High and Low? フランチャイズ低資金開業ガイド » 低資金開業で順調に儲けているFCオーナーの声 » 副業で開業したFCオーナーの事例

副業で開業したFCオーナーの事例

副業

本業や家事をしながら、経営もバッチリこなすやり手オーナーも存在します。ここでは、副業としてフランチャイズ経営をしている方の声をまとめています。

副業でフランチャイズ開業をしたFCオーナーの声

語る人

子育てしながら投資感覚でスタート

子供が社会人になったため、空いた時間と自己資金内でフランチャイズ経営ができる、カーシェアリングFCを開業しました。

自分の車を使ってのビジネスなので、車は資産にもなるし、リスクもほぼなし。これなら大きな失敗もしないだろうと思い、気軽に始められました。

初月から順調に売上があり、好調にスタートできて良かったです。

女性・未経験でもOK!今では月商100万円以上

スポーツジムのインストラクターをしていますが、体力的な限界もあって、将来的に長く続けられる仕事を探していて、張替のフランチャイズに出会いました。

元々身体を動かすことや人に出会うことが好きだったし、職人と接客が両方できるこの仕事は、自分に最適だと思いました。

フランチャイズ本部の説明会では、未経験の女性でも活躍できるし、先輩たちも多いことを知り、開業の後押しをしてもらえました。

PCひとつで世界にクルマを販売できる

世界中にクルマを輸出する中古車輸出業に出会い、副業からスタートできると説明を受けて始めてみました。

英語の知識も不要で、PCさえあれば、低資金で年収1,000万円も可能のビックビジネス。自宅で開業できる点も魅力です。

副業でフランチャイズ開業をしたFCオーナーの声・総評

カーシェアリングで開業した方は、自分の自動車を使用していること、車が資産になることでリスクがないと気軽にスタートしたようです。初月から売上は順調という結果を出しました。

張替を選んだ方は、未経験の女性も活躍、すでにやっていることもあり、将来的に長く続けられる仕事として加盟を決めたようです。他にも車を輸出する中古輸出業の副業をしている方は、PCひとつで年収約1,000万を可能に。さらに自宅で開業できる点に魅力を感じています。

副業ではじめられる
フランチャイズを見る

副業にフランチャイズ開業がおすすめの理由

コブシ

ビジネスの土台が整っている

フランチャイズで開業する場合、仕入先を開拓したり店舗運営について試行錯誤しなくても、品揃えや集客ノウハウなどの土台がすでに整っているため、始めやすいのが特徴です。

ゼロから起業すると事業が軌道に乗るまで時間がかかりますが、フランチャイズならばマニュアルやブランド力を活用できるので、最初から店舗運営に専念できます。

少ない資金で開業できる

最初から起業するのに比べると、必要となる資金が明確なので予算が立てやすく、元手が少なくても開業できるのでフランチャイズは副業に向いていると言えます。

金融機関からの信用面という点でも強く、フランチャイズで開業する方が話がまとまりやすいため、資金調達のために右往左往しなくてもよいというメリットがあります。

収益モデルを確認できる

自ら起業する場合には、収益を上げるノウハウや注意すべき点など、実際に開業して経験を積まないとわかりませんが、フランチャイズでは最初から収益モデルが確認できます。

開業してからどの程度の売上を立てれば、事業としてうまく行くのかが掴みやすいので、目標設定がしやすく、将来を含めた全体像を描きやすくなります。

融資を比較的受けやすい

フランチャイズの大きなメリットの一つとして、融資を受けやすいことがあります。すでに知名度があり同じ事業形態で実績があるため、金融機関から信用を得やすいからです。

また融資を受ける際には、本部から事業計画書の作成のサポートを受けたり、銀行などの金融機関の窓口の紹介を受けられるなどバックアップ体制がしっかりしています。

経験のない業種にチャレンジできる

一般的に独立して事業をスタートする場合、それまでの経験や知識を生かした内容になるケースが多いですが、フランチャイズなら未経験の分野でも安心して開業できます。

研修や経営指導と行った教育体制が整っていますし、本部側も未経験者を前提とした加盟店募集なども行っているため副業で始めたとしてもチャレンジしやすくなっています。

副業でも開業しやすいフランチャイズとは

教える人

本業以外に収入を得る副業は、手始めに事業を起こすにはもってこい。なにより資金的なリスクが少なく、副業にかける時間も自分で組めるため、既に仕事を持っている人や主婦たちにとって計り知れません。

副業でも始められるフランチャイズは、自宅でできる在宅ワークやパソコンを使ったインターネットビジネスが人気です。

自宅を兼用した店舗経営や、将来的な事業化を見据えたフランチャイズ事業など、副業としてできる仕事はたくさんあります。

開業資金と収益モデルで選ぶ
低資金フランチャイズ3選

※収益モデルの数値に関しては、あくまでシミュレーションであり、売上を保証するものではありません。

コンビニ代表
ローソン
ローソンの画像
引用元:ローソン
https://www.lawson.co.jp/company/fc/interview/them1-22.html
  • 自己資金:150万円
  • 開業資金:150万円
  • 5年間の収益:2,370万円

公式HPで
資料を請求する

居酒屋
手羽だるま
手羽だるまの画像
引用元:手羽だるま
https://fc.foodnavi.co.jp/fc/tebadaruma/?_ga=2.166714998.977080227.1571275807-772500532.1571275807
  • 自己資金:200万円
  • 開業資金:710万円
  • 5年間の収益:3,108万円

公式HPで
資料を請求する

教育代表
チャイルドアイズ
チャイルドアイズの画像
引用元:チャイルドアイズ
http://www.tact-net.jp/fc/ce/
  • 自己資金:600万円
  • 開業資金:1,123万円
  • 5年間の収益:2,495万円

公式HPで
資料を請求する

開業資金であるリスクについて、開業資金が100万円未満をローリスク、100万円以上から1,000万円未満をミドルリスク、1,000万円以上をハイリスクとしています。また、5年間の収益であるリターンについては、収益が2,500万円以下をローリターン、それ以上をハイリターンとしています。なお、各費用の詳細は公式サイトから引用のうえ記載し、5年間の収益については5年間の営業利益から開業資金を引いた額から算出しています。