼らの成功体験には、フランチャイズ初心者の方はもちろん、低資金で開業し低コストで運営したい人にとって、貴重なノウハウや有益な情報がたくさん詰まっています。

なによりフランチャイズオーナーの先輩であり、経験者の言葉ですから、これからフランチャイズ加盟を検討している人たちにとって、大いに参考になることでしょう。

本サイトをご覧になった皆さんが低資金でフランチャイズ事業を開業され、成功することを切に願っています。

開業資金と収益モデルで選ぶ
低資金フランチャイズ3選

※収益モデルの数値に関しては、あくまでシミュレーションであり、売上を保証するものではありません。

コンビニ代表
ローソン
ローソンの画像
引用元:ローソン
https://www.lawson.co.jp/company/fc/interview/them1-22.html
  • 自己資金:150万円
  • 開業資金:150万円
  • 5年間の収益:2,370万円

公式HPで
資料を請求する

居酒屋
手羽だるま
手羽だるまの画像
引用元:手羽だるま
https://fc.foodnavi.co.jp/fc/tebadaruma/?_ga=2.166714998.977080227.1571275807-772500532.1571275807
  • 自己資金:200万円
  • 開業資金:710万円
  • 5年間の収益:3,108万円

公式HPで
資料を請求する

教育代表
チャイルドアイズ
チャイルドアイズの画像
引用元:チャイルドアイズ
http://www.tact-net.jp/fc/ce/
  • 自己資金:600万円
  • 開業資金:1,123万円
  • 5年間の収益:2,495万円

公式HPで
資料を請求する

開業資金であるリスクについて、開業資金が100万円未満をローリスク、100万円以上から1,000万円未満をミドルリスク、1,000万円以上をハイリスクとしています。また、5年間の収益であるリターンについては、収益が2,500万円以下をローリターン、それ以上をハイリターンとしています。なお、各費用の詳細は公式サイトから引用のうえ記載し、5年間の収益については5年間の営業利益から開業資金を引いた額から算出しています。