High and Low? フランチャイズ低資金開業ガイド » 低資金開業で順調に儲けているFCオーナーの声 » 定年後に開業したFCオーナーの事例

定年後に開業したFCオーナーの事例

定年後

定年退職後にフランチャイズを始めた方の声をご紹介。リタイア世代が第二の人生として選んだFC業とは?定年後の人生を考えている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

定年後にフランチャイズ開業をしたFCオーナーの声

語る人

定年後のビジネスとして最適

ペットシッターサービスはペットの飼い主になりかわり、ペットのお世話をする仕事。

ペットブームはこれからも続いていくし、なにより定年後でも自分が好きなペットの世話を仕事にできる喜びがあります。飼い主さんからも感謝されるのもよいですね。

開業している人の99%が未経験から始めているようで、フランチャイズ本部からのキメ細やかな研修とバックアップ体制もしっかりと整っています。

組織的なバックボーンもあって、不安なく事業が始められました。

同世代に提供するシニア向け訪問マッサージ

定年後は何かビジネスを始めたいと考えていましたので、フランチャイズの訪問医療マッサージ店を選びました。

町内会や自治会に参加するなど、地域に根ざした活動を続けていたこともあり、できれば地域貢献もできるビジネスが良いと思い、訪問医療マッサージのフランチャイズに加盟。

町内会にはご年配の方やご家族に介護が必要な方も多く、そうした方々のお役に立てることは、定年後の自分自身にとっても生き甲斐になっています。

地域密着でお客様に喜んでもらえる仕事

定年後に、仏壇の洗浄・修復ビジネスをフランチャイズで開業。お客さんが喜んで下さるのがなによりもやり甲斐につながっています。

定年後に始めたビジネスですが、今では菩提寺さんやお寺を通じて顧客を紹介してもらい、事業も安定しております。この仕事に出会って、第二の人生を充実して過ごしております。

定年後にフランチャイズ開業をしたFCオーナーの声

定年後にペットシッターサービスで開業した方がいます。開業した方の99%が未経験。しかしフランチャイズ本部から細やかな研修やバックアップ体制が整っているため不安はなかったそうです。

他にも訪問医療マッサージ店で開業された方もいました。元々町内会や自治会へ積極的に参加されていた方のようで、地域貢献ができることが決め手だったようです。年配や介護家族がいるということで、お役に立てることがうれしいとのこと。定年後の生き甲斐になっています。

定年後も続けられる
フランチャイズを見る

定年後にフランチャイズ開業がおすすめの理由

コブシ

フランチャイズには定年がない

自らが経営者ですので、会社勤務の時のような定年はありません。納得が行くまで働き続けることができるというのが、フランチャイズのメリットの1つと言えるでしょう。

定年後に再就職するのは難しくなりますし、職種も限られるケースが多いですが、フランチャイズなら年齢を気にすることなく、自分のやりたいことを実現できます。

開業資金を調達しやすい

定年後に独立開業して銀行など金融機関から融資を受けたいと思っても、よほど信用力があって事業計画がしっかりしていないとすんなり話がまとまりません。

フランチャイズは本部の実績やサポートにより、融資が通りやすいのと、若年時より定年後の方が自己資金もある程度準備できていることも多いので、資金調達がしやすくなります。

長年の夢を実現できる

若い頃から起業を夢見ていても、家族のことを考えると、リスクを負ってまで独立・開業することはできなかったという人は多いのではないでしょうか。

定年後となればすでに子供は独り立ちして時間も自由に使えるので、長年の夢を実現するチャンスです。会社に雇われている時と違って、自分の裁量でやりがいを持って働くことができます。

挑戦できる職種の選択肢が多い

フランチャイズは小売りやコンビニといった物販から、外食産業、教育やその他サービス業に至るまで、幅広い業種・職種の中からやりたいことを自由に選ぶことができます。

また、自分で独立・開業する場合と違って、ビジネスノウハウは本部から提供してもらえるため、経験のない分野や職種でも積極的に挑戦できるメリットもあります。

現役時代のスキルを活かせる

未知の分野に挑戦できる一方で、最初から学んで始めるよりもこれまでの経験やスキルを生かしたいという人にも、道が開けるのがフランチャイズの特徴です。

もちろんフランチャイズで経営者としてやっていくには学ぶことも多いですが、事業を進める中で重要な判断を迫られるケースでは、現役時代の経験や知識を活かすことができます

定年後でも開業しやすいフランチャイズとは

教える人

高齢化社会が進むにつれて、年金暮らしに不安のある方や、定年後も仕事を続けていきたいと考えている方が多くなっています。

とはいえ、一旦リタイアしてから熟年での再就職は非常に難しいのが現状です。そのような背景から、定年後の仕事として起業支援を行なっているフランチャイズはおすすめできます。

選ぶ基準としては、低資金でも始められる低リスクなフランチャイズを選ぶこと。未経験でも始められ、経営知識や営業ノウハウが仕事を通じて身につけられるようなビジネスを選ぶようにしましょう。

開業資金と収益モデルで選ぶ
低資金フランチャイズ3選

※収益モデルの数値に関しては、あくまでシミュレーションであり、売上を保証するものではありません。

コンビニ代表
ローソン
ローソンの画像
引用元:ローソン
https://www.lawson.co.jp/company/fc/interview/them1-22.html
  • 自己資金:150万円
  • 開業資金:150万円
  • 5年間の収益:2,370万円

公式HPで
資料を請求する

居酒屋
手羽だるま
手羽だるまの画像
引用元:手羽だるま
https://fc.foodnavi.co.jp/fc/tebadaruma/?_ga=2.166714998.977080227.1571275807-772500532.1571275807
  • 自己資金:200万円
  • 開業資金:710万円
  • 5年間の収益:3,108万円

公式HPで
資料を請求する

教育代表
チャイルドアイズ
チャイルドアイズの画像
引用元:チャイルドアイズ
http://www.tact-net.jp/fc/ce/
  • 自己資金:600万円
  • 開業資金:1,123万円
  • 5年間の収益:2,495万円

公式HPで
資料を請求する

開業資金であるリスクについて、開業資金が100万円未満をローリスク、100万円以上から1,000万円未満をミドルリスク、1,000万円以上をハイリスクとしています。また、5年間の収益であるリターンについては、収益が2,500万円以下をローリターン、それ以上をハイリターンとしています。なお、各費用の詳細は公式サイトから引用のうえ記載し、5年間の収益については5年間の営業利益から開業資金を引いた額から算出しています。